スシロー 詐欺 広告

スシローまたも“広告に罠”…ネット民冷笑「客の事一切考えてない」「詐欺」


先月9日、消費者庁から景品表示法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を受けた「 あきんどスシロー」が、今月13日から始まる予定だった「何杯飲んでも『 生ビールジョッキ半額』キャンペーン」でお詫びを公表し、該当者には返金する事態になった。 回転寿司業界トップのスシローで、なぜ2カ月連続でキャンペーンに関する不祥事が起きたのか、さらに景品表示法上は問題にならないのか検証しよう。 開始日が記載されていない期間限定キャンペーンは、告知とはいわない 事の発端は、SNS上での以下の画像入りの投稿だった。 「生ビールが何杯飲んでも半額だったから注文したが、会計時に半額になっていなかったので確認すると『予告であって今は実施していない』と言われ半額にされなかった。 フェアの開始日が書いていないのに席に貼られていたら今実施中と思うのが普通では」 一般的にどのような予告・告知であっても、期間限定の場合、開始日と終了日を記載するのは当然のことだ。 その理由は2つある。 一つは、顧客が開始日のない広告を見た時に「もう始まっていたんだ。 いつからだったのかな? もっと早く教えてくれていたら、初日に来たのになあ」といった不信感を抱かれるためだ。 もう一つは、開始日を知らない従業員がそのポスターを見た時に「もう始まっていたんだ。 すぐに店内に掲示しなければ」と、始まってもいないのに慌てて掲示をしてしまうためだ。 スシローは14日付の「お詫びと再発防止策等のお知らせ」で、「今回のキャンペーン告知物で、レーン上に流していた予告用の告知物には開始時期も明記していた」としている。 つまり、開始日を記載する必要性を認識していたことになる。 一方、15日のホームページ上の告知を見ると、すでに始まっているキャンペーンでは開始日が表示されているものと表示されていないものの2種類が掲載されている。 2種類の広告をうまく使い分けることが常態化していたのかもしれないが、非常に危うい運用であり、かつ開始日を表示しないメリットはあまり感じられない。 8日付の「景品表示法違反に関するお詫びと対応策について」には、「具体的なキャンペーン設計、お客さまへの告知方法については、今後様々な方法を試行し、改善活動を継続的に実施してまいります」とあるが、もしもその試行が「開始日を記載しないキャンペーン告知」だったとしたら軽率だったといわざるを得ない。 掲示物以上に会計時の対応(危機管理対応)が事を大きくした 本社や本部側が「従業員には通知していたはずなのに」と思っても後の祭りである。 そもそも、全従業員に会社の方針、行事等を周知徹底させるのは非常に難しい。 朝礼や文書、メール一斉通信等で伝達する側は「通知をした」と思いこんでいても、全員が理解し記憶にとどめることはほぼない。 規模が大きな会社になればなるほど徹底することは困難になる。

スシローの悪質な「マグロ偽装」疑惑 DNA調査を行うと「喧伝されているのとは違うマグロが」(デイリー新潮)


もう少し分かりやすく明記できないものでしょうか」(消費ジャーナリスト) スシローは6月の〝おとり広告〟に続き、7月にもキャンペーン開始日前から『生ビールジョッキ半額』のポスターを店舗に貼り、炎上している。 「今回の広告は、キャンペーンの対象商品以外を誤って注文し、注文したら通常価格になってしまったというケースが多発する恐れがありますね。 で、結局行かないという》 《広告の敗北を体現し過ぎ。 客の勘違いと言えばそれまでですが、見方を変えれば、誤認を誘導しているようにも感じられます。 広告の中央には、大きく〝100円祭り(税込110円)〟と表記されているが、その下に小さな文字で〝一部店舗では、110円(税込121円)120円(税込132円)でのご提供になります〟という注意書きが書かれている。

スシローのおとり広告なぜバレた?内部告発や客の情報提供の可能性を調査した!


おとり広告で現在反省中のはずのスシローがビール半額キャンペーンでまた誤解を招く広告表示か?" title="詐欺 広告 スシロー">
担当記者が言う。 TwitterやYAHOO! ニュースのコメント欄では、『売り切ればかりでおかしいと思っていた』という投稿が相次ぎました」 スシローのプレスリリースより( 他の写真を見る) おまけに、これだけ大きく報道されても、テレビではスシローのCMが流れ続けた。 ニュースのトピックスにも転載された。 「最初に訪れた時はウニを食べることができましたが、キャンペーンの期間中に再訪すると、もう品切れになっていました。 フードサービス・ジャーナリストの千葉哲幸氏は「私もウニが品切れだったことがありました」と言う。

スシロー、また景表法違反?「ビール半額」広告に騙された人、全国規模に発展か


それが SNSを使った調査です。 これはスシロー常連の方で、以前もキャンペーンをやっていて商品提供がなかった、さらに最近同様なことがあった、と感じる人は消費者庁に連絡をする可能性もあります。 なぜ内部告発と言われているのでしょう。 — ライブドアニュース livedoornews スシローのおとり広告が消費者庁から措置命令を受け、それを公表したのはキャンペーンがあった翌年になります。 。

スシロー「おとり広告」で措置命令 “うに かに品切れも宣伝”


読売新聞西部本社が運営する福岡県のローカルウェブメディアです。 新聞社の信頼性・コンテンツ制作能力と、コンソーシアム企業のクリエイティブ力で、貴社のコミュニケーション課題を解決します。 福岡をテーマにした「ささる」話題が「ささっと」読めます。 yomiDr. (ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
スピルバーグ 監督 作品