コミック ガンマ


隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。 どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っていた。 アビスの不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。 そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていく。 アビスの緑に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。 どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っていた。 アビスの不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。 そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていく。 アビスの緑に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。 深く潜った者を決して帰さない、呪いを湛えた大穴『アビス』。 底知れぬこの秘境の大穴に、少女・リコは挑もうとしている…。 偉大な探窟家であり、生き別れの母・ライザに会うために。 存在するかも定かではない『奈落の底』への到達…。 極めつけに無謀な挑戦だが、リコには、ひとり勝算があった。 アビスの中で出会った、記憶喪失の機械人形 ルビ:ロボット コミック ガンマ 見た目は小さな少年だが、その身体には恐るべき力を秘めている。 彼と協力すれば、必ずや道は開けるはずだと…。 レグもまた、自身の正体を知るため、無謀な少女を守るため、冒険に駆り立てられていくのであった…。 友人たちの協力を得て、深界一層へと踏み出したリコとレグ。 追っ手の影を気にしつつ、素早く、確実に潜っていく。 まだ見ぬ深さに期待を募らせる彼らであったが。 魔窟『アビス』は、ふたりを容赦なく飲み込んでゆく…。 恐るべき呪いを秘めつつも、人々を魅了して止まない底知れぬ大穴『アビス』。 母・ライザに会うべく少女・リコと機械人形・レグは、この大穴に人生をかけて挑んでいく。 手探りながらも順調に探窟も進めていくリコとレグ。 そして舞台はついに深界三層から深界四層に・・・深くなるにつれ、この世の物とは思えぬほど凶暴になっていくモンスターに襲われて、冒険の大ピンチに陥ったリコとレグ。 そんな絶体絶命の状況の中、二人の前に現れたのは…?友情と悲哀が入り混じる大冒険活劇、第三巻!! 「自分の生んだキャラクターが苦しんでいるのを見て辛くならないんですか?」という読者の質問に「命は暗い闇の中に置いてこそ光輝くのです」と答えた通りに、深くアビスという大穴を潜っていくたびに、自分が何者なのかをしりたい、機械人形のレグと、アビス の最下層を目指し消息不明になったお母さんに会いたいリコという少女は、試練を与えられ、理不尽を与えられ、絶望を与えられ、人間が想像できる限界のような残酷な光景を目の当たりにし… したと思ってさらに下層にいったら神話が可愛く見えるくらいおぞましい展開へと続き… 何を食べてたらこんなもの思いつくんだろう???ラーメンか… 心が弱い人は見ないほうがいいって言おうと思いましたが、心が弱い人ほどこういう残酷物語すきですよね。 私も好きです。 ただ主人公一行は基本的に前向きで好奇心旺盛で、合理的。 しかも、つねに成長を続けていくので見ていて不思議と落ち込みません。 むしろエネルギーをもらえます。 1巻がどうにもハマらず、何度も読み始めては折れてました。 キャラがほぼ子供なのと、書き込みの圧(笑)が凄くて世界観も強いため軽く読むには準備不足で潜れなかったです。 子供が多いとストーリーよりカワイイで評価上がっちゃうことあるし、読んで て悪くないけどこれホントに面白くなるん?って聞いてみたかったくらいです。 意外と同じような人もいると思うけど、なんとか遂に1巻を踏破したら新しい世界が広がってました。 世界観に慣れるまでは少し辛抱いりますが、あとはストーリー勝負で読めます。 そうだなぁ、読んでて、幼少期に未知の探検モノを読んで夢を抱いていた気持ちと、大人になってパンチの効いたグロい刺激を求める気持ち、その両方を満たせますね。 まだ5巻。 24日まで4割引に、さらに今日から還元なので最新 最深!てすみません まで潜りたいと思います。 怪我して子鹿のような動きしか出来ないので、ゆったりアビスにどっぷり。 しかし書き込みの量と緻密な世界観すごいなぁ。 【このレビューはネタバレを含みます】 アニメの続きが気になって。 不思議な世界観で、何の予測も立たない。 とにかく描写が生々しくグロいのに、何がどうなっているか気になって絵を見てしまう。 得体の知れない不快さと、その正体を見極めたい、知りたいという相反した欲求が生まれます。 特に、何故かベラフに吸われるミーティーのシーンがどうしても離れません。。 可哀想なシーンだし、口に突っ込んで吸うってちょっとどころじゃないえげつないことなのに…あの怪物的なフォルムの中でも可愛げのある姿が計算されての事かと思うと作者さんは本当に恐ろしい人です。 絵柄の可愛さのせいなのか、得体の知れない生物が吸われたり千切られたり裂かれたりの描写が凄く生々しいのに、そこで涙を流してたり、悲鳴を上げてたり『うわ…』って気持ちを沸き起こすのに不快感だけで終わらない不思議。...


。 。 。 。 。


WEBコミックガンマぷらす" title="ガンマ コミック">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。
すのこ パレット ベッド
[目的] ビタミン剤や食品から抽出したビタミン・過酸化水素の検出の方法を学ぶ。
[領域] 化学:酸化還元

1. ビタミンB1を検出する
[準備] 試料(精白米 米ぬか ごま 焼き海苔 大豆など) ブタノールC4H10O
ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウムK3[Fe(CN)6]水溶液 水酸化ナトリウムNaOH水溶液
[操作]
1) 純水を加えた試料を充分に煮沸した後静置し、上澄みに薄い水酸化ナトリウム水溶液を加えてアルカリ性にする。
2) 薄いヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウム水溶液を加え、更にブタノールを少量加えてよく振る。
[留意点・工夫点]
米ぬか、ごま、焼き海苔は4倍量の純水を、他の試料は2倍量加えるとよい。
ビタミン剤は溶かして用いる。
ビタミンB1を含む液体にヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウム水溶液を加えると、かなり薄いが蛍光を発する。ブタノールを加えてよく振ると、蛍光物質が移行してブタノール層が藍色になる。暗所で見ると分かりやすい。(チオクロム反応)

2. スポーツ飲料からビタミンCを検出する
[準備] 試料(スポーツ飲料 ジュースなど) ヨウ素ヨウ化カリウム溶液 デンプン水溶液
[操作]
1) 試料にデンプン水溶液を加え、希釈したヨウ素ヨウ化カリウム溶液を滴下する。
[留意点・工夫点]
デンプン水溶液は試料5mlに対して1滴ぐらい加える。
希釈したヨウ素ヨウ化カリウム溶液を試料が紫色に色づくまで滴下する。
試料に0.1%ジクロロフェノールインドフェノール液(深青色)を滴下してもビタミンCの検出ができる。ビタミンCが含まれていると、この色素が還元されて液の色が消える。
試料を10%炭酸ナトリウム水溶液で中和し、薄い塩化鉄(Ⅲ)水溶液を加えても検出できる。ビタミンCが無い時は、ヨウ素デンプン反応により紫色になるが、ビタミンCが存在すれば、ビタミンCが酸化され、同時にヨウ素が還元されるのでヨウ素の色が消える。

3. ビタミンCを含む飲料から過酸化水素が発生することを確認する
[準備] 試料(缶入り飲料) 硫酸チタン(Ⅳ)Ti(SO4)2水溶液
[操作]
  試料に5%硫酸チタン(Ⅳ)水溶液を少量加えて色を観察する。
[留意点・工夫点]
過酸化水素が含まれていると液の色が淡黄~黄色に変わる。
検出限界値がやや高く、少量の過酸化水素では反応しないかもしれないので注意する。
飲料水を開封すると、酸化防止剤として使用されているアスコルビン酸ナトリウム=ビタミンC=VCが容器の金属と反応してO2で酸化され、酸化型アスコルビン酸(デヒドロアスコルビン酸)となる。これが他を還元してe-を出す。このe-が酸素を活性酸素に換える。O + H2O → H2O2 この反応は金属イオンがあると促進される。天然果汁のものはペルオキシターゼという過酸化水素分解酵素を含んでいるので検出されない。缶入り以外の飲料で比較実験を行うと違いが分かる。
飲料中に含まれているビタミンCによって本来含まれていないH2O2が発生していることを調べる実験である。

[関連実験] サクレレモン
スガキヤ 広島