シニード オコナー

【Update】シニード・オコナー ツアーやレコーディング活動からの引退を表明→発表から数日後に撤回


「プリンスから殴られそうになったことがあるわ」とシネイド・オコナーは英ITVの「グッド・モーニング・ブリテン」に出演して語っている。 「とても恐ろしい体験だった。 ある晩に彼の家に来るように言われて、愚かなことに私は一人でそこへ行ってしまったの。 プリンスは私が彼の言いなりにならずに、その曲を勝手にレコーディングしたことが気に食わなかったのよ」 シネイド・オコナーは次のように続けている。 「彼は私に自分の言いなりになるように求めて、インタヴューで汚い言葉を使わないように言われたわ。 私から離れるように伝えたら、彼が突っかかってきたの。 彼は階段を登って、枕を手に戻ってきた。 枕には何か固いものが隠されてたわ。 私は彼の家から逃げて、木の後ろに隠れたの」 彼女はさらに次のように語っている。 「朝5時にマリブのハイウェイで彼と会ったわ。 彼に唾を吐きかけたら、彼は私を殴ろうとしてきた。 私は(助けを求めて)誰かの家のインターホンを押したの。 そういう状況になった時には、そうするように父親からいつも言われていたから」 シネイド・オコナーは当時のプリンスについて「薬物のせいで暗い時期にあった」とした上で、次のように明かしている。 「彼に攻撃されたのは私だけじゃないわ。 バンドにいた女の子の中には肋骨を折って入院を余儀なくされた女の子もいた」 『NME』ではプリンスの遺産管理団体にコメントを求めている。 シネイド・オコナーによる今回の発言は、彼女が先週、昨年「白人とは二度と一緒に過ごしたくない」と発言したことを謝罪したことに続くものとなっている。 アイルランドの番組「ザ・レイト・レイト・ショウ」で表舞台への復帰を果たしたシネイド・オコナーは現地時間9月7日、昨年11月に物議を醸した当該の発言について「当時も本心ではなく、今も本心ではない」とツイッターで釈明している。 シネイド・オコナーは当時について「怒っていて不安定」だったために当該のツイートをしてしまったと述べている。

シニード・オコナーのドキュメンタリー映画『Nothing Compares』 トレーラー映像公開


1966年にアイルランドの首都、ダブリンで生まれたシネイドは8歳の頃に両親が離婚して母親に引き取られた。 ピーター・トッシュとバ… [TAP the LIVE]の最新コラム• 売れないバンドだったキッスが放った起死回生のライヴ・アルバム のちにキッスを結成することになるポール・スタンレーとジーン・シモンズ。 バブルやネットを吸収した「平成」の音楽• その日に起きた音楽的出来事を紹介• 年度ごとに振り返る映画の興行収入ランキング• 書籍や雑誌のページから聴こえてくる音楽と描写• 街・都市を舞台に紡がれた魅了的な歌を紹介• 連載『「ヨイトマケの唄」をめぐる旅』一部掲載• HMV record shopとのコラボ企画• 食にまつわる曲の魅力とレシピ• ミュージックソムリエ協会による音楽と出逢い• 歌詞に出てくる固有名詞などを写真で紹介• スタジオには観客もいたが、拍手もブーイングもなく、ただただ静まり返っていた。 この模様は生中継で全米に放送されるとテレビ局に講義の電話が殺到、多くのキリスト教徒が彼女を非難することになる。 … SNSでも配信中 新着• 「さよならウサギ」という歌• ファイブ・イージー・ピーセス〜ドロップアウトの空虚を描くジャック・ニコルソン初主演作• ストレンジャー・ザン・パラダイス〜ヒップな連中は必ず観るジム・ジャームッシュの世界• パラダイス・アレイ〜スタローンが主題歌を歌ったトム・ウェイツの俳優デビュー作• ベッシー・スミスを偲んで〜ブルースの女王と呼ばれた伝説的な黒人歌手の足跡と功績 特集• ミュージシャン伝記映画特集〜R&B/ヒップホップ/ジャズ編• ロックスターのイメージを創った男~キース・リチャーズ特集• ブルーズ特集• みんなアイリッシュだった~アイルランド系特集 今月のPICK シニード オコナー コラム• アルバム復活の時代は来るのか?〜世界のベストセラーアルバムリスト• グレン・グールド〜伝説のピアニストをめぐる7つの美学• ミュージシャンの人生を変えた音楽を紹介• 映画の名シーンや名曲を発掘する人気コラム• スタンダード・ソングにまつわるエピソードと物語• 古今東西の曲やアーティストにまつわる出来事を紹介• 伝説の編集者による社会と音楽の繋がり• インタビュー、臨時コラム、参加型企画など• 複雑化するコンテンツ業界に「超シンプル」な世界を。

シネイド・オコナー、かつてプリンスに殴られそうになったことがあると主張


シニード・オコナー の本名・年齢・身長・出身・血液型" title="オコナー シニード">
私は今、警察と一緒に病院に向かっています。 病院に行けばしばらくは大丈夫よ」.。 シニードは、この投稿から1時間後に、心配させるような投稿をしたことを謝罪し、治療を求めていることをファンに伝えました。 私は息子のためだけに生きてきました。 そして今、彼は去ってしまった」と、公式アカウントにリンクした未確認のツイッター・アカウントに投稿していました。

シニード・オコナー の本名・年齢・身長・出身・血液型


UK chart peaks:• This site displays 'compressed' chart peaks exclusion rules applied for chart positions 76—100. This site displays 'uncompressed' chart peaks no exclusion rules applied for chart positions 76—200, between January 1995 and May 2001. billboard. com. 2011年2月2日閲覧。 2011年2月2日閲覧。 com. 2011年2月2日閲覧。 infodisc. 2014年10月22日時点の 2011年2月2日閲覧。 シニード オコナー. 2013年1月11日時点の 2011年2月2日閲覧。

シネイド・オコナー~全米に波紋を呼んだ捨て身の抗議|TAP the LIVE|TAP the POP


オコナーは「でも、私はこの仕事が大好きです。 そして、もうツアーもプロモーションもありません」 「40年の旅でした。 私は年を取り、疲れてしまいました。 驚くほど美しいニュースなのです。

 ここでは体内の水分代謝異常(ある種の水分の偏在)によって発生する“水毒症状”についてお話します。よく“流水は腐らず”と申しますが,これは人体内においても同じことが言えます。飲食物から摂取した水分が体内に吸収され,滞ることなく全身をめぐって順調に排出されれば何の問題も生じないのですが,しかし実際にはこのようなことはなく,気候の変動や精神的ストレス,あるいは飲食面の要因などによって水分代謝が影響を受けて体内のあちこちに水分が停滞し,「痰飲」・「水湿」・「水腫」などと呼ばれる種々の病症が発生するようになります。水が毒(病気の原因)になるなどは一般には考えにくいことでしょうが,実際には水毒によって発生する症状は沢山あります。傾向から申しますと,水分が不足して発生する病気よりも,水分が体内に停滞して発生する病気の方がはるかに多いのです。水分は確かに身体にとって大切なものですが,摂りすぎますと,やはり問題が生じてきます。例を挙げて説明しますと,植木に水が必要だといっても水をやりすぎると根が腐りますし,河川も溢れると洪水になります。体内でもこれと同じようなことが発生します。身体四肢のむくみ・四肢関節の腫れと痛み・胃腸病・下痢・嘔吐・めまい・動悸・メニエル氏病・精神異常・高血圧・腎臓病・痛風・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・痰・鼻水・膀胱炎・前立腺異常・おりもの・冷え・身体の重だるさ・頭重・胃中水分停滞・小便が出にくいなどは,そのほとんどが水分代謝異常(ある種の水分の偏在)によって引き起こされる“水毒症状”です。また,当然のことですが,“水毒症状”は,水分(水分を多く含むすべての飲食物)の過剰摂取も原因の一つとなっているということを知るべきです。“水毒症状”は漢方薬で改善できます。どうぞご相談下さい。

 漢方では,むくみのことを水腫と呼んでいます。水分が体内のあちこちに偏在して発生する病症でして,一種の小便不利(小便が充分に排泄されいないこと)によって発生する症状です。この症状は人によって現れ方も異なりますし,程度も異なります。よく見られるものとしては,朝起きた時などに瞼(まぶた)が腫れぼったくなっていたり,手がむくんで動きが悪くなるなどの症状,また夕方になると足が腫れぼったくなって靴がきつく感じるなどの症状などがあります。朝のむくみは前日の就寝前の飲食が原因ですし,夕方の足のむくみは昼間に飲んだお茶やコーヒーなどの水分の摂りすぎが原因です。一時的で時間がたつと消えるむくみであれば,それほど心配ではありませんが,しょっちゅうこの症状を繰り返すもの,むくみがなかなか取れないもの,あるいはむくみの症状のほかに体が重くてだるい・小便の出が悪い・軟便・下痢・発熱・頭重・寝汗・痰・せき・風邪引きやすいなどの症状を伴うような場合は,漢方医学で言うところの「痰飲病」や「水気病」に属す病症ですので,きちんと治療した方が良いと思います。また,高齢者の足のむくみの場合も早く治療すべきです。さらにまた,慢性関節炎などで関節部に水が溜まって腫れて痛むといった症状がありますが,これも一種のむくみの病症でして,とくに繰り返しこの症状を発するものや慢性化したものは,患部の治療だけでは治りにくい傾向があります。このような場合は,もっと全身の水分代謝に目を向けて全身的な観点で治療を進めなければなりません。単なる利尿剤や鎮痛剤・抗炎症剤の使用では根本治療はできません。上記の「むくみ」の症状はすべて漢方薬で治療できます。

 この症状もむくみ(水腫)の一種です。「関節水腫」といいます。関節組織内の水分代謝が悪くなって発生する症状でして,膝や足首の関節などに多く現れます。同時に痛みを発するものもあれば,ただ重苦しく感じるだけで,ほとんど痛みを発しないものもあります。水のたまり方が激しくて膝を曲げることができなくなるほど重いものであれば,そのまま放って置くわけには行きませんので,先ずは水を抜く方法を講じる必要があるでしょう。しかし,水がたまったからと言ってその度に水を抜くだけの方法を講じたり,尿量が少ないからと言って利尿剤を服用し続けるようなことは決して根本治療にはなりません。根本治療には,先ず水のたまる原因を取り除くことが大切です。漢方治療はあくまでも根本治療を目指します。次に,当然のことですが,治療ではお薬の力を借りることは必要ですが,お薬を服用することだけが治療のすべてではありません。発病要因となる生活面の改善も必要になります。生活面の改善,すなわち養生の面からお話ししますと,関節に水がたまりやすい人は,日頃は水分(水そのものだけでなく,清涼飲料水・酒類・果物類・お茶類などがすべて含まれます)や水分の多く含まれた飲食物をできるだけ少な目にしなければなりません。体内に停滞している湿気をできるだけ少なくする必要があるからです。このように気を付けながら,必要な漢方薬で全身の水分代謝を盛んにし,尿の排泄を正常にすれば,「関節水腫」は自ずから改善されます。お悩みの方,当店の漢方薬をぜひお試し下さい。

 「胃内停水」という言葉のとおり,胃内に水分が停滞して発生する病症です。胃腸からの水分吸収が悪い場合や,日頃から水分を摂り過ぎる傾向がある方に現れる症状の一つです。その特徴は,身体を動かした時などに発生する振水音(しんすいおん:胃部のチャブチャブ音)です。“希薄物の嘔吐、食欲不振、胃もたれ、胃部の動悸、胃液が口中に上がる、尿が少ない、むくみ、めまい、頭痛・頭重、下痢、背部痛、腰痛、体が重く怠い、乗り物酔いしやすい”などを伴うことが多いです。普段から水分、冷えた食品、なま物などの摂取量が多い方に現れやすい症状です。この病症は「メニエル氏病」でもよく見られます。

※「胃腸病」のページにも同一の記事がございます。

 唾液の分泌が必要以上に多いのは,胃腸が冷えている(機能低下している)場合に多く見られる現象です。漢方医学ではこの病症のことを「裏寒証(りかんしょう)」または「脾胃虚寒証(ひい・きょかんしょう)」また或いは「痰飲病(たんいんびょう)」と呼んでいます。人によっては“痰がからむ、吐き気、嘔吐、胃痛、軟便・下痢、めまい”などの症状を併発しやすい他,“乗り物酔いをしやすい”などの特徴や“頭痛・頭重”を伴うケースも見られます。一種の水毒(すいどく:水分停滞、水分代謝異常)によって発する症状でして,前述の「胃内停水」とも関係があります。水分や水分を多く含む食品を多く摂った後や,日頃から水分を摂り過ぎる傾向があり,お腹(胃)が冷えやすい方に現れやすい症状です。

※「胃腸病」のページにも同一の記事がございます。

 本病の発生は,前述の「胃内停水」の病症と深い関係があります。「激しいめまい・嘔吐・どうき」などを主症状とし,「むくみ・頭痛・頭重・身体が重だるい・胃がチャブチャブする」などの症状が伴います。これも一種の水分代謝障害によって発する症状ですので,この症状を発し易い人,あるいはこの病気の人は,特に水分をできるだけ控えるようにしましょう。「メニエル氏病」という病名に驚くことはありません。漢方医学的に考えますと,原因は比較的単純であり,個人差はありますが,治療はそれほど難しくはありません。漢方薬で充分治療できます。ご相談下さい。

 高血圧症の発生には非常に多くの原因が考えられますが,ここでは,水毒症状(一種の水分代謝障害によって発する症状のこと)として現れる高血圧症についてお話しします。本病は中年以降に比較的多く見られます。西洋医学の治療で「降圧利尿剤」(すなわち,小便の出をよくして血圧を下げる薬)を用いるケースがこれです。漢方治療の場合は,ただ血圧を下げるというのではなく,高血圧の原因となる体内の過剰の水分を取り除き,水分代謝と血液循環を正常に導き,全身のバランスをとりながら治療を進めます。また,この様な方は,高血圧症だけでなく,他にも多くの症状を同時に持っていますので,それらも同時に改善するという形になります。お悩みの方,ぜひご相談下さい。

 漢方医学では,この症状のことを「小便不利」と呼びます。「全身のむくみ・まぶたのむくみ・手足のむくみ」などが現れやすくなります。水分代謝には主に肺・脾・腎・膀胱などの臓腑が深く関与していますが,小便不利はこの中のどの臓腑が機能異常をきたしても発生します。胃内停水によるもの,体表部の水分停滞によるものなど種々の原因があります。治療では「麻黄・黄耆・茯苓・朮・沢瀉・防己・車前子」などの漢方成分を体質や症状程度に合わせて運用します。小便の出の悪い人は,特に飲食面で,塩味・甘味など味の濃い食品は極力控えめにしなければなりません。太っている方はこのことに特に気をつけて下さい。また,小便を多く出そうとして水分を多く摂るようなことも止めて下さい。水分を摂ることで少しは尿量や回数が増えたように感じますが,体内に停滞する水分もさらに増やすことになり,結果的には症状を一層悪化させることになります。どうしても改善できなければ,漢方薬による治療をおすすめします。ご相談下さい。

 舌面に白い苔(こけ)がつき易いという方がいます。漢方医学ではこれを「舌苔(ぜつたい)」と呼んでいます。舌苔は,胃腸に水分が停滞しているときに現れる現象でして,健康な胃の場合には微かに薄く付着しているだけで,厚く付着していることはほとんどありません。また一般に,胃腸の調子の悪い時にはこの舌苔がはっきり現れますし,胃腸の調子の良いときは苔の量が少ないものです。ですから,この舌苔の状態を観察することは,漢方医学では胃腸の様子を知る上で非常に重要になるのです。とくに胃腸病の治療では,この舌苔の有無・厚さ・色合い・湿り具合などで病情の一部を判断することになりますので,舌苔を観察することは正確な治療を進める上で重要な意味合いを持つことになります。いつも胃の調子の悪い方は,きっと心当たりがあると思います。

 この症状は一種の水分代謝異常による症状でして,漢方医学では水分代謝に重要な役割を果たしている「肺」の機能が障害を起こして発生すると考えます。肺の病症には色々な種類がありますが,その中の一つである「肺寒」と呼ばれる病症(すなわち,肺が冷えて水分を代謝させる働きが低下する病症)に最も多く見られます。“アレルギー性鼻炎”にはこの症状がよく見られます。また,この症状が慢性化している場合やしょっちゅうこの症状の現れやすい人は,身体が冷えやすく,いつも胃中に余分な水分が停滞している人ですので,日頃は水分を多く含む食品、飲み物、なま物(なま野菜、果物、魚貝類)をできるだけ控えるようにしなければなりません。またこれを実行しませんと,どんなに良いお薬を使用しても治療が困難です。

 これは「痰気互結証」と言われる病症です。咽喉部に梅干の種か肉片がひっかかった感じがして,吐き出そうとしても出ず,飲み込もうとしても下がらず,しかし飲食には何の影響もなく,時にムカムカしたり咳き込んだりします。漢方医学ではこの症状を「梅核気」と呼んでいます。これを咽喉癌と考えて癌ノイローゼにかかる人もあります。胃腸に停滞する水分が痰に変化して発する症状です。胃腸が弱く,胃内に水分の停滞しやすく,神経過敏な方に多く見られ,症状はその日によって強く感じたり軽くなったりします。女性に多く見られる神経症状の一種です。胃腸の具合、天候、情緒の変化などの影響を強く受けます。一般に,病院へ行ってこの症状を訴えて検査を受けましても患部には何の異常も見られず,“神経だ!”と言ってほとんど相手にされません。漢方治療は患者の訴える「症状」を重視しますので,昔からちゃんとこの症状に対する治療薬が用意されています。漢方薬で改善できますので,私共へどうぞご相談下さい。

 これは申すまでもなく女性特有の病症です。薄い水のようなものや白色の粘液状のもの,さらに黄色のものや血液の混じったものなど様々です。また,冷えが原因のものや炎症を起こしているもの,カユミや痛みのあるものなど,いろいろなケースがあります。これは体内に慢性的に停滞した水分(湿邪)が原因の病症です。産婦人科病院へ行って治療を受けましても,洗浄したり膣錠や軟膏を使用すると言った局所手当だけですので,根本治療にはなりません。水分代謝の悪い人に現れやすい症状ですので,局所の症状だけにとらわれず,全身的な視野で病気をとらえなければなりません。この症状を起こしやすい人は,平素から種々の飲み物や水分の多い食品をできるだけ,控える必要があります。帯下(おりもの)が慢性化してなかなか治らない方,そしてこれに痛み・カユミなどの症状が伴っている方,いずれも漢方薬で治療できます。お悩みの方,どうぞ当店の漢方薬をお試し下さい。

 膀胱炎は女性に多く見られますが,前立腺異常は男性特有の病症です。体内に停滞する水湿(水分代謝障害によって体内に発生する一種の病理産物)が下腹部に流れ込み,そこで炎症を起こす病症です。「排尿困難・残尿感・排尿痛・血尿」などを伴うこともあります。この症状を起こしやすい人は,平素から種々の飲み物や水分の多い食品をできるだけ,控える必要があります。とくにアルコール類は絶対に避けるべきです。慢性化したものは,どちらもある程度長期の治療が必要です。

 『アトピー性皮膚炎』などでよく患部からツユが出て,炎症の激しくなったものを見かけます。これは湿邪(すなわち,体内の水分代謝障害によって生じた水毒)が原因の病気です。体内の水分代謝が正常に働いているときは,摂取した水分はそのほとんどが尿か汗となって排泄されますが,肺・脾(ひ)・腎などの水分代謝にかかわっている内臓がどれか障害を起こしますと,水分代謝が正常に行われなくなり,そのため水分が尿となって排泄されず,そのまま体内に停滞してしまいます。このようなときに湿疹を起こしますと,患部から水様の分泌物が出るようになり,ジクジクして治りにくくなります。治療と同時に飲食面の改善が必要です。お悩みの方,ご相談下さい。

 水のような下痢を発する病症です。消化器(とくに小腸)の水分の吸収力が低下した時などに発生します。これも一種の水分代謝障害によって発する症状です。人によって「腹痛・嘔吐・めまい・どうき・小便不利・身体が重い・頭痛・頭重・発熱・軽い寒気」などを伴うこともあります。また,この症状で胃腸の消化吸収機能が極端に弱ったものでは,未消化物が混じって出ることもあります。水様性下痢は大きく分けて消化器だけが原因のもの(これを脾虚湿滞という)と脾と腎が関与したもの(これを脾腎両虚という)があります。前者は急性のものに見られ,治療はそれほど難しくありません。後者は慢性化したものに見られ,このような人は栄養分の消化吸収が十分に行われませんので,痩せ気味でなかなか太れず,比較的体力が無く,病気に対する抵抗力も弱く,風邪などを引きやすく,貧血傾向も見られます。一般に慢性化したものは,体質的な面も原因していますので,ある程度の長期治療が必要となります。

 漢方医学には「湿が集まって水となり,水が集まって痰となる」という考え方があります。つまり,体内に停滞する湿気や水分は,いずれは痰となって新しい病症を引き起こすということです。痰には有形のものと無形のものがあります。「有形の痰」には,気管支喘息や一時的な咳などで喀出して実際に目で見ることのできる痰が含まれます。「無形の痰」というのは,実際に目で見ることのできない痰を指します。例えば,乗り物に酔いやすい・原因不明の目まい・頭痛頭重・吐き気・息切れ・どうき・精神異常などの病症はみな無形の痰によるものと考えられています。このように痰によって発生する病症は沢山あります。

 これも一種の水毒症状と考えて良いでしょう。漢方医学ではこの病症のことを「膀胱虚寒証」と呼んでいます。また膀胱は腎機能の作用下でその機能が調節されていますので,「夜尿症」の根本原因はむしろ腎機能の未成熟にあるといっても過言ではありません。また,他の原因によって発するものもありますので,慎重な判断が要求されます。

 これもまた水分の代謝が順調に進まないことによって発する病症でして,一種の水毒症状といえます。この病症の発生には,直接的には膀胱の機能異常が関係していますが,その根本原因はやはり腎機能の衰え(これを「腎虚」という)にあります。一般には,急性膀胱炎を起こした時のような激しい排尿痛や血尿などの症状は伴いません。前述の子供の夜尿症の原因が腎機能の未成熟にあることに対して,高齢者の場合は腎機能の衰えが原因になっていると考えられています。夜間頻尿も同じ原因で発する症状です。大人の場合は,早めの治療が肝心です。

 漢方医学では,関節痛や筋肉痛のことを「痺証(ひしょう)」と呼んでいます。体の陽気が不足して水分をめぐらせる働きが低下し,あるいは外界からの湿気が体内に侵入し,腰や下半身に停滞して発する症状です。腰から下の冷えとむくみ・痛みは,身体の陽気不足に寒湿の病邪(すなわち,冷えと湿気の病邪)が加わって発生することから,「寒湿痺証」と呼んでいます。その症状特徴は,「足が重だるく,冷えると痛みが増悪し,温まると痛みが軽減する」という点です。腎機能の低下が関与しているケースもあり,この場合は高齢者に多く見られます。もし,若い人にこの症状が見られるのでしたら,それは日頃から水分の摂取量の多すぎる方だと思います。漢方医学には“寒は下からやって来る”という格言があります。人は立って生活しますから,いつも下半身は寒冷に脅かされていることになります。冷え症の方は,特にこのことを知って下半身を冷えないように常に注意して下さい。この症状が長期にわたる方はぜひご相談下さい。

 唇やほっぺたの内側,あるいは歯肉や舌などによく炎症を起こす人がいます。繰り返し発するものを『アフター性口内炎』と言います。漢方医学ではこの病症の発生原因が胃熱(一種の胃の機能過亢進)、心火旺(一種の心機能過亢進)、肝胆湿熱(一種の肝・胆の機能過亢進)、陰虚火旺(一種の腎の機能異常)などと深い関係があると理論づけています。事実,これらの原因に当てはめて治療しますと必ず治ります。また,本病の中で,とくに唇や頬の裏側に赤く腫れて痛みの強いものは,胃に停滞した湿気も深く関与しており,この病症を「中焦の湿熱証」と呼んでおり,治療では,体内に停滞している湿と熱の病邪を取り除くことに重点を置きます。この症状を発しやすい人は食生活に問題があります。治療はそれほど難しくありません。口内炎を起こしているときは,あるいは治療時は,とくに飲食面に気をつけ,食べ過ぎ・飲酒・トウガラシ料理・油っこい物・味の濃い食品等をできるだけ控える必要があります。

 体力が低下し,とくに皮膚体表部の抵抗力が低下し,汗腺のしまり具合が弱くなった時などに現れる症状です。「不眠・どうき・体がだるい・むくみ・微熱・節々の痛み・頭痛頭重」などを伴うものもあります。また寝汗は水分の摂取量の多すぎる場合にも現れることがあります。いずれにしても寝汗が長引くものは体力の低下,抵抗力の低下を示しますので治療すべきでしょう。ぜひご相談下さい。

 体内の水分代謝に深く関与している臓腑の一つに「脾(ひ)」があります。脾はもともと消化器官を代表する地位にあり,消化機能全体に深く関与してこれを調節し,体内への栄養分と水分の吸収に対してとくに重要な役割を果たしています。そのため,脾が虚してその働きが弱りますと,栄養分や水分の吸収と体内の水分の運行が支障をきたして,身体のあちこちに水分(すなわち湿邪)が停滞するようになります。この病理現象を「脾虚生湿」と呼んでいます。湿は水に属しますので,これが体内に停滞すると,頭・手足・全身が重だるくなります。このときは食欲不振・軟便下痢・疲れやすい・むくみなどの症状を伴うこともあります。また,このような方は,雨天など湿気の多い日に一層この症状が顕著に現れます。平素は水分の過剰摂取に極力注意をはらうべきでしょう。この症状を慢性的に持っている人は,漢方薬で早く改善することをおすすめします。どうぞご相談下さい。


Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
コースカ 牛 タン