シャウト イット アウト

キリンジの歌詞一覧リスト


Bosanski• Dansk• Deutsch• English• Suomi• Magyar• Bahasa Indonesia• Italiano• 한국어• Nederlands• Polski• Simple English• Shqip• シャウト イット アウト ティアーズ・フォー・フィアーズ( Tears for Fears)は、 初期は バンド名の由来 [ ] 心理学者 来歴 [ ] デビュー以前 [ ] 両親の離婚に伴い ティアーズ・フォー・フィアーズ始動以前に彼らが活動していたバンドには アルバム『ザ・ハーティング』 [ ] ローランドとカートは2人が核となる音楽を求めて、ティアーズ・フォー・フィアーズ(以下、TFF)の名称で活動を始めた。 間もなくしてフォノグラムと契約し、1981年10月、デビュー・シングル「悩める子供達」をリリース。 ヒットこそしなかったものの良好な しかし次のシングル「ザ・ウェイ・ユー・アー」がヒットせず、息切れを見せた彼らは休養し、新たなアイデア作りの時間をとるため、音楽シーンから一旦姿を消す。 アルバム『シャウト』 [ ] 約1年近いブランクの間、彼らは新しいTFFサウンドを練り直すことに専念していた。 イアン・スタンリー、マニー・エリアス、そして5番目のメンバー的な存在となっていたプロデューサーの ツアーに次ぐツアーの日々で疲れ果てたローランドとカートは、お互いの仲も悪化し、解散を意識するまでに至る。 そんなとき、 アルバム『シーズ・オブ・ラヴ』 [ ] カンザスシティでの オリータのボーカルとピアノに加え、 前作から約4年ぶりの活動再開であったが、1989年8月にリリースされたシングル「シーズ・オブ・ラヴ」は全英5位、全米2位となり、またアルバム『 カート・スミス脱退 [ ] 全世界から大好評をもって迎えられた『シーズ・オブ・ラヴ』ツアーだったが、その最中にローランドとカートの不和が表面化する。 多くのミュージシャンが参加したイベント・ライブ「...

ラディカルパワーとパワーカーディオの曲・動画


」 千年紀末の雪に独り語ちた 君が待つのは世界の良い子の手紙 君の暖炉の火を守る人はいない 永久凍土の底に愛がある 玩具と引き替えに何を貰う? My Old シャウト イット アウト さあ、どうぞ 帝都随一のサウンドシステム 響かせて 摩天楼は夜に香る化粧瓶 千年紀末の雪! 嗚呼、東京の空を飛ぶ夢をみたよ 君が待つのは世界の良い子の手紙 君の暖炉の火を守る人はいない この永久凍土も溶ける日がくる 玩具と引き替えに都市が沈む My シャウト イット アウト Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ 知らない街のホテルで静かに食事 遊ばないかと少女の娼婦が誘う 冷たい枕の裏に愛がある 夜風を遠く聞く 歯を磨く My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ さあ、どうぞ 戸惑いに泣く子供らと嘲笑う大人と 恋人はサンタクロース 意外と背は低い 悲しげな善意の使者よ あいつの孤独の深さに誰も手を伸ばさない 歩行者天国 そこはソリなんて無理 横切ろうとするなんて気は確かかい? 「赤いオニがきたよ」と洒落てみるか 遅れてここに来たその訳さえ言わない 気弱なその真心は哀れを誘う 永久凍土の底に愛がある 玩具と引き替えに何を貰う? My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ さあ、どうぞ 砂漠に水を蒔くなんておかしな男さ 「ごらん、神々を 祭りあげた歌も、貶める言葉も今は尽きた。 」 と歌ってる 漕ぎだそうよ 朝が来てしまう 風は無い 闇に呑まれた星ぼし ひとりぼっちの灯台守 僕を導いてくれないか 小さな舟だ 見えるだろ アンモナイトが響く 「おーい馬鹿よ、オールを抱いたまま死ぬがいい。 」 千年紀末の雪に独り語ちた 君が待つのは世界の良い子の手紙 君の暖炉の火を守る人はいない 永久凍土の底に愛がある 玩具と引き替えに何を貰う? My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ さあ、どうぞ 帝都随一のサウンドシステム 響かせて 摩天楼は夜に香る化粧瓶 千年紀末の雪! 嗚呼、東京の空を飛ぶ夢をみたよ 君が待つのは世界の良い子の手紙 君の暖炉の火を守る人はいない この永久凍土も溶ける日がくる 玩具と引き替えに都市が沈む My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ 知らない街のホテルで静かに食事 遊ばないかと少女の娼婦が誘う 冷たい枕の裏に愛がある 夜風を遠く聞く 歯を磨く My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ さあ、どうぞ 早春 雪の下には春だぜ 前足で探る君よ 枝をくぐり 川を走れ 山が光っているだろう ぬかる道で躍るのかい 尻尾が千切れそう 遠くで呼んでいる wake up wake up wake up wake up ヒバリ ツグミ オオルリ ウグイス wake up wake up wake up wake up キジが鳴いた ツバメは見たか 東の風 待ちわびて 石を投げる日々 足もとをごらんよ wake up wake up wake up wake up スミレ ナズナ アザミ ハルジオン wake up wake up wake up wake up ウメは咲いた サクラはまだか 雪の下には春だぜ 前足で探る君よ 枝をくぐり 川を走れ 山が光っているだろう ぬかる道で躍るのかい 尻尾が千切れそう 遠くで呼んでいる wake up wake up wake up wake up ヒバリ ツグミ オオルリ ウグイス wake up wake up wake up シャウト イット アウト up キジが鳴いた ツバメは見たか 東の風 待ちわびて 石を投げる日々 足もとをごらんよ wake up wake up wake up wake up スミレ ナズナ アザミ ハルジオン wake up wake up wake up wake up ウメは咲いた サクラはまだか 空飛ぶ深海魚 にじんだ月の影を 見上げて 僕ら海の底 真夜中の滑り台を 駆けあがって ひらり 空を飛ぶ 明けない夜の向こうへ 流れ星が手招いている 僕らも エデンを探そう トラックも暴走族も 遠く響いて 潮騒のよう 真夜中の逆上がりなら 地球を蹴って ふわり ビルを越え ぶあつい雲の向こうへ 商店街が遠のいていく 僕らの 町が小さくなる 空を飛ぶ 明けない夜の向こうへ 流れ星が手招いて消える 僕らの エデンはどこにある にじんだ月の影を 見上げて 僕ら海の底 真夜中の滑り台を 駆けあがって ひらり 空を飛ぶ 明けない夜の向こうへ 流れ星が手招いている 僕らも エデンを探そう トラックも暴走族も 遠く響いて 潮騒のよう 真夜中の逆上がりなら 地球を蹴って ふわり ビルを越え ぶあつい雲の向こうへ 商店街が遠のいていく 僕らの 町が小さくなる 空を飛ぶ 明けない夜の向こうへ 流れ星が手招いて消える 僕らの エデンはどこにある それもきっとしあわせ 好きな人がいて愛されたのなら それはきっと幸せ 着たい服を着て 言いたいこと言えば それもきっと幸せ 夜と朝のあいだを 跳んで渡れば この足音だけが 通りに響いて 迷いも消える 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 不幸になってもかまわない 石の階段に伸びる影ジグザグ 翔け登ったあの頃 幼い夢は綿飴のように 萎んでしまったけれど 葉桜の向こうがわ 顔をあげると 夏の雲が見えた そんなはずないのに 見たよ、確かに 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 一人の部屋も怖くない 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 一人になっても 歌いたい歌がある 私には伝えたい想いがある そのためになら そのためになら 不幸になってもかまわない 好きな人がいて愛されたのなら それはきっと幸せ 着たい服を着て 言いたいこと言えば それもきっと幸せ 夜と朝のあいだを 跳んで渡れば この足音だけが 通りに響いて 迷いも消える 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 不幸になってもかまわない 石の階段に伸びる影ジグザグ 翔け登ったあの頃 幼い夢は綿飴のように 萎んでしまったけれど 葉桜の向こうがわ 顔をあげると 夏の雲が見えた そんなはずないのに 見たよ、確かに 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 一人の部屋も怖くない 歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある そのためになら そのためになら 一人になっても 歌いたい歌がある 私には伝えたい想いがある そのためになら そのためになら 不幸になってもかまわない 台風一過 なぎ倒された木に片足をかけたら 村一番の勇者、化け物退治の図 骨折れ損の傘と打ちひしがれた花 ずぶ濡れの体育着 トタンは跳ねたまま 雲ひとつない空 すべてが鮮やか 台風が過ぎ去ったら 世界はニュープリント 最高のリマスタリング 膨らんだスカートは風を孕んだから 飛び散らかり放題 ゴミさえ輝いている 瓦が落ちてきて車の窓を割った 電線はちぎれてデタラメのダイアグラム 放課後の窓から吹きこぼれるハーモニー 郵便配達も上着を脱いでいる 雲ひとつない空 すべてが鮮やか 額に汗にじんだら ビールが飲みたいだろう 旨いもの食べよ どこまでも青くて すべてが鮮やか 台風が過ぎ去ったら 世界はニュープリント 最高のリマスタリング 膨らんだスカートは希望で満ちている 飛び散らかり放題 ゴミの中で生きている なぎ倒された木に片足をかけたら 村一番の勇者、化け物退治の図 骨折れ損の傘と打ちひしがれた花 ずぶ濡れの体育着 トタンは跳ねたまま 雲ひとつない空 すべてが鮮やか 台風が過ぎ去ったら 世界はニュープリント 最高のリマスタリング 膨らんだスカートは風を孕んだから 飛び散らかり放題 ゴミさえ輝いている 瓦が落ちてきて車の窓を割った 電線はちぎれてデタラメのダイアグラム 放課後の窓から吹きこぼれるハーモニー 郵便配達も上着を脱いでいる 雲ひとつない空 すべてが鮮やか 額に汗にじんだら ビールが飲みたいだろう 旨いもの食べよ どこまでも青くて すべてが鮮やか 台風が過ぎ去ったら 世界はニュープリント 最高のリマスタリング 膨らんだスカートは希望で満ちている 飛び散らかり放題 ゴミの中で生きている 太陽とヴィーナス 時は2015年 陽炎も買える街 西に消えてく今日にいまクラクション高く鳴く 首をつたう汗の そのルートをねじ伏せて 胸の高鳴るほうへ 首都高速くぐるのさ 甘く匂う果実 ほおばって投げ棄てた キミの微熱は今にあの宇宙 そら も焦がすだろう 道を急ぐさ 照らせよヴィーナス 遠く遠く遠く はなれたあの太陽を目指すのさ その焔は 憧れに咲く花のようで 熟れすぎた夢を 小さな運命に焼きつけた 時を告げるラジオ 流れ出す小夜曲 西に消えてく今日に いざ! スロットル吹かすのさ 今宵流れる風景は 冗舌に語りだす うしろ髪より強く引かれる物語を 道を急ぐさ 照らせよヴィーナス 遠く遠く遠く はなれたあの太陽を目指すのさ その光りは 旅の始まり告げるようで 朽ちかけた夢も オーロラ色に染めあげる 時は2015年 陽炎も買える街 西に消えてく今日にいまクラクション高く鳴く 首をつたう汗の そのルートをねじ伏せて 胸の高鳴るほうへ 首都高速くぐるのさ 甘く匂う果実 ほおばって投げ棄てた キミの微熱は今にあの宇宙 そら も焦がすだろう 道を急ぐさ 照らせよヴィーナス 遠く遠く遠く はなれたあの太陽を目指すのさ その焔は 憧れに咲く花のようで 熟れすぎた夢を 小さな運命に焼きつけた 時を告げるラジオ 流れ出す小夜曲 西に消えてく今日に いざ! スロットル吹かすのさ 今宵流れる風景は 冗舌に語りだす うしろ髪より強く引かれる物語を 道を急ぐさ 照らせよヴィーナス 遠く遠く遠く はなれたあの太陽を目指すのさ シャウト イット アウト 旅の始まり告げるようで 朽ちかけた夢も オーロラ色に染めあげる タンデム・ラナウェイ ホテルに着いたら コンシェルジュに尋ねよう 亡くした季節 見つかるルートはあるか、と 木々も町並みも 言葉も飛び去っていけよ 風になれない もどかしさ 振り切る tandem runaways 来た道は忘れよう いいのさ 走り出したら誰も 決して戻れない そういう旅だ 君は気付いてる いい歳になっても 旅慣れたふり続ける 僕は迷子なんだと 人生って不思議さ すべてが手遅れのようでいて 始まったばかり そんな気もするね 僕は判っている 君の瞳の静けさ 気付かないふり続ける 優しい女なんだ 始まったばかり そんな気もするね 夜が明ける頃に 龍の背に飛び乗ろう 抱きしめてくれ 君を振り落とさないように 強く 痛いほどに tandem runaways ホテルに着いたら コンシェルジュに尋ねよう 亡くした季節 見つかるルートはあるか、と 木々も町並みも 言葉も飛び去っていけよ 風になれない もどかしさ シャウト イット アウト tandem runaways 来た道は忘れよう いいのさ 走り出したら誰も 決して戻れない そういう旅だ 君は気付いてる いい歳になっても 旅慣れたふり続ける 僕は迷子なんだと 人生って不思議さ すべてが手遅れのようでいて 始まったばかり そんな気もするね 僕は判っている 君の瞳の静けさ 気付かないふり続ける 優しい女なんだ 始まったばかり そんな気もするね 夜が明ける頃に 龍の背に飛び乗ろう 抱きしめてくれ 君を振り落とさないように 強く 痛いほどに tandem runaways 代官山エレジー ニットのマフラー寒そうに 君は何かを口ごもる 風の木の葉が見つめ合う 視線断ち切る 泣き言をつぶやくな 空模様 毎日君だけ見つめて生きてたから 胸の切り抜きは 君のかたちさ くすぐったいキスをした さっきの洋梨タルト 甘酸っぱい息がした 最後の最後のキスさ 赤いバスが今君をさらうまで 落ち込む顔は見せたくない ジャンケンしたの覚えてる? 勝ったら未来あげるって あせってチョキをだしたから 愛も破けた 性格は天の邪鬼 だったから哀しい夜にはふざけてお道化たけど 今夜限りだね 君のわがまま くすぐったい時が過ぎ 心はこんがらがった 甘酸っぱい日々のあと こんなに痛いさよなら わざと邪険にね背中向けたのは 涙を誤魔化していただけ 胸の切り抜きは君のかたちさ くすぐったい時が過ぎ 心はこんがらがった 甘酸っぱい日々のあと こんなに痛いさよなら わざと邪険にね背中向けたのは 涙を誤魔化していただけ くすぐったいキスをした 別れの洋梨タルト 甘酸っぱい夢を見た 通りに面したカフェで ぼくは死ぬ日まで君を忘れない 電話のメモリーは消しても ニットのマフラー寒そうに 君は何かを口ごもる 風の木の葉が見つめ合う 視線断ち切る 泣き言をつぶやくな 空模様 毎日君だけ見つめて生きてたから 胸の切り抜きは 君のかたちさ くすぐったいキスをした さっきの洋梨タルト 甘酸っぱい息がした 最後の最後のキスさ 赤いバスが今君をさらうまで 落ち込む顔は見せたくない ジャンケンしたの覚えてる? 勝ったら未来あげるって あせってチョキをだしたから 愛も破けた 性格は天の邪鬼 だったから哀しい夜にはふざけてお道化たけど 今夜限りだね 君のわがまま くすぐったい時が過ぎ 心はこんがらがった 甘酸っぱい日々のあと こんなに痛いさよなら わざと邪険にね背中向けたのは 涙を誤魔化していただけ 胸の切り抜きは君のかたちさ くすぐったい時が過ぎ 心はこんがらがった 甘酸っぱい日々のあと こんなに痛いさよなら わざと邪険にね背中向けたのは 涙を誤魔化していただけ くすぐったいキスをした 別れの洋梨タルト 甘酸っぱい夢を見た 通りに面したカフェで ぼくは死ぬ日まで君を忘れない 電話のメモリーは消しても ダンボールの宮殿 砂漠の雪なら一匙いくらで売れる? 祈りはとにかく高くつく 世の常さ 紙切れつかんだ地団太が地下鉄 メトロ に響く 無節操なカモをごらん 悪党ばかり 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ねあがる夜 身の程知らずの名士 血を吸うカメラの餌食 その愚かさに自らを恥じ入る夜 名を騙 かた った崇り、はたまた債務の亡霊 昨日がサギなら明日はカモ 誰の歌? なまあたたかい夜霧は何かの前触れか? 支店長はここから舞い降りたのか 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ねあがる夜 私服の刑事はカジュアル 物腰はやけにソフト 拷問はまさにディープなナイスミドル Thank you for let me be myself! 鉄の仮面、ようやく剥がれて 仕事も家も今はもうない 俺は俺でしかない 緋色のダンボールの宮殿 パレス 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ね上がる夜 身の程知らずの名士 冷やかしはよせよクルーナー グランギニョールは 今日もどこかでだれか 砂漠の雪なら一匙いくらで売れる? 祈りはとにかく高くつく 世の常さ 紙切れつかんだ地団太が地下鉄 メトロ に響く 無節操なカモをごらん 悪党ばかり 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ねあがる夜 身の程知らずの名士 血を吸うカメラの餌食 その愚かさに自らを恥じ入る夜 名を騙 かた った崇り、はたまた債務の亡霊 昨日がサギなら明日はカモ 誰の歌? なまあたたかい夜霧は何かの前触れか? 支店長はここから舞い降りたのか 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ねあがる夜 私服の刑事はカジュアル 物腰はやけにソフト 拷問はまさにディープなナイスミドル Thank you for let me be myself! 鉄の仮面、ようやく剥がれて 仕事も家も今はもうない 俺は俺でしかない 緋色のダンボールの宮殿 パレス 負け犬は路地で嘔吐 真夏にキャメルのコート 冷たい汗の濃度が跳ね上がる夜 身の程知らずの名士 冷やかしはよせよクルーナー グランギニョールは 今日もどこかでだれか 小さなおとなたち 寒空の観覧車 ここまで降りてこい 濡れたベンチ コーヒーカップ 通りをバスが渋々と 膝と膝あわせて つがいのリスみたい 浦島太郎 地上に戻って 別世界ならばいいね 風吹け吹けぴいぷう吹け 頬を打て 樹々を揺らせ 浮かぶよ さあ、雲まで 小さな街の 小さな夢が 小さな溜め息に 駆け抜けるジェットコースター 両手を高くあげ 握りしめた大人一枚 飛ばされていった どこへ 風吹け吹けぴいぷう吹け 頬を打て 樹々を揺らせ 浮かぶよ さあ、雲まで 小さな街の 小さな家の 小さな大人たち さよなら誰かさん 手を振る人よ 雨あがりの街 光る空に渡り鳥一羽 ゴンドラの窓から 冬の虹を見たかい 石のように弾む心 明日があるさ 明日があるさ あしたがある またあした 寒空の観覧車 ここまで降りてこい 濡れたベンチ コーヒーカップ 通りをバスが渋々と 膝と膝あわせて つがいのリスみたい 浦島太郎 地上に戻って 別世界ならばいいね 風吹け吹けぴいぷう吹け 頬を打て 樹々を揺らせ 浮かぶよ さあ、雲まで 小さな街の 小さな夢が 小さな溜め息に 駆け抜けるジェットコースター 両手を高くあげ 握りしめた大人一枚 飛ばされていった どこへ 風吹け吹けぴいぷう吹け 頬を打て 樹々を揺らせ 浮かぶよ さあ、雲まで 小さな街の 小さな家の 小さな大人たち さよなら誰かさん 手を振る人よ 雨あがりの街 光る空に渡り鳥一羽 ゴンドラの窓から 冬の虹を見たかい 石のように弾む心 明日があるさ 明日があるさ あしたがある またあした CHANT!!!! 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう 冷めたコーヒー 熱いコンクリート 眠らぬ都市に降る目覚め 太陽を迎えよう 彼方 朝焼けに 僕らは 思い出す 別の夕暮れ 誰かの惑星 どこまでも 連なるシグナル 続く「青」の中を 進む 太陽を迎えよう ビルを越え 訪れる今日を迎えよう ランナー 加速する 大通りに 風が吹く 別の栄光へ クラクションの賛美歌 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう プラットフォームで 輝ける今日を迎えよう 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう 冷めたコーヒー 熱いコンクリート 眠らぬ都市に降る目覚め 太陽を迎えよう 彼方 朝焼けに 僕らは 思い出す 別の夕暮れ 誰かの惑星 どこまでも 連なるシグナル 続く「青」の中を 進む 太陽を迎えよう ビルを越え 訪れる今日を迎えよう ランナー 加速する 大通りに 風が吹く 別の栄光へ クラクションの賛美歌 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう プラットフォームで 輝ける今日を迎えよう 地を這う者に翼はいらぬ 伽藍堂 がらんどう の空を飛ぶ猛禽類 もうきんるい にわなないて 銃を抱えて立てこもるでもなく 雨に撃たれてわめき泣きもせず うつ伏せる蜥蜴 青冷めた背中を摩って 腹這いのララバイ歌う 皮を剥がされた奴の尾てい骨を蹴るシナリオ 「ようこそ現世 ここ シャウト イット アウト 」 逃げられないぜ、クーニャン 断ち切ったとしても直にまた生える それが運命だね 青冷めた背中を摩って バーレスクに涙は無用 俺との明日にはもはや夢など持てぬ、言うのなら去けよ タピオカの風呂に浸って 君を抱く心地を思い出してる 中指で 「ようこそ現世 ここ ヘ! 」 取り戻すよ、我を 地を這う者に翼はいらぬ、と 腹を括ったぜ 我が顔を手で覆い泣く サヨナラさ グッバイ、メンズ・メンズ・ワールド 燦ざめく朝を抱いて サヨナラさ グッバイ、メンズ・メンズ・ワールド! 伽藍堂 がらんどう の空を飛ぶ猛禽類 もうきんるい にわなないて 銃を抱えて立てこもるでもなく 雨に撃たれてわめき泣きもせず うつ伏せる蜥蜴 青冷めた背中を摩って 腹這いのララバイ歌う 皮を剥がされた奴の尾てい骨を蹴るシナリオ 「ようこそ現世 ここ へ! 」 逃げられないぜ、クーニャン 断ち切ったとしても直にまた生える それが運命だね 青冷めた背中を摩って バーレスクに涙は無用 俺との明日にはもはや夢など持てぬ、言うのなら去けよ タピオカの風呂に浸って 君を抱く心地を思い出してる 中指で 「ようこそ現世 ここ ヘ! 」 取り戻すよ、我を 地を這う者に翼はいらぬ、と 腹を括ったぜ 我が顔を手で覆い泣く サヨナラさ グッバイ、メンズ・メンズ・ワールド 燦ざめく朝を抱いて サヨナラさ グッバイ、メンズ・メンズ・ワールド! 手影絵 楽しや 影遊び あかりはひとつだけ シャウト イット アウト おぼえたての手話のようにぎこちなく おかしなポーズは 異国の巫女のよう 白黒の夢をみて 指をからめている君の愛しさよ クラゲなのかキノコか 魔女はラクダ�.。 ルーティーン 君の全てを かき消すぜ 優しげなウソの温もりも 君の全てを 葬りたい プライドも 涙も 血も無いっ 悪夢かと 目覚める ところが実際 君は消えた 窓の向こう 街は 新しいサンシャイン 普通の火曜日 そうだ いつもと同じさ サプリメントを 頬ばる おいでよ TV コーヒーを入れよう シャツとパンツを 決めたら やたら ゆっくりと 髭を剃るさ そうだ いつもと同じさ グッバイ・マイ・ラヴ 抱きしめる 目の前のルーティーン 君の全てを かき消すぜ 飾りの涙を 微笑も バスと私鉄 上手く 乗り継いで出勤 ここじゃセンパイだ ユニフォームを 着たなら 10時間 変身 在庫整理 そうだ いつもと同じさ グッバイ・マイ・ラヴ くちづける ヘイ カモン! 透きとおる憂鬱 橋の上からオートバイが 跳ねを広げて飛び立つ 向こうの岸に永遠が見えているぜ こんな晴れの日は 空蝉の中に 琥珀色の時間が 流れている 一瞬で何かを悟って 水面が光って見失うのさ feel so good! 透きとおる憂鬱 空が落ちた! 風向きが今、変わった 風向きが今、変わったのさ 夕陽が迫って潰れそう 空が落ちた! 夕陽が迫って潰されそう 夢は果てなく すべてが移ろう そして思い出す 今日の日を 掃射砲のような雨が 夏草を撃ちぬいてゆく 水飛沫の冠を肩に乗せ 渡って歩いた 川底に身を潜め 濁流をやり過ごす 長い雨を抜けた朝ならば 水に浅く沈んで 冠水橋はゆらゆらと輝く 影のように 水面を走って渡れそう 水面を走って渡れるのさ feel so good! 透きとおる憂鬱 橋の上からオートバイが 跳ねを広げて飛び立つ 向こうの岸に永遠が見えているぜ こんな晴れの日は 空蝉の中に 琥珀色の時間が 流れている 一瞬で何かを悟って 水面が光って見失うのさ feel so good! 贈るよ this song for you 祈りを捧げたくなる夜 Birthday party's on! 踊るなら cheek to cheek 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone あなたが優しく 蝋燭を吹き消せば 今夜は十五夜 シーツの隙間に 差し込む月あかり Birthday party's on! 煌めく the land of sweets あの王女のように振る舞おう! Birthday party's on! バスルームは discotheque 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone だけど今夜は最高さ Birthday party's on! 今日の日が終わる また生きていけるね 明日も Birthday party's on! めくるめく life goes on 微笑んでる君は miss baby universe 星空に漕ぎだそう Birthday party's on! 贈るよ this song for you きっとすべてがうまく行くだろう Birthday party's on! 踊るなら cheek to cheek 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone 流れ星が一つ 街のどこかに落ちた 何かが起こりそうな 夜霧は包む 懐かしの近未来 世界は憂鬱 いつでも残酷 だけど今夜は最高 Birthday party's on! 贈るよ this song for you 祈りを捧げたくなる夜 Birthday party's on! 踊るなら cheek to cheek 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone あなたが優しく 蝋燭を吹き消せば 今夜は十五夜 シーツの隙間に 差し込む月あかり Birthday party's on! 煌めく the land of sweets あの王女のように振る舞おう! Birthday party's on! バスルームは discotheque 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone だけど今夜は最高さ Birthday party's on! 今日の日が終わる また生きていけるね 明日も Birthday party's on! めくるめく life goes on 微笑んでる君は miss baby universe 星空に漕ぎだそう Birthday party's on! 贈るよ this song for you きっとすべてがうまく行くだろう Birthday party's on! 踊るなら cheek to cheek 嬉しい日がみんなにひとつずつ happy birthday to everyone 切り花 宵の花屋の眩しさに戸惑う 足早に過ぎる人 小糠雨の中を 知っているのか 花びらの噴くわけを 真水を啜りながら赤く映るわけを 濡れるガラスの向こうに ひしめき生きる切り花 実をなし花をなせるもの 実のない花 花のない実 実らず咲かずして地に還る花の名は何? と問えば 人はひとりの夕映えを握りしめる 吊り革を掴む手のもう片方の手に 軋む車窓の向こうに うつむき揺れる切り花 実をなし花をなせるもの 実のない花 花のない実 実らず咲かずして地に還る花の名は何? と問えば 花の名は何? と問えば 笑いさざめく子供らが駆けてゆく 水溜まり跨ぐ人 生い繁る 傘の森 修羅の生 む せる屋根よ 宵の花屋の眩しさに戸惑う 足早に過ぎる人 小糠雨の中を 知っているのか 花びらの噴くわけを 真水を啜りながら赤く映るわけを 濡れるガラスの向こうに ひしめき生きる切り花 実をなし花をなせるもの 実のない花 花のない実 実らず咲かずして地に還る花の名は何? と問えば 人はひとりの夕映えを握りしめる 吊り革を掴む手のもう片方の手に 軋む車窓の向こうに うつむき揺れる切り花 実をなし花をなせるもの 実のない花 花のない実 実らず咲かずして地に還る花の名は何? と問えば 花の名は何? と問えば 笑いさざめく子供らが駆けてゆく 水溜まり跨ぐ人 生い繁る 傘の森 修羅の生 む せる屋根よ 銀砂子のピンボール さぁ夜だ 街に出るさ 笑い話のひとつも連れて ひるがえし洒落に身を包んだら 賑わうほうへ目も醒めるよなクロール ヘイ!鳴らせバンジョー 僕はここさ ミラーボールの礫を浴びて 戯れに煙の輪をくぐるよ それでは 今宵ロデオはチャールストンで そら 名うての僕を 投げ縄でタントウシャが狙ってる 誰かが高く啼けば 狭い通りは谺 こだま で返す 楽しいから素直に手を叩くさ ハレルーヤ 恋人たちのパントマイムは 月に満ちるほどに あ~ぁ!? 佳境へと深く潜り込むのさ ヘイ!鳴らせバンジョー 僕はここで 夏の終わりの夢を手操るさ 手に入れたリンゴに歯形をつけて 投げれば 見ろ 銀砂子のピンボールだ 眠れなきゃそれでいいさ 明け方に感嘆符を放つから さぁ夜だ 街に出るさ 笑い話のひとつも連れて ひるがえし洒落に身を包んだら 賑わうほうへ目も醒めるよなクロール ヘイ!鳴らせバンジョー 僕はここさ シャウト イット アウト 戯れに煙の輪をくぐるよ それでは 今宵ロデオはチャールストンで そら 名うての僕を 投げ縄でタントウシャが狙ってる 誰かが高く啼けば 狭い通りは谺 こだま で返す 楽しいから素直に手を叩くさ ハレルーヤ 恋人たちのパントマイムは 月に満ちるほどに あ~ぁ!? 佳境へと深く潜り込むのさ ヘイ!鳴らせバンジョー 僕はここで 夏の終わりの夢を手操るさ 手に入れたリンゴに歯形をつけて 投げれば 見ろ 銀砂子のピンボールだ 眠れなきゃそれでいいさ 明け方に感嘆符を放つから 曇り空 二階の窓を開け放したら 霧が部屋まで流れてきそう やさしい雨が降ってくるのを ずっとぼんやり待っていたのよ きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きまぐれだって おこらないでね 本気で好きになりそうだから 約束だけは気にしてたけど 急にやぶってみたくなったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの 二階の窓を開け放したら 霧が部屋まで流れてきそう やさしい雨が降ってくるのを ずっとぼんやり待っていたのよ きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きまぐれだって おこらないでね 本気で好きになりそうだから 約束だけは気にしてたけど 急にやぶってみたくなったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの 車と女 春めく フェアレディ うわの空に 想い出の雲をつかむよ 占う そのカード ばらまいたら ブランニューなロマンスをしようぜっ! 麗しのサブリナでさえ 羨む 100色の トランク積んで 旅立ちに くちづけ 春先のマジシャンは イカサマめいた手捌きで 陽炎に消えゆく 若き二人のシルエット 映画の如く決めるぜ 蠢く フェアレディ 腕の中で また物憂げな表情か 破れた 写真を 張り合わせて それだけじゃ傷は癒せないぜ わかり合えなかった時間を 紐解き 車から 投げて捨てな 溜息に くちづけ 旅立ちの憂鬱さは 誰にもよくあることさ 降り出した雨と風 花びらを散らせ YEAH! 新たなシーンの幕開け 嵐のアプローズ つつまれて 旅立ちに くちづけ 春先のマジシャンは イカサマめいた手捌きで 陽炎に消えゆく 若き二人のシルエット 映画の如く決めるぜ 溜息に くちづけ 旅立ちの憂鬱さは 誰にもよくあることさ 降り出した雨と風 花びらを散らせ YEAH! 新たなシーンの幕開け 嵐のアプローズ つつまれて 春めく フェアレディ うわの空に 想い出の雲をつかむよ 占う そのカード ばらまいたら ブランニューなロマンスをしようぜっ! 麗しのサブリナでさえ 羨む 100色の トランク積んで 旅立ちに くちづけ 春先のマジシャンは イカサマめいた手捌きで 陽炎に消えゆく 若き二人のシルエット 映画の如く決めるぜ 蠢く フェアレディ 腕の中で また物憂げな表情か 破れた 写真を 張り合わせて それだけじゃ傷は癒せないぜ わかり合えなかった時間を 紐解き 車から 投げて捨てな 溜息に くちづけ 旅立ちの憂鬱さは 誰にもよくあることさ 降り出した雨と風 花びらを散らせ YEAH! 新たなシーンの幕開け 嵐のアプローズ つつまれて 旅立ちに くちづけ 春先のマジシャンは イカサマめいた手捌きで 陽炎に消えゆく 若き二人のシルエット 映画の如く決めるぜ 溜息に くちづけ 旅立ちの憂鬱さは 誰にもよくあることさ 降り出した雨と風 花びらを散らせ YEAH! 新たなシーンの幕開け 嵐のアプローズ つつまれて クレイジー・サマー 奴らの夕暮れ あぁ 君のまばろし クレイジー・サマー 寄せては返す波と光の中 砂をつかむ思い 誰かが笑って 空に舞う円盤 あの日も君とそうさ こんなザワメキの中で 乱暴に愛した 夏の終わり サンセット… ばか騒ぎの海で 今も僕は溺れている 特別な瞳 ありふれてた嘘の 底深くに クレイジー・サマー 掻き消された注意報 サヨナラを前に きっとどうかしてた 大人の面 つら で サンセット… ばか騒ぎの彼方で 今も僕は溺れたままさ 全て打ちのめした あの嵐のような 淡い季節に 奴らの夕暮れ あぁ 君のまばろし クレイジー・サマー 寄せては返す波と光の中 砂をつかむ思い 誰かが笑って 空に舞う円盤 あの日も君とそうさ こんなザワメキの中で 乱暴に愛した 夏の終わり サンセット… ばか騒ぎの海で 今も僕は溺れている 特別な瞳 ありふれてた嘘の 底深くに クレイジー・サマー 掻き消された注意報 サヨナラを前に きっとどうかしてた 大人の面 つら で サンセット… ばか騒ぎの彼方で 今も僕は溺れたままさ 全て打ちのめした あの嵐のような 淡い季節に グッデイ・グッバイ レイディ 張り手うって逃げた大通りを デイドリーム もて余して坊やは風船を放つ そうさ アルバイトがビラを配り 学生がはしゃぐ午後 花盛った街で グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? ドライバー 鳴らすクラクションも色とりどりで 道路を渡りきって 老婆はフーテンと笑う そうさ 赤信号と胸騒ぎが 街をくすぐる午後 鼻唄はブルーさ グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? 地下鉄は袋小路で終点 真夜中のつぶやきは フレーズだけが鋭っては トンネルを削り 爪が痩せてく そうさ肩透かしの向かい風に 背中を流す午後 鼻唄とブルーズマン グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 遠く風船が グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ シャウト イット アウト いいだろ? グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? レイディ 張り手うって逃げた大通りを デイドリーム もて余して坊やは風船を放つ そうさ アルバイトがビラを配り 学生がはしゃぐ午後 花盛った街で グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? ドライバー 鳴らすクラクションも色とりどりで 道路を渡りきって 老婆はフーテンと笑う そうさ 赤信号と胸騒ぎが 街をくすぐる午後 鼻唄はブルーさ グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ シャウト イット アウト らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? 地下鉄は袋小路で終点 真夜中のつぶやきは フレーズだけが鋭っては トンネルを削り 爪が痩せてく そうさ肩透かしの向かい風に 背中を流す午後 鼻唄とブルーズマン グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 遠く風船が グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? グッデイ 誰か さぁ僕と グッバイ 話さないか らららららら… 歌う号外さ グッデイ 見知らぬ人なら グッバイ 誰でもいいのさ ねぇ、お喋りを いいだろ? グレイハウンド・マン Album Ver. 日付を今 夜行バスが跨ぐよ ロングロングウェイ すれ違う光と 寝静まる影の 中でただ考える 彼女のホクロや 友達のことを この窓の向こうの 見えない世界を 赤い月に騒ぐ 誰ひとりいない海が きらめいた あの曲を聞こう 人恋しさだけが 今は恋人なのさ 窓には 僕のような男が映る 分かれ道じゃ いつもあっちを見てたのに 朝焼けが迫る 誰も見てない空に昇る太陽 次の曲に行こう 人恋しさだけが 僕の恋人なのさ シャウト イット アウト 夜行バスが跨ぐよ ロングロングウェイ すれ違う光と 寝静まる影の 中でただ考える 彼女のホクロや 友達のことを この窓の向こうの 見えない世界を 赤い月に騒ぐ 誰ひとりいない海が きらめいた あの曲を聞こう 人恋しさだけが 今は恋人なのさ 窓には 僕のような男が映る 分かれ道じゃ いつもあっちを見てたのに 朝焼けが迫る 誰も見てない空に昇る太陽 次の曲に行こう 人恋しさだけが 僕の恋人なのさ 恋の祭典 あけすけな愛の歌が 夜の街を襲う 君を抱く世の男は 影ばかりを追う 胸騒ぎに泡だつ 人の波のまにまを あやかしの船が行く 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル きめの粗い嘘を あやなす手ばかりが美しい 性懲りのない生き物 どこへでもお行き 手だれを手玉にとり 乗り継いできた女は 浜辺で姿を消す 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 シャウト イット アウト レヴュー! まさぐりあう指が激しさを増す 焔を蒔いて 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル レヴュー! 輪投げのようなゲーム あけすけな愛の歌が 夜の街を襲う 君を抱く世の男は 影ばかりを追う 胸騒ぎに泡だつ 人の波のまにまを あやかしの船が行く 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル きめの粗い嘘を あやなす手ばかりが美しい 性懲りのない生き物 どこへでもお行き 手だれを手玉にとり 乗り継いできた女は 浜辺で姿を消す 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル レヴュー! まさぐりあう指が激しさを増す 焔を蒔いて 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル 花環の海へとつづく恋の祭典 マス・ゲーム 真澄の空のかなたに愛の衛星 夏のミサイル レヴュー! 輪投げのようなゲーム 仔狼のバラッド 干し草のベッドの中で 女は夫の夢を見てたが 目覚めた女を抱いていたのは 見知らぬ男だった amazing amazing love 男は若い狼だった 踊りと歌をよく嗜んだ 鹿を捕らえて二人で食べた すこしも寒くなかった amazing amazing love 言葉も文字もいらないさ 心の深くでわかりあえた でも夫が鉄砲かついで来たよ 女房を助けるつもりで撃ったが 獣をかばって女が撃たれた 女の腹には狼の子が そいつを夫は拾って育て その畜生の仔が俺なのさ amazing amazing amazing love 干し草のベッドの中で 女は夫の夢を見てたが 目覚めた女を抱いていたのは 見知らぬ男だった amazing amazing love 男は若い狼だった 踊りと歌をよく嗜んだ 鹿を捕らえて二人で食べた すこしも寒くなかった amazing amazing love 言葉も文字もいらないさ 心の深くでわかりあえた でも夫が鉄砲かついで来たよ 女房を助けるつもりで撃ったが 獣をかばって女が撃たれた 女の腹には狼の子が そいつを夫は拾って育て その畜生の仔が俺なのさ amazing amazing amazing love この部屋に住む人へ 大きなゴミは出した 着ない服を誰に譲るか 本とレコードを売り 前祝いを始めよう 今宵限りさようなら 写真を撮ったなら送ってほしい 旅立ちの時 終わりの季節 カーテンを外して窓を拭く 眺めが好きだった でも忘れるだろう 旅立ちの時 終わりの季節 僕が行った後に どんな人この部屋に住むだろう 手紙を置いていきたいけど 気味が悪いだけさ 大家に菓子折りを渡し 軽トラックからバイバイのクラクション 赤白金の水引 蝶結びも麗しジャンクション 饒舌なドライバーの助手席 いがらっぽいラジオから歌は流れる 旅立ちの時 終わりの季節 僕の名を消して鍵を返す 街並みが良かった でも変わるのだろう 旅立ちの時 終わりの季節 僕が行った後に どんな人あの部屋に住むだろう なら、手紙を送ってみたいけど 読まずに棄てられそう そしてハイウェイを降りた 旅立ちの時 始まる季節 カーテンはないけど 荷解きして床に寝ころんで ああ、今日はもう眠いよ 旅立ちの時 始まる季節 なんだかこの部屋なら 好いことが沢山ありそうだよ 物入れのドアの裏 そっと貼り付いていた手紙 気味が悪いけれど 大きなゴミは出した 着ない服を誰に譲るか 本とレコードを売り 前祝いを始めよう 今宵限りさようなら 写真を撮ったなら送ってほしい 旅立ちの時 終わりの季節 カーテンを外して窓を拭く 眺めが好きだった でも忘れるだろう 旅立ちの時 終わりの季節 僕が行った後に どんな人この部屋に住むだろう 手紙を置いていきたいけど 気味が悪いだけさ 大家に菓子折りを渡し 軽トラックからバイバイのクラクション 赤白金の水引 蝶結びも麗しジャンクション 饒舌なドライバーの助手席 いがらっぽいラジオから歌は流れる 旅立ちの時 終わりの季節 僕の名を消して鍵を返す 街並みが良かった でも変わるのだろう 旅立ちの時 終わりの季節 僕が行った後に どんな人あの部屋に住むだろう なら、手紙を送ってみたいけど 読まずに棄てられそう そしてハイウェイを降りた 旅立ちの時 始まる季節 カーテンはないけど 荷解きして床に寝ころんで ああ、今日はもう眠いよ 旅立ちの時 始まる季節 なんだかこの部屋なら 好いことが沢山ありそうだよ 物入れのドアの裏 そっと貼り付いていた手紙 気味が悪いけれど 五月病 ブルドッグ横目で流す 井戸端は今日も アマリリス 戸惑いながら 五月の窓をもれるよ パトロール鼻を効かせば それ見ろ優等生 やぁ! 運動場 誰かがきっと 泣いてるそんな 気がしたよ でもそうさ どこの町でも いわゆる 名も知らないのが胸の エンブレムを放りなげたり 友達いない 土曜のサイレンは やたら長く唸るもんさ ダディダディダ 歌は朗らか、口笛高らかに ニュータウン 誰かが きっと 今夜シチューを 食べるんだろう ワオ! 木漏れ日の繁る 道をぬけて 陽炎の影つかまえようか ブルドッグ横目で流す 日替わりの記念碑 さぁパトロール 誰かが 僕を 待ってるそんな 気がするよ ブルドッグ横目で流す 井戸端は今日も アマリリス 戸惑いながら 五月の窓をもれるよ パトロール鼻を効かせば それ見ろ優等生 やぁ! 運動場 誰かがきっと 泣いてるそんな 気がしたよ でもそうさ どこの町でも いわゆる 名も知らないのが胸の エンブレムを放りなげたり 友達いない 土曜のサイレンは やたら長く唸るもんさ ダディダディダ 歌は朗らか、口笛高らかに ニュータウン 誰かが きっと 今夜シチューを 食べるんだろう ワオ! 木漏れ日の繁る 道をぬけて 陽炎の影つかまえようか ブルドッグ横目で流す 日替わりの記念碑 さぁパトロール 誰かが 僕を 待ってるそんな 気がするよ Golden harvest グラスを溢れる美酒に酔えば その胸には歓喜のoverdose 柔らかな炎で包んだ愛と 荒れ地を駆け抜ける勇気 甘く熟した果実 Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 明日になったら きっと誰もが君の正しさに 頷くだろう 祈りと祝いを捧げあおう I love you 星空のショールを纏う home coming queen そして肩の上にjackを 乗せた君はkingだ Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 実りの季節さ 花も嵐も踏み越えたら訪れる Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 実りの季節に きっと誰もが讃えるだろう 君のsuccess 遠くの森が深紅に燃える 君は火の鳥の羽を抱いているのだ グラスを溢れる美酒に酔えば その胸には歓喜のoverdose 柔らかな炎で包んだ愛と 荒れ地を駆け抜ける勇気 甘く熟した果実 Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 明日になったら きっと誰もが君の正しさに 頷くだろう 祈りと祝いを捧げあおう I love you 星空のショールを纏う home coming queen そして肩の上にjackを 乗せた君はkingだ Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 実りの季節さ 花も嵐も踏み越えたら訪れる Golden harvest is coming soon Golden harvest looks promising 実りの季節に きっと誰もが讃えるだろう 君のsuccess 遠くの森が深紅に燃える 君は火の鳥の羽を抱いているのだ サイレンの歌 光化学の街が 音も無く揺れる 赤 青 黄色 シグナル巡る 連れ立つ僕と影法師 電磁波に漂い 何処かへと向かう 誰もが一度 夢を見る夏 空に太陽が燃えているよ 注意報が響く 僕はただ歩く 誰もがきっと アリバイの無い季節を 産声だけを吐きながら 光化学の街が 音も無く揺れる 赤 青 黄色 シグナル巡る 連れ立つ僕と影法師 電磁波に漂い 何処かへと向かう 誰もが一度 夢を見る夏 空に太陽が燃えているよ 注意報が響く 僕はただ歩く 誰もがきっと アリバイの無い季節を 産声だけを吐きながら さよならデイジーチェイン Oh 麗しのルイジアナ 香り立つ菜の花は いばり散らした春風の 忘れ形見さ 夢に見るはジャンバラヤ 青い瞳 落ちた涙で 弄ぶカサブタは ねぇ何に似てるの デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン 帰り道 バイバイバイバイバイバイバイ 麦畑でランデ・ヴーは 今日も一つホクロ見つけた 星座みたいに結んだら 君は笑うかな デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン 帰り道 バイバイバイバイバイバイバイ デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン また明日 バイバイバイバイバイバイバイ Oh 麗しのルイジアナ 香り立つ菜の花は いばり散らした春風の 忘れ形見さ 夢に見るはジャンバラヤ 青い瞳 落ちた涙で 弄ぶカサブタは ねぇ何に似てるの デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン 帰り道 バイバイバイバイバイバイバイ 麦畑でランデ・ヴーは 今日も一つホクロ見つけた 星座みたいに結んだら 君は笑うかな デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン 帰り道 バイバイバイバイバイバイバイ デイジーチェイン グッバイ 君にこの歌を贈るよ デイジーチェイン また明日 バイバイバイバイバイバイバイ the echo Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the シャウト イット アウト 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 粗目のストローク 掻き消す午後のスコール 夜風を切り裂き消えた艶消しの黒の銃声 どぶ泥に落ちたか下郎が咆哮するブルース 聞き逃さないさ Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 誰かがばら撒く花飾りのような嘘に澄んだ心が 乱反射している空のリヴァーブ みぞおちの奥に歌を詠まない詩人を宿すおまえとともに Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ この腕の中に抱かれて その耳うずめて聞くのは血潮の満ち引き ロマンティック溢れたらフィードバックしてハウれよ! 聞き漏らさないでくれ crying crying Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ます Looking for the echo 見開いた瞳を凝らす Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 千切れるほどのストローク Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 粗目のストローク 掻き消す午後のスコール 夜風を切り裂き消えた艶消しの黒の銃声 どぶ泥に落ちたか下郎が咆哮するブルース 聞き逃さないさ Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 誰かがばら撒く花飾りのような嘘に澄んだ心が 乱反射している空のリヴァーブ みぞおちの奥に歌を詠まない詩人を宿すおまえとともに Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ この腕の中に抱かれて その耳うずめて聞くのは血潮の満ち引き ロマンティック溢れたらフィードバックしてハウれよ! 聞き漏らさないでくれ crying crying Looking for the echo 見開いた瞳を閉じる Looking for the echo 痺れる耳を澄ます Looking for the echo 見開いた瞳を凝らす Looking for the echo 痺れる耳を澄ませ 痺れる耳を澄ませろ 千切れるほどのストローク ザ・チャンス 窓に太陽 君は突然目が覚めた わかるだろ? 新しい街さ もういないぜ でかい乳房のマミィは カモン! さぁ 急げよ 軋むベッドに毛布を捨てて どこかで何かが君を待ってる 教え切れないニュースの海原を どこかの誰かと巡り会っていく 胸踊るよなスタイルで 行こうじゃないか 空に満月 君は急にもよおしたのさ 何かが 始まるスリルを もう来ないぜ いじけてみてもダディは カモン! さぁ 今だ ステレオタイプな大志をわらえ どこかで何かが起こる夜さ 胸の透くような文句を歌にのせ どこかの誰かの夢を見ていた 君にサヨナラするのさ 行こうじゃないか いつか ベイビィ 長い日照りや嵐が 繋いかかるだろう でも ツラの皮を張ってジョークを飛ばせ! どこかで何かが君を待ってる 計り知れない人生の海原を どこかの誰かと愛しあっていく ありのままのスタイルで 行こうじゃないか どこかで何かが起こる今日さ 胸の透くような文句を歌にのせ どこかの誰かの夢を見ていた 君にサヨナラするのさ 行こうじゃないか 窓に太陽 君は突然目が覚めた わかるだろ? 新しい街さ もういないぜ でかい乳房のマミィは カモン! さぁ 急げよ 軋むベッドに毛布を捨てて どこかで何かが君を待ってる 教え切れないニュースの海原を どこかの誰かと巡り会っていく 胸踊るよなスタイルで 行こうじゃないか 空に満月 君は急にもよおしたのさ 何かが 始まるスリルを もう来ないぜ いじけてみてもダディは カモン! さぁ 今だ ステレオタイプな大志をわらえ どこかで何かが起こる夜さ 胸の透くような文句を歌にのせ どこかの誰かの夢を見ていた 君にサヨナラするのさ 行こうじゃないか いつか ベイビィ 長い日照りや嵐が 繋いかかるだろう でも ツラの皮を張ってジョークを飛ばせ! どこかで何かが君を待ってる 計り知れない人生の海原を どこかの誰かと愛しあっていく ありのままのスタイルで 行こうじゃないか どこかで何かが起こる今日さ 胸の透くような文句を歌にのせ どこかの誰かの夢を見ていた 君にサヨナラするのさ 行こうじゃないか 嫉妬 吹きこむ雨 もつれる影 蘭の花のような舌先で 俺を交わそうとする あらがうことを 諦めたら 夜の濃淡に沈んでゆこうぜ わだかまる風 黙りこんだ潮騒 蔑むように 憐れむように うつぶせたままで 俺が果てるのを待っているのか シャウト イット アウト 知りたいのさ 誰を夢見て溺れているのだい 青黒い月 凍てつく微笑 わだかまる風 黙りこんだ潮騒 吹きこむ雨 もつれる影 蘭の花のような舌先で 俺を交わそうとする あらがうことを 諦めたら 夜の濃淡に沈んでゆこうぜ わだかまる風 黙りこんだ潮騒 蔑むように 憐れむように うつぶせたままで 俺が果てるのを待っているのか 波うつ背中 知りたいのさ 誰を夢見て溺れているのだい 青黒い月 シャウト イット アウト わだかまる風 黙りこんだ潮騒 CHANT!!!! 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう 冷めたコーヒー 熱いコンクリート 眠らぬ都市に降る目覚め 太陽を迎えよう 彼方 朝焼けに 僕らは 思い出す 別の夕暮れ 誰かの惑星 どこまでも 連なるシグナル 続く「青」の中を 進む 太陽を迎えよう ビルを越え 訪れる今日を迎えよう ランナー 加速する シャウト イット アウト 風が吹く 別の栄光へ クラクションの賛笑歌 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう プラットフォームで 輝ける今日を迎えよう 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう 冷めたコーヒー 熱いコンクリート 眠らぬ都市に降る目覚め 太陽を迎えよう 彼方 朝焼けに 僕らは 思い出す 別の夕暮れ 誰かの惑星 どこまでも 連なるシグナル 続く「青」の中を 進む 太陽を迎えよう ビルを越え 訪れる今日を迎えよう ランナー 加速する 大通りに 風が吹く 別の栄光へ クラクションの賛笑歌 夜の終わりを 歩くのさ 新しく 街を照らし出す 太陽を迎えよう プラットフォームで 輝ける今日を迎えよう SHOOTIN' STAR Dancing on the moon 眠れない夜の 星がめぐり逢う シャングリラ Oh baby, something in the air 不思議な引力 時間が立ち止まる 誰も知らないヴィーナス お願いさ shooting star 今夜 偶然を奇跡ヘ ゴキゲンな superstar あの娘をさらってく前に Dancing on the moon 瞳を閉じたら 星が回りだす ラムコーク Oh baby, something in the air ジャガイモの宇宙で 君と溺れたい 孤独なアフロディーテ お願いさ shooting star 誓うよ 永遠を刹那に 腹ペコな superstar 彼女をお気に召す前に Dancing on the moon 終わらない夜も 君と飛び越える 僕ならスローバラードで お願いさ shooting star 今夜 偶然を奇跡ヘ ゴキゲンな superstar あの娘をさらってく前に お願いさ shooting star 誓うよ 永遠を刹那に 腹ペコな superstar 彼女をお気に召す前に お願いさ shooting star Dancing on the moon 眠れない夜の 星がめぐり逢う シャングリラ Oh baby, something in the air 不思議な引力 時間が立ち止まる 誰も知らないヴィーナス お願いさ shooting star 今夜 偶然を奇跡ヘ ゴキゲンな superstar あの娘をさらってく前に Dancing on the moon 瞳を閉じたら 星が回りだす ラムコーク Oh baby, something in the air ジャガイモの宇宙で 君と溺れたい 孤独なアフロディーテ お願いさ shooting star 誓うよ 永遠を刹那に 腹ペコな superstar 彼女をお気に召す前に Dancing on the moon 終わらない夜も 君と飛び越える 僕ならスローバラードで お願いさ shooting star 今夜 偶然を奇跡ヘ ゴキゲンな superstar あの娘をさらってく前に お願いさ shooting star 誓うよ 永遠を刹那に 腹ペコな superstar 彼女をお気に召す前に お願いさ shooting star 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し 十四時過ぎのカゲロウ 水辺の生き物 だから陸では生きてゆけない 気がしている 飛び込み台に立った瞬間に 僕が僕であるということを 忘れられるんだ ロッカールームの薄暗がりで シャツを脱いで 密かに生まれ変わるのさ 欲しいものは見えている 水の中に漂っている ぼくの身体だけが知っている All I want is just truth 小麦色の肌を滑る 水飛沫の行方を教えてよ、女子! ひたすらに泳いだ後は 筋肉の翅が生えている 赤い背中に 夕陽の中で考えている 明日の朝に 世界は脱皮するのかと 欲しいものは見えている 水の中に僕の影を追う 捕まえたと思えば逃げてる All I want is just truth 十四時過ぎの陽炎 プールサイドは地獄より熱く 水を切り裂く音だけが 響きわたる夏 欲しいものは見えている 水の中に僕の影を追う 捕まえたと思えば逃げてる All I want is just truth 欲しいものは見えている 水の中に漂ってるぜ 僕の身体だけが知っている All I want is just truth 心ならもう決まってる 僕の前を僕の影が往く 遠く遠く遠く遠く 遠く果てる日まで ああ、泳ぐだけさ 水辺の生き物 だから陸では生きてゆけない 気がしている シャウト イット アウト 僕が僕であるということを 忘れられるんだ ロッカールームの薄暗がりで シャツを脱いで 密かに生まれ変わるのさ 欲しいものは見えている 水の中に漂っている ぼくの身体だけが知っている All I want is just truth 小麦色の肌を滑る 水飛沫の行方を教えてよ、女子! ひたすらに泳いだ後は 筋肉の翅が生えている 赤い背中に 夕陽の中で考えている 明日の朝に 世界は脱皮するのかと 欲しいものは見えている 水の中に僕の影を追う 捕まえたと思えば逃げてる All I want is just truth 十四時過ぎの陽炎 プールサイドは地獄より熱く 水を切り裂く音だけが 響きわたる夏 欲しいものは見えている 水の中に僕の影を追う 捕まえたと思えば逃げてる All I want is just truth 欲しいものは見えている 水の中に漂ってるぜ 僕の身体だけが知っている All I want is just truth 心ならもう決まってる 僕の前を僕の影が往く 遠く遠く遠く遠く 遠く果てる日まで ああ、泳ぐだけさ jelly fish 野に咲くタンポポ ウサギが跳ねる 今宵は月からメッセージ 眠りにつくサンシャイン 地球の裏で ジリジリと音をたてている Oh darling, don't be jelly fish 光の速さで闇に変わるドリーム 何度でも挫けそう ココロのものごと 難し過ぎて 努力だけじゃ解決しない Oh darling, don't be jelly beans でもね なんだってあり 夢の 星空高く響く 聞こえるよう あちら様こちらへ そっと歩いてくるみたいだから Oh darling, don't be in a rush だから あるがままに 生きる 野に咲くタンポポ ウサギが跳ねる 今宵は月からメッセージ 眠りにつくサンシャイン 地球の裏で ジリジリと音をたてている Oh darling, don't be jelly fish 光の速さで闇に変わるドリーム 何度でも挫けそう ココロのものごと 難し過ぎて 努力だけじゃ解決しない Oh darling, don't be jelly beans でもね なんだってあり 夢の 星空高く響く 聞こえるよう あちら様こちらへ そっと歩いてくるみたいだから Oh darling, don't be in a rush だから あるがままに 生きる ジョナサン 誰かが名前を呼んだ 午後の夢 やぁ ジョナサン 未来と過去の囚人 見えぬ檻で ぼやいてる毎日 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そう さぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 誰かがいつもくれる 欲しくもない ご褒美かい YESとNOの間 鈍く光る 鎖みたいな満足 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 上昇気流へ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 落ちるより速く!!!! 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そうさぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 逃げ出そうぜ 転がるように くたばらないうちに 窒息するならキッスだ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! 誰かが名前を呼んだ 午後の夢 やぁ ジョナサン 未来と過去の囚人 見えぬ檻で ぼやいてる毎日 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そう さぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 誰かがいつもくれる 欲しくもない ご褒美かい YESとNOの間 鈍く光る 鎖みたいな満足 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 上昇気流へ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 落ちるより速く!!!! 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そうさぁ don't be afraid! どこでもいいさ 転がるように ままならない人生 窒息するならキッスだ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! 逃げ出そうぜ くたばらないうちに 羽根を飾りつけて 逃げ出そうさぁ don't be afraid! 逃げ出そうぜ 転がるように くたばらないうちに 窒息するならキッスだ 逃げ出そう さぁ don't be afraid! スウィートソウル 真夜中が今 その目を覚ます 月は静かに 僕らはただ こうして歩こう 満たされるまで 遠い日の線路のように煌めく コールタールの地平の上で 目を閉じ 君と祈れば 溢れ出す あぁ 想いに ハレルヤ! 迷える魂が 風の止み間に あぁ あぁ 遠く吠えるさ 幾つかの 小さな矛盾も こんな夜には 僕や君の 運命 さだめ を取り巻く 惑星のようさ 一刻の猶予もないこの街で 永久を誓った誰かのグラフィティ 手を取り 抱きしめあえば 溢れ出す あぁ 愛しさに 夜ごと身悶えた魂が 君の鼓動に あぁ あぁ 眠りにつくさ 目を閉じ 星に願いを! 溢れ出す あぁ 想いを! ハレルヤ! 遠吠える魂を! 胸の鼓動を! あぁ あぁ 手を取り 抱きしめあうなら それだけで何も 何もいらない あぁ 君と僕に 真夜中が今 シャウト イット アウト 月は静かに 僕らはただ こうして歩こう 満たされるまで 遠い日の線路のように煌めく コールタールの地平の上で 目を閉じ 君と祈れば 溢れ出す あぁ 想いに ハレルヤ! 迷える魂が 風の止み間に あぁ あぁ 遠く吠えるさ 幾つかの 小さな矛盾も こんな夜には 僕や君の 運命 さだめ を取り巻く 惑星のようさ 一刻の猶予もないこの街で 永久を誓った誰かのグラフィティ 手を取り 抱きしめあえば 溢れ出す あぁ 愛しさに 夜ごと身悶えた魂が 君の鼓動に あぁ あぁ 眠りにつくさ 目を閉じ 星に願いを! 溢れ出す あぁ 想いを! ハレルヤ! 遠吠える魂を! 胸の鼓動を! あぁ あぁ 手を取り 抱きしめあうなら それだけで何も 何もいらない あぁ 君と僕に 星座を睫毛に引っかけて 夜は蒼く息は白い おまえの睫毛に星座が引っかかっている 広がる宇宙 小さな瞳に 溢れるほど吸い込むがいい この一時をずっと 忘れずにいてくれよ 蒙古斑のカウボーイが 僕らの手を引いて背中を押す 汚い言葉はどこで 憶えてきたんだい 嬉しいのかい 眠くなるまでよくよく遊べ 色んな夢を見て隠しごとをしよう 夜は蒼く息は白い おまえは睫毛に星座を引っかけている 樹々が騒ぐ 小さな膝にはあさっての傷 帰り道で口笛を吹いたら 寂しさを知るだろう 二人をなぜ選んだの 憶えてないのかい 不思議な出会いさ ピアノも機関車も飽きたら終わり ぬくもりのほかには何もやれないけれど 海は碧く雲は白い おまえの肩から水平線が生えている まだ見ぬ空 小さな額に映している 雪が光り風が吹く刹那を その胸に刻めよ 希望の帆を揚げた船に 攫われるのだろう 夜は蒼く息は白い おまえの睫毛に星座が引っかかっている 広がる宇宙 小さな瞳に 溢れるほど吸い込むがいい この一時をずっと 忘れずにいてくれよ 蒙古斑のカウボーイが 僕らの手を引いて背中を押す 汚い言葉はどこで 憶えてきたんだい 嬉しいのかい 眠くなるまでよくよく遊べ 色んな夢を見て隠しごとをしよう 夜は蒼く息は白い おまえは睫毛に星座を引っかけている 樹々が騒ぐ 小さな膝にはあさっての傷 帰り道で口笛を吹いたら 寂しさを知るだろう 二人をなぜ選んだの 憶えてないのかい 不思議な出会いさ ピアノも機関車も飽きたら終わり ぬくもりのほかには何もやれないけれど 海は碧く雲は白い おまえの肩から水平線が生えている まだ見ぬ空 小さな額に映している 雪が光り風が吹く刹那を その胸に刻めよ 希望の帆を揚げた船に 攫われるのだろう セレーネのセレナーデ 誰もいない世界 月の旅ならカバンも軽い 君と泳ごう 青い故郷は遥か 塵のような二人 虫の声が恋しい 月面探査機で 首筋を巡るミッション 口づけたなら 重力からはもう自由さ 砂漠の街にサボテンの影 細くピアスの穴から 月明かり零れる ドライアイを潤した 浅葱色のブラウス 胸もとへのソフトランディング 口づけたなら 引力からは逃げられない 女の膝はどこか似てるよ 今宵の月に 誰もいない世界 月の旅ならカバンも軽い 君と泳ごう 青い故郷は遥か 塵のような二人 虫の声が恋しい 月面探査機で 首筋を巡るミッション 口づけたなら 重力からはもう自由さ 砂漠の街にサボテンの影 細くピアスの穴から 月明かり零れる ドライアイを潤した 浅葱色のブラウス 胸もとへのソフトランディング 口づけたなら 引力からは逃げられない 女の膝はどこか似てるよ 今宵の月に 千年紀末に降る雪は 戸惑いに泣く子供らと嘲笑う大人と 恋人はサンタクロース 意外と背は低い 悲しげな善意の使者よ あいつの孤独の深さに誰も手を伸ばさない 歩行者天国 そこはソリなんて無理 横切ろうとするなんて気は確かかい? 「赤いオニがきたよ」と洒落てみるか 遅れてここに来たその訳さえ言わない 気弱なその真心は哀れを誘う 永久凍土の底に愛がある 玩具と引き替えに何を貰う? My Old Friend、慰みに真っ赤な柊の実をひとつどうぞ さあ、どうぞ 砂漠に水を蒔くなんておかしな男さ 「ごらん、神々を 祭りあげた歌も、貶める言葉も今は尽きた。 。


キリンジの歌詞一覧リスト" title="アウト シャウト イット">
お届け時間帯のご指定可• また、商品到着後8日以内でしたら、返送料のみのご負担で返品を承ります。 ご了承ください。 CDを聴いて思い出を浮かべながら、1曲1曲の魅力をじっくりとご堪能ください。 全曲解説やアーティストの紹介、発売年やチャートの順位等の情報も網羅し、まさに愛蔵版にふさわしい一冊です。 好きな曲をより深く味わえることはもちろん、新たな名曲との出会いも楽しめます!他ではお手にできない愛蔵版コレクションを、ぜひお揃えください。


ウェアもある ラディカルパワーやパワーカーディオをやるときに着るウェアもあります。 フォームズが崩れると、本来鍛えるべき箇所の筋肉が鍛えられなくなり、かつ、ケガのもとにもなります。 ジムによっては、ラディカルパワーよりパワーカーディオのほうが人気が高いところも少なくないようです。 パワーカーディオであれば、「カーディオステップ」「カーディオエアロ」が入ってきます。 消費カロリーが一番高いはずの脚 脚は人間にとって筋肉が最も多い場所であり、ここを鍛えることが、運動の消費カロリー効果を高めるコツです。


。 。 。 。
  • MRIの普及により発見頻度の高くなった腫瘍(静脈奇形)です
  • ほとんどの症例はMRIにて偶然に発見される症状のない無害なものです
  • 1 cm以下の小さいものがほとんどです
  • 肝心なことは,症状がないのは放っておいて大丈夫だということです
  • 組織学的には,ほとんどが古い血腫と異常に拡張した洞様血管の集簇(ふくらんだ血管) cavernous malformaiton で,腫瘍というよりも血管奇形の性格をもっている良性の病変です
  • 脳のどの場所にもできますが大脳皮質下と脳室壁周囲と脳幹部に多いです
  • たくさんできる多発性海綿状血管腫というのもありますし,家族性のものもありますが,そういうのはめずらしいです

症状は

  • 症状が出るときは、てんかん発作脳内出血で発症します
  • 症候性てんかんの原因となる海綿状血管腫は,側頭葉の内側や運動野に近い前頭葉に発見されることが多いです
  • たまには小出血を繰り返して腫瘍周囲にヘモデジリンの沈着 (MRIでボーッと黒く見える) をきたします
  • まれに大きな脳内出血を生じて脳卒中と間違えることがあります
  • 脳幹部の海面状血腫は,何度も出血を繰り返して重篤な脳幹部症状を出すことがあります
  • この場合の脳幹部症状は,ものが2重にみえる,半身まひ,顔面まひ,声がかすれる,ものが飲み込みづらい,ふらついて歩けない、耳鳴り、めまい,顔がしびれるなどさまざまです

診断は

  • 診断はMRIだけで十分です
  • 2 cmを越えるとても大きな海綿状血管腫が見つかることがありますが,これはさらに大きくなるという傾向を持っていて,腫瘍としての性格を出してきます
  • 大きな腫瘍ではガトリニウム造影剤で増強されて白く映ることがあります
  • 大きな海綿状血管腫はと静脈奇形(静脈性血管腫)を伴うことがとても多いです

治療は

  • 偶然発見されたものには治療の必要はありません
  • 脳出血で発症した例であっても再出血率は低いのであわてて手術しないで,経過観察します
  • 2度,3度出血しても小さな出血であれば,手術しないで経過観察します
  • 出血をかなり頻回に繰り返す,腫瘍の増大速度が速い,増大傾向が長年止まらないで局所症状が悪化するなど,どうしようもない時のみ開頭手術で摘出します
  • 薬でコントロールできない難治性てんかんの焦点になっているものは,てんかんを止めるために血管腫と周囲の軟化した脳を摘出することがあります
  • 一緒に存在する静脈性血管腫は傷つけると脳梗塞を起こしますから,手術では海綿状血管腫だけを取り除くようにします
  • 脳幹部の海綿状血管腫の手術はリスクが高いので手術を受けるかどうかほんとに慎重に考えて下さい
  • その場合は脳幹部血管腫の手術の経験が多い脳外科医を捜した方がいいです
  • 脳に放射線治療を受けて何年もたってから海綿状血管腫(放射線誘発)が発生することが多いのですが,これも経過観察するのみでいいです
  • 放射線治療は有効ではありません

発生原因

  • 脳の静脈に奇形があって,静脈還流障害となるために,うっ血性脳出血を繰り返して増大すると推定されています
  • そうであれば,理論的には出血を繰り返す静脈を摘出しなければならないのですが,実際には固まりとなった血管腫だけを摘出すれば治ります
  • また静脈奇形を一緒に摘出してしまうと,静脈性脳梗塞を生じます
  • 静脈奇形による血流障害が血管腫の増大原因であれば,そこに定位放射線治療をすれば,さらに静脈還流障害が増悪するので,定位放射線治療は腫瘍出血のリスクを高めることになります
  • 実際に,定位放射線治療は無効もしくは,有害と思われるので行いません

海綿状血管腫のMRI

海綿状血管腫はMRIの撮影条件によっていろいろな見え方をします
スマホ 腕 に つけるシェパード パイジェイミー エー エヌケー

腫瘍から少し出血したために,患者さんはけいれん(てんかん発作)を起こしました。左のT1強調画像では出血を疑います。中央のT2強調画像では海綿状血管腫の周りに脳浮腫があるために白くぼやけた部分があります。右の造影剤を使ったMRIでは造影剤が入るところがほどんど無いことがわかります。側頭葉の海綿状血管腫は側頭葉てんかんという症状で発症することが多いです。

コストコ 低糖 質 クロワッサンジャイロ ツェペリジン フリークス 声優

出血が溶けて少し小さくなっています。海綿状血管腫の周りには黒い縁取りがあります。この黒い部分は血液が溶けて残った鉄が脳の中にたまったことを示しています(siderosisといいます)。この鉄のしみ込みはけいれんの原因になると考えられます。この海綿状血管腫は中等度の大きさですが,治療が難しいほどのてんかんが無ければ手術などしないでほっておいてもいいです。手術で側頭葉(特に海馬)を損傷すると記憶の障害などもでます。

シーホース 周南
出血したときのMRAです。海綿状血管腫の形がよく見えますが,異常な血管は見えません。
ケノン 最新 バージョン
脳血管撮影の静脈層です。 血管腫の内側に刷毛で掃いたような異常な静脈が見えます。これは静脈性血管腫といって,大きな海綿状血管腫にはよく合併する異常です。海綿状血管腫をとるときに誤ってこの静脈性血管腫を傷つけてしまうと,静脈梗塞が起きるので注意しなければなりません。このケースの場合はもし損傷すると左側頭葉内側の脳損傷になります。

側頭葉てんかんを止めるために,開頭手術をして血管腫を取り除きました.術後のMRIです。一番右のT2starという特殊なMRIでよくわかるように鉄の沈着は残っているので黒く映るものがあります。でもこれは血管腫ではありませんのでこのままにしておきます。この患者さんの場合は,一緒に扁桃体を摘出すること (amygdalectomy) でてんかん発作は治りました


静脈性血管腫(静脈奇形)の合併を見つける方法

けい おん アニメ 無料 しのぶ カナエ イラスト

左は脳出血のCTです。海綿状血管腫からの出血を疑ったので造影のMRI(右の写真)をしました。血腫の周りに細い線がたくさん見えます。これが静脈奇形(静脈性血管腫)です。脳血管撮影DSAをしなくてもこの合併はわかるのです。この静脈奇形を手術で傷つけるとかなり広い範囲で脳梗塞がおきる可能性があります。


脳幹部の海綿状血管腫 brainstem cavernous hemangioma

コウケンテツ キーマ カレーステーキ ング と は

2度の延髄内出血を生じた海綿状血管腫です。でも初回の出血からすでに27年間がたちます。症状も回復して麻痺もなくていまは社会生活に困ることはありません。脳幹部の海綿状血管腫の中には1ヶ月に何回もひどい出血を繰り返すのもあるのですが,この例のように30年近い間に軽い出血が2回だけというのもあります。残念ながら正確にこれを予測することはできません。この患者さんの海綿状血管腫は手術で摘出すれば麻痺などの合併症の可能性があるのでしません。
脳幹部の海綿状血管腫を手術した方がいいかどうかはすごく慎重に判断しないといけない
のです。場合によってはとても重い後遺症が手術ででてしまうこともあります。もちろん手術ですごく症状がよくなってとても元気に暮らしている患者さんもたくさんいますが,そうでない患者さんもいるのです。手術を決意する前に,少なくとももう一人の脳外科医からセカンドオピニオンを聞きましょう。


多発性海綿状血管腫 multiple cavernous hemangioma
家族性海綿状血管腫 familial cavernous hemangioma

サンスベリア 種類しんちゃん チョコエッグシンシア ガーデン

この様な無数の海綿状血管腫を見ることがあります。多くの場合は家族性(遺伝性)の海綿状血管腫です。200個を超える海綿状血管腫があっても普通に何の障害もなく暮らしている患者さんもいます。脊髄の中にも発生しますから,脊髄のMRIもしていただきましょう。

ケベロスゴー バトル リーグ レート

小さな多発性の海綿状血管腫は,T2*(ティーツースター)という左の画像では見えるのですが,右にあるような普通のT1強調画像というのでははっきりみえません。
家族性多発性海綿状血管腫の患者さんは,小さな出血など生じても安易に手術を受けないようにしましょう。どの血管腫が大きくなるのかは全く予想できませんし,とても多数回の手術を受ける結果になるかもしれないからです。


若い女性の患者さんへ 

海綿状血管腫は出産の時に出血を生じることが多いです。出産直前に出血した女性もいます。ですから,妊娠したら必ず帝王切開という方法で出産をして下さい。産科の先生に早めにお願いしておくことが大切です。

脳幹部の海綿状血管腫を手術するとき

左上のT2*でみられるように多発性海綿状血管腫の成人男性に発生した中脳海綿状血管腫です。複視と歩行失調で発症して,数回の脳幹部出血を繰り返し,水頭症になったために第3脳室開窓術がなされました。それでも出血は止まらず、両側の動眼神経麻痺による両側眼瞼下垂,歩行失調,嚥下障害などさまざまな中脳症状が進行しました。

しかたがないので手術で摘出しました。なんとか眼瞼が持ち上がるようになり歩行も可能で嚥下もできます。幸いだったのは感覚路(脊髄視床路)の障害による体性疼痛が生じなかったことです。
ストーリー ドリブン片方の下丘の損傷だけでは神経脱落症状が出ないので,中脳内部の腫瘍を摘出するには下丘という狭い場所を切開して入りますが,この患者さんは左上丘も出血のために破壊されていて,間口が広かったといえます。でもこの手術は難しすぎるので決して積極的にはしません。


ここから下は余分な知識

脳室内海綿状血管腫 intraventricular cavernous hemangioma

注意点:特徴は増大傾向が早いことです

こじま かなこ さくら バレー

左のMRIで右側脳室三角部というところに,12mm程度の脳室内海綿状血管腫があります。15ヶ月後の画像では顕著に増大しています。脳室内海綿状血管腫は症状を出さなくてもどんどん大きくなってしまうものが多いです。ですから経過観察は頻回にしなければなりません。3ヶ月くらいであっと驚くような大きさになることもあります。

脳槽に増大する海綿状血管腫

このタイプも髄液腔にあるので増大速度が速いです

シマノ スピニング リール ランクスナップ えん どう 味噌汁サイ ソウ ラヴァーズ プチキススーパー ドラゴンボール ヒーローズ

じ ごく が よ んで いる 評価左聴力低下で発症した小脳の海綿状血管腫で,小脳橋角槽に突出するように増大しています。
左上が発症時,次が1ヶ月後,3ヶ月後,4ヶ月後と急速に大きくなったので摘出しました。
静脈奇形を伴っていませんでした。

 

Copyright (C) 2006-2022 澤村 豊 All Rights Reserved.