サンシ 宅配 サービス

第一信販株式会社のホームページへようこそ


人に喜んでいただける仕事に、 一緒にチャレンジしましょう。 私は大卒入社から、約10年間魚売り場を担当し、バイヤー~店長~営業本部などを経て社長になりました。 若いころから、自分の目利きやアイデアでチャレンジができる会社の中で、やりがいを持って働くことができたと感じています。 生活のスタイルや価値観が変わり、宅配事業の増加をはじめ、サービスも変わっていく時代です。 新たにご入社いただく方には、時代に適した斬新なアイデアをこだわりながら実現できる環境で、やりがいを感じていただける会社づくりをしています。 また、サンシは安心して長く働くことができる会社でもあります。 生活スタイルの変化に合わせ、働き方を変えながら、長い間活躍している女性もたくさんいます。 私も皆様と一緒に現場に立ち、チャレンジを続けます。 一緒にお客様に喜んでいただける仕事をしていきましょう。 1947年 株式会社三泗百貨店設立【現一番街店】(四日市市諏訪) 1958年 新店舗を建設し、業種・称号を変更 「総合食料品センター スーパーサンシ」として新装オープン 1973年 スーパーサンシ株式会社設立 ショッピングセンター鈴鹿ハンターに出店(鈴鹿市算所) 1976年 ショッピングセンター日永華陽に出店(四日市市日永) 1978年 いくわ店を開設(四日市市生桑) 1980年 スーパーサンシグループ化 関連会社設立 1983年 サンビーム店を開設(四日市市笹川) 1992年 桜花台店を開設(四日市市桜花台) 1996年 大矢知店を開設(四日市市大矢知) ショッピングセンター亀山エコーに出店(亀山市東御幸) 1999年 河芸店を開設(津市河芸) 2002年 こもの繁盛店を開設(菰野町大字宿野) 2003年 桑名店を開設(桑名市大仲新田) 2007年 みえ川越インター店を開設(三重郡川越) 2017年 明和店を開設(多気郡明和) 2019年 KING Delica 出来立て惣菜コンビニ を開設 1桑名店 宅配 〒511-0947 三重県桑名市大仲新田字新井水下84-1 TEL 0594-33-3934 2みえ川越インター店 〒510-8125 三重県三重郡川越町大字北福崎153 TEL. 059-361-3434 3大矢知店...

会社案内 | 三重県に13店舗を構えるスーパーサンシ株式会社リクルートサイト


そして、そこから地域に根付いた独自のサービスやエコシステムが生まれ、地域活性の役割を担うようになったりしてくると、高齢化社会における地域社会の新たなあり方のようなものが見えてくるのかもしれません。 買い物客のニーズを知るためにも声をかけてあげたり、異変があったら気づいてあげたり、見守り隊としての役割も担っているため、地域にはもはや欠かせない存在になっています。 たとえスーパーが近くにあっても、単身者が増えている昨今、荷物が重くて買いたいものをすべて買えない、そのため何度も家とスーパーを往復しなくてはならない、そんな声をあげる高齢者も少なくはないのです。 「販売パートナー」と呼ばれる個人事業主が提携している地元スーパーから仕入れた商品を載せ、定期的に顧客を回って販売するというスタイルをとっています。 この買い物難民を救う手段の一つとして期待されているのが、買い物代行サービスです。


買い物難民を救え!シニア向けの買い物代行サービスは「地元密着型」" title="宅配 サービス サンシ">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。
サーティワン フレーバー ランキング

「はやぶさ2」は、「はやぶさ」後継機として小惑星サンプルリターンを行うミッションです。「はやぶさ」は世界で初めて小惑星からその表面物質を持ち帰ることに成功しましたが、そのミッションには多くのトラブルがありました。「はやぶさ2」では、「はやぶさ」の経験を生かして、よりトラブルの少ない確実なミッションを目指します。そして、「はやぶさ」が探査した小惑星イトカワ(S型)とは別の種類の小惑星(C型)を探査することにより、惑星の起源だけでなく地球の海の水の起源や生命の原材料をも探求するミッションになります。

  • 「はやぶさ」から「はやぶさ2」へ
    「はやぶさ2」探査機の構成は「はやぶさ」に似ているが、「はやぶさ」の経験を踏まえて、大幅に改良されたものになっている。

「はやぶさ2」は、基本的には「はやぶさ」で行ったサンプルリターン方式を踏襲します。ただし、より確実にミッションを行えるよう、信頼性を高める様々な改良が加えられています。またその一方で、小惑星表面に人工的なクレーターを作り、地下のサンプルを持ち帰るといった、新しい技術を使ったミッションにも挑戦していきます。太陽系天体探査技術を向上させることも、「はやぶさ2」の重要な目的です。

  • S型小惑星からC型小惑星へ
    「はやぶさ」が探査した小惑星イトカワはS型に分類される小惑星であるが、「はやぶさ2」が探査を行う小惑星リュウグウはC型に分類されている。C型小惑星には、水や有機物が多く含まれていると考えられている。

「はやぶさ2」が目指す小惑星は、(162173)リュウグウです。リュウグウはC型の小惑星ですが、太陽系が生まれた頃(今から約46億年前)の水や有機物が、今でも残されていると考えられています。地球の水はどこから来たのか、生命を構成する有機物はどこでできたのか。そのような疑問を解くのが「はやぶさ2」の目的です。また、最初にできたと考えられる微惑星の衝突・破壊・合体を通して、惑星がどのように生まれたのかを調べることも「はやぶさ2」の目的です。つまり、「はやぶさ2」は、太陽系の誕生と生命誕生の秘密に迫るミッションなのです。

  • 2018年に小惑星に到着、2020年に地球帰還を予定

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられました。2015年12月3日の地球スイングバイを経て、2018年には小惑星に到着し、2020年末に地球に帰還する予定です。「はやぶさ2」の新たな挑戦により、太陽系天体への往復探査技術を確実なものにするとともに、太陽系誕生や生命誕生の秘密にさらに近づくことができると期待しています。