ジュゴン 沖縄 生息 数

※絶滅危惧種の「ジュゴン」:その原因、理由とは?


ジュゴンは、沿岸海洋の生態系の重要な生物で、IUCNレッドリストの絶滅危惧種(VU:vulnerable )にランクされています。 そこで、この記事では、琉球諸島のジュゴンの分布を元にして、海の生物多様性の保全を解説します。 ジュゴンの分布と生息適地 このようなジュゴンの分布情報を、明治期から現在まで過去100年間にわたって収集すると、以下のグラフで示したように、膨大なデータ量になります。 横軸が年代で、縦軸がジュゴンの分布が確認された件数です。 1910年から現在まで、ジュゴンが観察された場所を地図化して、ジュゴンの生息適地適正度を計算したのが、以下のグラフ(ジュゴンいるいるマップ)です。 赤・黄色のエリアほど生息適地の適正度が高いことを表します。 沖縄島から宮古・八重山諸島にかけて、沖縄県の全域にジュゴンの生息適地があります。 また、2018年から2020年までの分布データだけで最近数年間のジュゴン分布を予測しても、沖縄島、宮古島、西表島など、沖縄県の全域に分布していることが明らかです。 生物の生息適地の予測手法に興味がある方は、以下の記事もご覧ください。 沖縄県の沿岸海域の生物多様性 次に、ジュゴン以外の生物種の分布を、同様に地図化してみました。 魚類、貝類、海草・藻類、イシサンゴ類、甲殻類、爬虫類(ウミガメ・ウミヘビ)など、沿岸海域の4693種の分布データを整備して、生息適地適正度を網羅的に計算して、実際の分布域(在不在:いるいないエリア)を判定して、各種の分布を重ね合わせて描いた生物種数の地図が以下になります。 赤色のエリアが、種数の豊かな生物多様性のホットスポットです。 保全優先度ランクとは、沿岸海域の様々な生物分類群(植物・脊椎動物・無脊椎動物を網羅した4693種)を統合した保全重要度の指標で、地図の赤色エリアほど、希少種の絶滅リスクを最小化して生物種数を豊かに保つために、最優先で保全すべき海域であることを示しています。 一連の分析に関する解説は、以下の動画でも紹介しているので、ご覧ください。 さて、以上の分析から、ジュゴンの分布、沿岸海域生物種の分布、生物多様性の保全優先度の分布が、明らかになりました。 そして、ここからが本題で、次の問いを検証してみました。 ジュゴンは生物多様性保全のシンボル種として、科学的に定義できるのか? 一般の人たちに、生物多様性や自然環境の重要性を理解してもらいたい時、カリスマ的な生物をシンボルとして訴えると、保護運動が推進されます。 しかし、科学的根拠が不十分で、特定の生物がシンボライズされすぎると、保全の意義が特定の価値観に偏りすぎる弊害もあります。 例えば、動物愛護的な考え方だけでは、保全の科学的合理性の理解が損なわれます。 そこで、 海の生物多様性保全におけるジュゴンの科学的価値を、生物多様性の保全優先度スコアとジュゴンをはじめとする様々な生物分類群の種分布地図を元にして評価したいと考えました。 これが、この分析の意図です。 生物多様性の保全優先度スコアと、各種の相関関係を計算した結果が、以下の表です。 ジュゴンと保全優先度の相関関係が、他の生物分類群の相関に比べて高いことが明らかです。 実際、生物種数マップや保全優先マップと並べてみると、下左図で示した種数が豊かで保全上重要な海域(赤色エリア)と、下右図のジュゴン生息適地が重なっていることが、直感的にもわかります。 ジュゴンの生息に不可欠な環境は、比較的大きな河川の河口に近い内湾の海草藻場です。 藻場は、健全な陸域の環境から干潟やサンゴ礁などの沿岸海域まで、連続的に保たれた場所で発達します。 そのような場所は、ジュゴンだけでなく、様々な海洋生物にとって重要な生息地なのです。 具体的には、沖縄島北中部の東海岸と西海岸の全域、西表島の東海岸や西海岸の海域)が、ジュゴン保全の最も重要な海域です。 ジュゴンを保全する上で、この海域の開発を避けるべきことが明らかです。 生物多様性の保全指標種としてのジュゴン 今回紹介した分析結果から、海の生物多様性保全のシンボル種としての、ジュゴンの科学的価値が証明されました。 ジュゴンは沿岸海域の生物多様性の豊かさを反映し、 ジュゴンが生物多様性保全の指標となるアンブレラ種である事が、一連の分析結果から理解できます。 ジュゴン個体群を保全・再生するために かつて、ジュゴンは沖縄県内で捕獲されており、明治以後の記録によると、年間30頭以上も捕獲された年があります(当山 2011、2014)。 明治27-37年(1894-1904年)の11年間に少なくとも170頭、明治27年~大正5年(1894-1916年)の23年間に最低300頭前後のジュゴン を捕獲したことが報告されています(宇仁 2003)。 100年前の琉球諸島には、十分な数のジュゴンが琉球諸島に広く分布していたのですが、捕獲と沿岸浅海域の開発(埋め立てなど)で、個体群サイズが縮小し現在に至っています。 今回の紹介した分析結果は、ジュゴンの生息できる場所が、今なお沖縄県の広い範囲に及んでいることを示しています。 実際、 私たち研究チームは、これからもジュゴンの生息場所の成り立ちを科学的に評価し、ジュゴン個体群の回復計画、ジュゴンを指標にした海洋生物多様性の保全計画を検討していきたいと思います。 本記事の分析結果に関わる参考論文 Hobbs, J.Frisch, A.Hender, J. 2007. Long-distance oceanic movement of a solitary...

ジュゴンとは?分布・形態・生態などを画像と動画をまじえて解説|沖縄や水族館でも見られる


ジュゴンは光や音に非常に敏感な動物であり、非常に飼育が難しい動物なのですが、セレナは2017年4月15日に来館30年を迎え、今も元気な姿を見せてくれています。 このジュゴンは、以前は沖縄の周辺の海で数十頭~数百頭あまりの数が生息していましたが、現在ではその数はわずか3頭あまりしか観察されておらず、未確認のものを含めても10頭以下だろうと考えられています。 その結果、1800年代後半~1900年代初頭にかけては、約200頭あまりのジュゴンが捕獲、混獲されてしまい、その数が激減することになったのです。 その結果、ジュゴンが生息していた海域では彼らの食物となる海草が減少してしまい、エサ不足に陥り、死んでしまうか、日本の海域からは消えるようになってしまったのです。 ちなみに、ジュゴンの寿命は、大体70年くらいといわれています。

【2018】沖縄のジュゴンの生息数は?沖縄の水族館で飼育されてるの?


ジュゴン @ 動物完全大百科" title="生息 数 沖縄 ジュゴン">
ジュゴンの保護のため、海域の保全に向けた取り組みをお願いします。 不発弾水中爆破時のジュゴンへの配慮のお願い 不発弾を海中で爆破処理する際、ジュゴンへの影響が懸念されることから、県ではジュゴンへの配慮について求めています。 沖縄県は、県が実施したジュゴンの生息状況調査で、令和2年度に古宇利・屋我地島周辺及び伊是名島周辺海域で、令和3年度に伊是名島周辺海域でジュゴンの食み跡を確認していることなどから、ジュゴンは生息していると考えております。 県では、平成29年度に実施したジュゴン生息状況調査や既存のジュゴンやジュゴンの食み跡の目撃情報などをもとに、有識者からなる検討委員会の意見を踏まえ、ジュゴンの餌場として主要な海域として7海域(• ジュゴンを保護するためには、各主体による取り組みがとても重要です。 また、2019年にIUCN海牛類専門家グループを中心とした専門家会議が作成した調査計画(リサーチプラン)に留意しながら調査に取り組んでおり、引き続き生息状況調査を実施するとともに、その結果について随時公表してまいります。

ジュゴンについて |WWFジャパン


体長3メートル。 アマモ類などの海草が育つ、熱帯から亜熱帯の浅い海域に生息。 ジュゴンらしき鳴き声は、2020年の2月から6月にかけて、沖縄防衛局が、大浦湾内の2カ所に設置した水中録音装置が198回にわたり記録しています。 沖縄の海にも生息していますが50頭以下といわれており絶滅寸前の状況です。 先の資料では、この期間に1日あたり20回以上確認された日が、3回もあります。

ジュゴン保護対策・目撃情報について/沖縄県


その授乳している姿が、人間と似ていたため勘違いされました。 ジュゴンが藻場で食事をすると、特徴的な痕跡 こんせき が残ります。 水族館で飼育されているジュゴンは、平均にすると10年ほどで亡くなってしまうことが多いです。 出典: ジュゴンの寿命はどれくらいなの? ジュゴンの寿命は、野生と飼育下では大きく変わります。

2020-12-16サニックス ラグビー 高校 2022 結果

コンビニ マカロン

歩いて約5分の所に浜辺付き公園があるUR賃貸

ジン モンスト

使い勝手が良いメゾネットタイプ!