しんかい サンゴ

相模湾ゾーン


季節来遊魚水槽、海流マップ 相模湾は水深が非常に深いため、湾内にはいくつかの水が層状に入り込んでいます。 湾を構成する主要な水は3つあります。 浅いところは「黒潮(暖流)」の影響を強く受けています。 水深約250m~1,000m付近には、「親潮(寒流)」を起源とする中層水があります。 それよりさらに深いところには、「深層水」が循環していると考えられています。 相模湾には一年中見られる温帯系の魚の他に、南北からの海流に乗ってやってくる熱帯系、冷水系の魚などが、季節や海況によって現われます。 岩礁水槽 ゆらめく海藻の森、そこにひそむ者のけはいを感じるでしょう。 海の植物である海藻は、海のうねりで体をゆらしながら、海中のミネラルを吸収し、太陽のエネルギーで成長します。 この森には、海藻をすみ家とする者や、卵を産みにくる者、海藻を食べる者、そしてそれらの生物を食べようと狙いにくる者など、さまざまな生き物たちの命が息づいているのです。 川魚のジャンプ水槽 相模湾の豊かさは、相模川に代表される多くの川によっても守られてきました。 森、川、海はつながっていて、そこにくらす多くの命を支えあっています。 川でくらす魚は、産卵場所や餌を求めて川を移動するほか、水流や水位、水温などの微妙な変化を感じ取り、よりくらしやすい環境を求めて川を遡ったり、下ったりする移動を繰り返しています。 この水槽は、相模川でみられる魚たちの命の躍動する姿を再現しました。 海岸水槽 実際に相模湾に存在する「干潟」「アマモ場」「逗子沖サンゴ」「漁港」の環境を再現しました。 相模湾のどの地点を再現しているのかがすぐにわかる地図と写真が加わりました。 相模湾キッズ水槽 自ら興味をもって楽しく観察できるよう一部に開閉式の覗き窓を設置した、えのすい初のキッズ向け展示水槽。 小さな生き物たちをじっくり観察してください。 相模湾の潜水調査 えのすいトリーターが海に潜り、相模湾調査の記録映像を公開しています。 新江ノ島水族館では2018年4月より、江の島を拠点に生物や環境保全のための調査をおこなっています。 魚の食卓 マイワシの餌って何?魚たちが食べている餌の正体を拡大してご紹介します。 沿岸水槽 相模湾沿岸の深さに合わせ、そこにくらす多様な生物を紹介します。 スロープに合わせてだんだん深くなっていく展示水槽は、リアルな相模湾を体感していただけます。 シラスサイエンス.


長年培われてきた日本の技術を次の世代にどう渡せるか。 さらにピンポイントに絞り込んだ場所にROVを降ろしでサンプルをとる。 磯崎:無人機から母船に送られてくる写真だけを見ていると、重要な発見を見逃すことがあります。 なぜできたかがわかれば、どこにあるかがわかってくるのです。 ただし有人調査船ひとつではダメで、トータルで動かすことが大事です。


相模湾ゾーン" title="サンゴ しんかい">
地球上で最初の生命(初期生命)が誕生した場所は、熱水噴出孔だと言われています。 深海には、餌が少ないため、あまり生物がいないと言われてきました。 代表的なものは、ソコダラ類やギンザメ類です。 反対に、餌が少ないため活発に動く生物もいます。 この生態系を構成している生物群「化学合成生物群集」には、熱水噴出孔生物群集、湧水生物群集、鯨骨生物群集があります。


。 。 。 。 。


。 。 。 。