この 小説 は すごい のか 原 神

Pickup


「子犬……なんでここにいるんだ……!」 「えー? たまたま会っただけだよー」 「たまたまなら仕方ないねぇ。 ちょっと話でもしようか」 「え……? え……!? 」 俺が睨み、子犬が笑い、巫子が意味深に微笑み、卯月が困惑する。 一つのテーブルを囲み四つの思惑が混雑していた。 「まぁいいや。 俺も帰るから。 馬場さんどこ行った?」 「さぁね。 それと君のためにパフェ頼んどいたけどまだ来てないよ?」 俺が立ち上がるが、巫子がなぜか邪魔をする。 ソファー席で巫子が座っているため動くことすらできない。 「……巫子。 何のつもりだ。 俺に協力するんじゃなかったのかよ」 「協力? 協力ねぇ。 あんまり私にメリットないよねぇ」 「はぁっ!? 」 思わず大声を上げる俺だが、巫子は涼しい顔でパフェをスプーンで掬っている。 「なんだろ。 卯月も協力してくれるみたいだしもう私はいいかなって。 卯月もそう思うでしょ?」 「わ、私!? 私は……その……」 「そんなことより史郎くんっ。 この後ホテル行かない? 安いのにすごい綺麗なホテルあるの。 わたしそこがお気に入りで……」 「……っ!」 ドン、というテーブルを叩く音と共に、店内が静寂に包まれる。 耳に入ってくるのは聞いたこともない店内BGMと、俺の息を吐く音だけ。 「いい加減にしろよ……! こんなことに構ってる余裕なんかないんだよ……!」 とても冷静ではいられなかった。 両親を殺したかもしれない人物。 それを庇おうとする裏切り者。 そして口を開けば俺を傷つける言葉しか吐かないクソビッチ。 何もかもが、許せなかった。 「史郎くん……? なんで怒ってるの……?」 「お前が一番うざいんだよっ!」 もう声を聞くのすら耐えられない。 言葉が自然と溢れていく。 「子犬……! お前が嫌いだ! 大っ嫌いなんだよ言ってんだろずっと! なのにいつまでも彼女面してんじゃねぇよ……! 俺はお前の彼氏じゃない。 お前は猿原と一緒だ。 俺を傷つけ、邪魔するゴミ人間。 忘れんなよ……! 俺はお前に、死にたくなるくらいに復讐する……! お前は俺の敵だ。...

最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。


。 。 。 。 。


Pickup" title="のか この すごい 小説 原 神 は">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。
2022/07/26

当社のクライオ電子顕微鏡を使用した研究成果が「Communications Biology」に掲載されましたので、お知らせいたします。

京都大学大学院医学研究科 高折晃史教授、大阪大学大学院生命機能研究科 難波啓一特任教授、藤田純三特任助教 (常勤)、株式会社 COGNANO (コグナノ) らの研究グループは、大阪大学感染症総合教育研究拠点 / 微生物病研究所、横浜市立大学、東京大学の研究グループとの共同研究により、新型コロナウイルスの「懸念される変異株 (VOC:variant of concern)」である「オミクロン株 (B.1.1.529, BA系統)」を含む全ての変異株に対して、これまで使用されてきたどの治療用抗体製剤よりも中和活性が高いナノボディ抗体を創出しました。
さらに、クライオ電子顕微鏡を用いた立体構造解析から、これらのナノボディ抗体は新型コロナウイルス表面に存在するスパイクタンパク質の深い溝をエピトープにしていることが示されました。このエピトープはヒトの抗体が到達できない部分であり、ウイルスの変異がほとんど見られない領域です。また、これらのナノボディ抗体は新型コロナウイルスへの結合力が極めて強く、環境安定性も高いため、下水などの環境中のウイルスを濃縮し、検出する用途にも応用することができます。
本研究成果は 2022年7月6日に英国科学雑誌「Communications Biology」にオンライン掲載されました。