サクラマス ジギング ロッド


ジギングタックルとは、ジギングに使う釣り道具のことで、タックルボックスを指しているのではありません。 ロッドやリール、それに巻くラインやぶら下げるメタルジグ、そこに付けるフックなども、ジギングタックルといえるでしょう。 ターゲットにする魚によって、用いるタックルも変わってきますから、組み合わせや選ぶ知識が必要ですよね。 「それ1つ揃えれば全部できちゃうってタックルはないの?」 無理やり使えばできないこともないですが、もし大型のブリやヒラマサが掛かったら、ランディングするまでにとても時間が掛かったり、最悪ラインブレイクしてしまいますよ。 確実に魚をゲットしたいなら、魚種別に対応する必要があるでしょう。 自分がおこなうジギングスタイルが、カヤックなどのマイボートであった場合、自分で情報を収集してどんなタックルを購入するか決めなければなりません。 でも安心してください、ネット検索して個人のブログなどをチェックすれば、参考になる意見がたくさん出ていますよ。 例えば、ジギングがメインだけれど、時合いによってはプラグをキャストしたい人には、スピニングタックルを勧めているケースも見られます。 カヤックにはあまりたくさんのタックルを持ち込めませんから、ジギングもキャスティングも可能なタックルを紹介してくれているのはありがたいですよね。 それからジギングそのものを分かりやすくレクチャーしてくれている動画も、豊富にアップされていますから、イメージトレーニングのつもりで見ておくといいでしょう。 メジャークラフトからリリースされている、コスパ優秀なジギングロッドです。 180グラムまでのメタルジグが操れますし、バットパワーが強烈ですから、ブリやカンパチなどの大型魚が掛かっても安心してやり取りできますよ。 初心者の人なら、いきなり高額なタックルを揃えるよりも剛性感のある安いものから入るほうが、高いハードルを感じずにジギングの世界に馴染めるでしょう。 その一助となってくれるのが、メジャークラフトの豊富なラインナップです。 実際に使ってみると、この価格帯のロッドとは思えないほどパワフルで使いやすいと感じました。 大型青物の引きにもじゅうぶん耐えてくれましたから、ジギング釣行に欠かせない1本になってくれるはずです。


大きさが 30cm超~40cm超。 カムイ1000gの赤金でも良く釣れたそうです。 お二人の釣果は、 真ガレイの30cm前後を3枚。 毛針の付けていたタコベイトはピンク。 リリースした後で再度来店されて、アメマスは元気に泳いでいったそうです。


プロショップかわぐち公式サイト釣り情報のページ" title="ジギング ロッド サクラマス">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。

プロレスラー、参議院議員

アントニオ猪木の名言。全116個。