サドラーズ ウェルズ ウイニングポスト

トニービン


1983年(2戦2勝)• ベレスフォードステークス• 1984年(9戦5勝)• フェニックスチャンピオンステークス、エクリプスステークス、アイリッシュ2000ギニー、ダービートライアルステークス 種牡馬時代 [ ] 概要 [ ] 引退後はアイルランドの 産駒の成績 [ ] 産駒は 英国クラシックのすべてを2勝以上しており、凱旋門賞は2勝、キングジョージは4勝、アイリッシュダービーにいたっては6勝している。 エプソムダービーはなかなか勝てず1990年ブルーステージから5回の2着 アメリカ競馬や日本競馬においては産駒が競走馬としてあまり成功しておらず、日本では サドラーズウェルズ系種牡馬の活躍 [ ] サドラーズウェルズは自身だけでなく、その産駒も種牡馬として多数活躍している。 なかでもガリレオは、14戦無敗の ヨーロッパ以外に繋養されている種牡馬も活躍馬を輩出している。 アメリカでは 日本ではオペラハウスがG1を7勝したテイエムオペラオーやG1を4勝した 直系子孫については サドラーズウェルズ系種牡馬のリーディング獲得 [ ] 北アメリカ• エルプラド• キトゥンズジョイ イギリス・アイルランド• ガリレオ• フランケル フランス• モンジュー• ポリグロート オーストラリア• ハイシャパラル 南アフリカ• フォートウッド チリ• パートI国のみ掲示 ブルードメアサイアーとしての活躍 [ ] また近年は 日本では母父としての活躍は比較的早く、代表的なところでは 日本以外では 産駒の傾向 [ ] 産駒の傾向としては心肺能力が優れた馬が多く、豊富なスタミナを持つステイヤーが多い。 とくにヨーロッパの大レースに多いクラシックディスタンス(2400メートル前後)や長距離で実績を挙げている。 送り出した産駒数も多く、短距離の大レースを勝利する産駒も輩出している。 競走馬として必要不可欠な頑健さも充分に伝えるため、長距離輸送や連戦などによく耐えるタフな産駒が多いことも特徴である。 また、輸送先の滞在などの環境の変化に対する適応力も兼ね備える。 これらは同馬が多数のステークスウィナーを送り出している要因の一つである。...

Winning Post 9 虹と金のお守りのお馬さん


総括 デヴィルズバッグは、ヘイロー系を昇格させないと大種牡馬因子が0です。 エルコンドルパサー系のニックス対象をパーソロン系にする。 爆発力30以上で生産した馬なので、難しくないと思います。 ただし、使用する繁殖牝馬の馬齢が高くなるため、できるだけ早い年代から確立に向けて動き出す必要があります。 ダンスインザダーク系を確立。

史実馬データ・サ行


世界適性" title="ウイニングポスト サドラーズ ウェルズ">
ストームキャット系(子・親) 引退は07年が基本です。 サドラーズ ウェルズ ウイニングポスト アナバー系• ウォーチャント系• グリーンデザート系• デイジュール系• ラングフール系 ディープインパクト系(子・親) 確立したい場合は、ディープインパクトの史実産駒を所有して、どんどん種牡馬にしましょう。 後継系統 後継系統の候補は以下になります。 その後も高い確率で親系統に昇格します。 引退は02年が基本ですが、所有すれば延長可能です。

世界適性


2019年4月2日 難易度Normal 2022年までプレイしてエンディングまで行きましたので、そこまでの情報を反映しました。 生年 馬名 引退 父 母 母登場年 2016 虹 サードステージ 牡 2020 2001年 2016 金 ユリ 牝 2023 カメリアローズ 2006年 2016 金 サンダーマウンテン 牡 2023 2012年 2016 金 牡 2023 海 Tarocchi 2017 金 アンビリーバブル 牡 2024 2010年 2017 金 クロスリング 牡 2024 2001年 2017 金 ダークレジェンド 牡 2024 ネームヴァリュー 2004年 2017 金 ムードメーカー 牡 2024 2007年 2017 金 ユー 牡 2024 2008年 2017 金 ツキノヒカリ 牝 2024 2006年 2018 金 ツヴァイヘンダー 牡 2024 2012年 2018 金 センチョク 牡 2024 2013年 2019 虹 グランピクランキ 牡 2024 2012年 2019 金 グランドフィナーレ 牡 2024 2012年 2019 金 グルーヴ 牡 2025 2014年 2020 金 シマ 牡 2026 海 2020 金 ミライ 牡 2025 海 2020 金 ダンショクドライバ 牡 海 All Too Beautiful 2021 虹 スタコラサッサ 牡 2026 2011年 2021 金 オーバーザワールド 牡 2027 2013年 2021 金 ルックミーダッド 牡 2025 2013年 2021 金 オールアウト 牝 2026 2012年 2021 金 ダンショククロー 牡 海 All Too Beautiful 2022 虹 ユーティライズ 牝 2027 サードステージ 2009年 2022 金 シャニムニ 牡 2027 スターアイル 2009年.。 エンディングを見るとお祝いに「虹のお守り」を1枚もらえました。 尚、「虹のお守り」に昇格した馬は、8月の幼駒セール、12月の海外セールで購入できなくなっているようです。 今回からお守りの種類に変更がありました。

サドラーズウェルズ


。 。 。 。
【課題】塩化カルシウム混合し保存している海藻に、付着浸透している塩化カルシウムを洗浄除去する方法を提供すること。
【解決手段】塩化カルシウムを混合し長期保存している海藻を、塩化ナトリウム水溶液にて洗浄することにより、海藻に付着又は浸透している塩化カルシウムを除去することができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、塩化カルシウムを添加混合し、長期保存した海藻中の塩化カルシウムを除去する方法に関する。
【背景技術】
【0002】
食用生海藻の代表的なものとして、モズク・ワカメ・海苔等があげられる。これらの海藻は腐敗しやすいため、生での流通が確立されていない。
海苔の場合、海から摘採後数時間で腐敗してしまうため、すぐに乾燥してしまわなければならない。そのため、海苔は全て乾燥品でしか流通していない。生海苔の保存方法は、今まで開発されていなかった。生海苔での保存方法が開発されれば、新しい商品化が可能となり、新しい流通形態が発生してくる。
又、摘採されたモズクは、腐敗しやすいためにモズクに対して25%以上の塩を添加し、脱水後−5℃以下の冷凍にて保存する方法が採用されている。保存中のカビの発生・変色・腐敗・軟化等を防止し鮮度を維持する方法として、現在では最良の方法とされている。しかし、塩蔵し冷凍保存しても数ヶ月で、品質が低下してしまうため、商品としての価値が低下してしまうという問題点がある。
【0003】
そこで、本発明者は、鋭意検討した結果、特許文献1として示す方法にて、品質を低下させず生海藻を長期保存することができる方法を開発した。この方法とは、生海藻に塩化カルシウムを添加混合した後、冷蔵・冷凍にて保存する方法である。
この方法にて長期保存することができるようにはなったが、解凍しそのまま食すると、苦みが強く食することができない。大量の水で洗浄しても、塩化カルシウムを完全に取り除くことができないため、苦みが残り種々の食品原料としては、非常に使いずらいものであった。しかも、大量の水洗浄により、海藻本来の香り・色調も減少してしまうのである。
苦みが完全に除去でき、海藻本来の香り・色調を維持できる洗浄方法の開発が必要となってきた。
【特許文献1】特開2005−224196号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の目的は、塩化カルシウムを混合し保存している海藻に、付着浸透している塩化カルシウムを洗浄除去する方法に関する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明者は、前記目的を達成するために鋭意検討した結果、塩化カルシウムを混合した保存海藻を、塩化ナトリウム水溶液にて洗浄することにより、海藻に付着又は浸透している塩化カルシウムを完全に除去でき、かつ海藻本来の香り・色調を維持できることを見出した。
【0006】
すなわち、本発明は次の通りである。
(1)生海藻に塩化カルシウムを含有する塩類を添加混合した後、一定期間冷凍又は冷蔵保存した海藻を、塩化ナトリウム水溶液にて洗浄することを特徴とする保存海藻の処理方法。
(2)海藻が海苔・モズク・ワカメであることを特徴とする(1)記載の保存海藻の処理方法。
(3)洗浄する塩化ナトリウムの濃度が、0.1〜30W/W%であることを特徴とする(1)・(2)記載の保存海藻の処理方法。
【発明の効果】
【0007】
塩化カルシウムを混合し保存している海藻を、塩化ナトリウム水溶液にて洗浄することにより、保存海藻に付着浸透している塩化カルシウムを除去することができ、食品又は食品原料として使用することが可能となった。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
本発明は、塩化カルシウム混合し保存している海藻に、付着浸透している塩化カルシウムを除去する方法を提供することである。
試験例1からわかるように、水で洗浄した場合は、苦みを感じない程度まで塩化カルシウムを除去することができない。又、黒い海苔の色は、赤く変色し、海苔の香りも減少してしまい、生海苔本来の価値観がなくなってしまうのである。
本発明の塩化ナトリウム水溶液にて洗浄する方法を用いると、苦みを感じない程度まで、塩化カルシウムを除去することができ、海苔本来の香り・色調も維持することができる。
【0009】
工場規模での洗浄を行う場合は、一度に大量の生海藻を洗浄しなければならないため、流水にて1時間以上の洗浄が必要となってくる。大量の水と時間が必要となる。本発明の塩化ナトリウム水溶液にて洗浄する方法を用いれば、海藻が浸漬するくらいの塩化ナトリウム水溶液を添加し、混合・脱水という操作を2〜3回繰り返す方法により、塩化カルシウムを除去することができる。少量の水、短い時間で作業を終わらせることができ、作業性・経済性も良好となる。
【0010】
使用する塩化ナトリウムとしては、食塩・岩塩等の塩化ナトリウムを含有する塩であれば、何でも使用することができる。海水も使用することができるし、安価に大量の海水が使用できる工場では、海水を用いて流水洗浄しても良い。
【0011】
洗浄に用いる塩化トリウム水溶液は、0.1〜30%であることが好ましい。0.1%未満の濃度であると、海苔の苦みは除去できるが海苔本来の香り・色調が低下してしまうからである。30%を超えると洗浄後の海苔が塩辛くなりすぎ、食品製造の調味付け時の障害となってしまうからである。
【0012】
0.01〜1%の塩化ナトリウム水溶液を用いた場合は、殆ど塩味を感じないため、完全に塩味を嫌う商品には、この範囲の濃度の塩化ナトリウム水溶液を使用した方が良い。
【0013】
又、1.5〜5.0%の濃度のものを使用すると、ほどよい塩加減となり、海藻サラダや刺身風にそのまま食することができる。
【0014】
5%を超える塩化ナトリウム水溶液を用いた場合は、調味付けした製品の原料に適している。
【実施例】
【0015】
(試験例1)
採取した生海苔1kgに、塩化カルシウム0.2kg(20%)を添加混合した後、脱水し、−20℃の冷凍庫にて保管した。
1年間保存した冷凍生海苔約10gを取り出し、表1に示す各濃度の塩化ナトリウム水溶液350mlを添加し混合攪拌後脱水した。同じ操作をさらに2回繰り返した。
塩化ナトリウム約2.5%を含有する海水も使用した。
対照区として、水道水を用いた。
洗浄後の生海苔の状態(色調・味・香り・食感)及び、洗浄生海苔3gにお湯100mlを投入した時の生海苔の香りを調査した。結果を表2及び表3に示す。
【0016】
【表1】

【0017】
【表2】

【0018】
【表3】

【産業上の利用可能性】
【0019】
本発明の方法により、塩化カルシウム混合した保存海藻に付着浸透している塩化カルシウムを除去することができ、食品及び食品原料として提供することができる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
生海藻に塩化カルシウムを含有する塩類を添加混合した後、一定期間冷凍又は冷蔵保存した海藻を、塩化ナトリウム水溶液にて洗浄することを特徴とする保存海藻の処理方法。
【請求項2】
海藻が海苔・モズク・ワカメであることを特徴とする請求項1記載の保存海藻の処理方法。
【請求項3】
洗浄する塩化ナトリウムの濃度が、0.1〜30W/W%であることを特徴とする請求項1・2記載の保存海藻の処理方法。

【公開番号】特開2007−174976(P2007−174976A)
【公開日】平成19年7月12日(2007.7.12)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−377106(P2005−377106)
【出願日】平成17年12月28日(2005.12.28)
【出願人】(000208787)ささみ レシピ 人気 1 位 子供
【Fターム(参考)】