さつまいも サラダ

さつまいも人気レシピ【厳選29品】クックパッド殿堂1位・つくれぽ10000超も掲載中!


2.水気を切り、クッキングシートをしいた天板に並べ、 180度のオーブンで 約20分焼く。 5㎝の厚さでスライスし、さらに 1. 5㎝幅のスティック状に切り、 10分程度水にさらす。 3.さつまいもの水を切り、油で 6分~7分程度フライする。 4.油からあげたら、キッチンペーパーを敷いた皿に盛って、 熱いうちに塩や砂糖などお好みの味付けをすれば出来上がり! 1-2-3 コツ 高温で揚げると周りだけ揚がって焦げてしまっているのに中の火通りがあまく仕上がってしまう場合もあります。 5cmの厚さの輪切りにし、 10分程度水にさらす。 2.鍋に切ったさつまいもとしょうゆ、砂糖、水を入れて 中火にかける。 3.アルミホイルで 落とし蓋をして、様子をみながら 汁気が少なくなるまで煮詰める。 2.水気を切りふんわりとラップをかけ電子レンジ 600wで約5分、 やわらかくなるまで加熱する。 3. 熱いうちにバターを入れ、お好みの大きさになるまでさつまいもをつぶす。 4. 粗熱が取れたら、マヨネーズと塩コショウで味を整える。 3.表面を 軽く混ぜ合わせ、さつまいもを入れたら 普通の炊飯モードで炊く。 2. 熱いうちにフォークで潰し、牛乳を加えて 滑らかになるまで混ぜ合わせる。 3.合挽肉は油で炒めて塩、胡椒で味をつけ 粗熱をとる。 2. 玉ねぎは火が通りやすいように薄くスライスしておく。 3. 鍋にバターと玉ねぎを入れ中火で炒める。 4.さつまいもが柔らかくなり、 竹櫛が通る程度になったらミキサーかブレンダーにかけて滑らかにする。 5. 牛乳を少量ずつ加えながら弱火でよく混ぜてクルトンや生クリームをお好みでトッピングして出来上がり! 1-8-3 コツ ミキサーやブレナーでつぶした後に、 裏ごしを行うとさらに滑らかなポタージュを作ることができます。

さつまいもを使ったオススメサラダレシピ5選


目次 [全て表示する]• 1 さつまいものサラダが食べたい!• 2 さつまいものサラダにはどんな種類がいいの?• 3 おいしいさつまいもの見分け方とは• 4 さつまいもの下準備はどうしたらいいの?• 5 人気のサラダレシピ:さつまいものシンプルサラダ• 6 人気のサラダレシピ:さつまいものコロコロサラダ• 7 人気のサラダレシピ:さつまいもとりんごのサラダ• 8 人気のサラダレシピ:さつまいものヨーグルトサラダ• 9 人気のサラダレシピ:さつまいもとクリームチーズのサラダ• 10 人気のサラダレシピ:絶品さつまいもとベーコンのサラダ• 11 人気のサラダレシピ:かぼちゃとさつまいものサラダ• 12 人気のサラダレシピ:蒸しさつまいものごまだれサラダ• 13 人気のサラダレシピ:さつまいもとかぼちゃのチョップドサラダ• 14 さつまいもサラダは作り置きもできる!• 15 さつまいものサラダレシピで美味しい食卓を.。 。 。 。 。


つくれぽ1000特集!さつまいものサラダ人気レシピ【10選】|クックパッド殿堂入りレシピ集" title="サラダ さつまいも">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。

 

 油脂の変敗
油脂は光、熱、金属等の作用によって空気中の酸素と反応し、酸化される。油脂の酸化によって色調変化、不快臭の発生、有害物質の生成などが起こる。不飽和度が高い油脂ほど変敗を受けやすい。

 

油脂は光や熱などによって酸素と反応し、ペルオキシラジカル(フリーラジカル)を生じる。このペルオキシラジカルは反応性が高く、さらに反応してヒドロペルオキシドを与え、重合体や低級脂肪酸などを生成する。

 

なお、油脂の変敗は酸敗とも言われる。以下に油脂の変敗の様子を示す。

 

 

 


不飽和脂肪酸は光や熱によって脂肪酸ラジカルとなり、ペルオキシラジカルを与える。

 

なお、不飽和度の指標にヨウ素価がある。つまり、不飽和度が高い油脂ほどヨウ素価が高い。そのため、油脂の変敗が起こるとヨウ素価は低下していく。

 

 

 


ペルオキシラジカルからヒドロペルオキシドが生成する過程で不飽和脂肪酸が脂肪酸ラジカルへと変化する。脂肪酸ラジカルは酸素と反応し、ペルオキシラジカルを生成する。再生されたペルオキシラジカルは再びヒドロペルオキシドへと変化する。

 

このように、油脂の変敗には連鎖反応が起こっている。なお、「ペルオキシラジカル → ヒドロペルオキシド」の過程はビタミンEなどの抗酸化剤によって防ぐことができる。

 


ペルオキシラジカルからヒドロペルオキシドが生成するが、ヒドロペルオキシドのような過酸化物の量を示す指標として過酸化物価がある。

 

不飽和脂肪酸の酸化により、最初のうちは過酸化物価は上昇する。しかし、金属によって分解されるので時間が経つと過酸化物価の値は減少に転じる。

 

 

 


ヒドロペルオキシドは金属によって分解される。このときペルオキシラジカルが生成し、このペルオキシラジカルは再び不飽和脂肪酸と反応する。

 

なお、この反応は金属封鎖剤を使用することにより遅らせることができる。

 


ヒドロペルオキシドが分解されるとマロンジアルデヒドやカルボニル化合物を与える。チオバルビツール酸試験値マロンジアルデヒド量を示しており、変敗が起こるにつれて値が上昇する。それに対し、カルボニル価カルボニル化合物量を示している。カルボニル価も変敗が進むにつれて値が上昇する。

 

 

 


油脂は変敗すると最終的に重合体、エポキシド、低級脂肪酸などへと変化する。このとき、遊離脂肪酸の量を示す値として酸価がある。酸価の値は油脂の変敗が進むと上昇する。

 

 

 

ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験、カルボニル価、酸価の値を時間とのグラフに表すと下のようになる。

 

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク