ケリー 哀川 皇室

【皇室の秘密】『警告文』 秋篠宮家に対 重大事実が発覚!?


秋篠宮殿下の誕生日会見 こんにちは、ケリー・哀川です。 佐川良子さんに変わりまして、皇室ニュースの裏側を皆様にお届けいたします。 11月30日は秋篠宮殿下の56歳の誕生日です。 これに合わせ過日収録された会見が、宮内庁より公表されました。 視聴者の中にはすでにこれを見た人も多いかと思いますが、やはり感想はただ一言「酷い!」に尽きます。 眞子さんと小室圭さんの結婚について質問が集中しましたが、小室家さん皇室利用の有無や、小室佳代さんの遺族年金不正受給など「答えられない疑問」についてはすべてスルーし、国民を恫喝する内容になっておりました。 今回その点を関係者の証言と共に掘り下げていこうと思います。 国民を敵に回した秋篠宮家 今回の誕生日会見で最も驚いたのは、殿下が、国民に「言論の自由」を認めず、今後は厳しく取り締まっていく方針を述べられたことです。 秋篠宮殿下は、記者から、眞子さんが複雑性PTSDになった原因とされる誹謗中傷について問われて次のように答えました。 秋篠宮殿下「誹謗中傷、つまり深く人を傷つけるような言葉というのは、これは雑誌であれネットであれ私としてはそういう言葉は許容できるものではありません」 殿下のおっしゃった 「誹謗中傷は許容できない」は当然ことです。 ですがこの殿下の発言は 「秋篠宮家に批判的な意見は、誹謗中傷であるから許されない」と同じ意味です。 なぜなら、眞子さんが、ご自身の結婚に反対する国民の声を「誹謗中傷」と一方的に決めつけてしまった背景を受けての言葉だからです。 秋篠宮殿下の大きな勘違い 殿下が大きく勘違いされていることは、今回の結婚に反対している方々というのは 「日本を愛し、心の底から皇室を尊敬し、眞子さんの未来を心配していた方々」であり、結婚に賛成した人たちこそ 「皇室に関心が薄く、興味のない人たち」だったということです。 この動画をご視聴の皆様は、皇室問題に関心が深いと思いますが、誰一人として日本と皇室を蔑ろにしている人はいないと思います。 大切だと思うからこそ、時として語調が厳しくなる時もありますが、それは愛ゆえの言葉であって、決して誹謗中傷ではありません。 佐川さんに圧力をかけたことを自白 このような愛ゆえに発せられた「国民の一意見」を、一色単に「誹謗中傷」と片付けてしまう秋篠宮殿下…こんな人が将来の天皇だなんて許せますか? 秋篠宮家に仕える宮内庁職員から、次のような長文のコメントを頂きました。 さる宮内庁職員 「将来の天皇である秋篠宮殿下が、表現の自由という憲法の精神を順守されないのは残念です。 このようなことは決して許されないことです。 思い返せば、美智子さまもかつて国民の批判の声を『雑音』と表現し、メディアに『自分を称賛せよ』と命令した過去があります。 この親にしてこの子、この孫あり…残念ながら美智子さまの子育ては失敗したと言わざるを得ないでしょう。 …天皇陛下と愛子さまが立派に育ったことはまさに奇跡としか言いようがない。 かつて天皇陛下は、皇太子時代の2004年に記者会見で『雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です』と異例の発言をなされました。 ですが、あくまでこれは、身内である美智子さまや紀子さま、そして時の羽毛田信吾(はけた しんご)宮内庁長官に向けた苦言にすぎず、国民の言論の自由を脅かすものではありません。 事実、その後、メディアが必要に雅子さまバッシングを続けましたが、これに対し天皇陛下も雅子さまも一切の沈黙を守りました。 あくまでも言論の自由は守るというというのが昭和天皇から今上陛下(きんじょうへいか)に受け継がれた精神です」 かつて美智子さまがメディアに「自分を称賛せよ」と命令していたとは驚きですが、平成時代の週刊誌を読めば「その通りだな」とすぐに気が付きます。 そしてこのようなメディア操作術を秋篠宮家は継承するようです。 なんと今回の誕生日会見で「気に食わない記事には反論する」とばかりに次のように宣言しました。 秋篠宮殿下「(バッシングともとれる記事に対して反論する場合)何かやはり一定のきちんとした基準を設けてその基準は考えなければいけないわけですけれども、それを超えたときには例えば反論をする、出すとかですね。 何かそういう基準作りをしていく必要が私はあると思います。 今、おっしゃったように今後もこういうことは多分続くでしょう。 その辺も見据えて宮内庁とも相談しながら何か、その今言ったような基準であるとかそういうものをですね,考えていくことは私は必要だと思っております」 どのような反論をするのかは不明です。 ですが、当チャンネルの佐川良子さんのもとに様々な圧力があったことから考えると、今後、宮内庁と秋篠宮家は様々な実力行使をもって報道規制をかけてくることが容易に想像できます。 逆に言えば 「秋篠宮家が佐川良子さんに圧力をかけたことを、今回の誕生日会見で自白した」と言えます。 誠に恐ろしいことです。 圧力は続く このような報道圧力はYouTubeという目につきにくい報道媒体だけに限りません。 秋篠宮家の意向を受けた在ニューヨーク日本国総領事館は、在米日本メディアに『2人の生活や仕事の写真を撮ることは禁じる』ことを要請し、これに反した場合は「報道機関の駐在員がビザの取得や更新の際に、何らかの不利な対応を受ける」との見解を示しました。 これは新聞や週刊誌に掲載されたのでご存じの方も多いでしょう。 驚くべき報道統制です。 ご存じない方に説明しますと、悠仁さまの成長の様子を案じた宮内庁が、2008年2月12日付けてメディアに対し 「報道に使う悠仁さまのお写真は宮内庁が提供するものだけを使い、それ以外のものは使ってはいけない、もしこの役を破ったら罰則として今後の便宜提供はしない」と迫ったものです。 この仔細は、ジャーナリストの上杉隆氏が著書『ジャーナリズム崩壊』の中に記録していますので、お読み抱ければと思います。 まさに秋篠宮家の身勝手さによって、日本の言論の自由が脅かされています。 事実、赤坂御用地からの度重なる圧力を受け、当チャンネルの主催者・佐川良子さんは心身衰弱してしまい、長期療養を余儀なくされています。 どのような圧力を受けたのかは、今後、当チャンネルで紹介していきたく思います。...

秋篠宮さま「罰則付き報道規制」を会見で宣言…美智子さま直伝のメディア操作術が物議


。 はち 皇室や宮内庁、権威のある側から国民への脅迫行為を働くというのはあってはならないことです。 桜桃 佐川様のコメントを拝見して悲しみと共に怒りフル全開です。 皇室とマスコミに葛藤があるのは、民主主義国家ならば当然のこと。 お知らせ動画のコメントも拝見しました。

『警告文』 秋篠宮家に対 重大事実が発覚!?


『警告文』 秋篠宮家に対 重大事実が発覚!?" title="哀川 皇室 ケリー">
もし「女性宮家」が成立すれば、愛子さまは末永く皇室にとどまることになり、将来的に女性天皇の可能性も見えてきます。 そんな日が一日でも増える、これは愛子さまから我々国民への粋な計らいである、そう私は感じております。 平成時代、美智子さまと紀子さまが 例を挙げればきりがありませんが、平成皇室の一大事件「人格否定発言」の折に美智子さまが時の皇太子殿下に雅子さまとの離婚を薦めたことや、そして悠仁さまのご誕生した折の紀子さまの「これで皇統は川嶋家がいただきます!」とでも言わんばかりの勝ち誇った笑顔を見れば、その答えは明らかでしょう。 しかし美智子さまは終始不機嫌なご様子で『成人おめでとう』と一言だけ…しかも早々に退席されるや周囲に『愛子に早く 相手がみつかって自由を謳歌できる日が来るといいわね』とも。 11月30日に公表された秋篠宮殿下の誕生日会見では、今後、秋篠宮家が「誹謗中傷」と決めつけた記事やコメントに対し、宮内庁が抗議して行く予定であることが示唆されました。

【ご報告】元宮内庁職員・佐川良子さんから、視聴者さまへのお手紙


何度となく繰り返される無言電話や白紙手紙、日常的に監視されている気配、帰宅途中にノートパソコンを奪い取られる等が身の上に起きれば、恐怖で神経がやられるだろう。 私もまったく同じ想いである。 。 民間人、民間機関にかけるなんて、まるでNK国やC国のよう。 そういえばいよいよ明日、秋篠宮の誕生日会見が予定されていますよね。

小室さん夫妻 呆れた提案を 宮内庁悲鳴


どんなに苦しくても持っていかれるのですから、税金はもっと大切に使ってください。 A家のみなさん、十分贅沢な暮らししているでしょうが。 国民の命より己の名誉が大事な一家ですからね。 守られ過ぎている秋篠宮家 国会議員に支給される月100万円の文書通信交通滞在費がメディアなどで取り上げられ問題視されました。
サンキュー マート イヤホン 口コミ > さとうきび 畑 の 唄 実話 > コナン ジョリー ロジャー > 自動車免許

本・雑誌・コミックから検索
資格・検定から検索
自動車免許から検索

発行:(株)SEIWA話し方教室 著者:川上一郎 改定版 2022年4月印刷 116ページ 令和4年5月改正された免許更新の内容に改正 高齢者講習 認知機能検査のイラストを覚える方法 ◆ 内容 【第一章】 (高齢者講習の内容・・実施内容、検査の方法、採点、料金など詳しく紹介) 【第二章】 (記憶法の練習・・イラストを覚える記憶法) 【第三章】 (実際に出されるイラストを覚える方法) 【第四章】 (認知機能検査に関係なく、日常の記憶力トレーニング) ※ イラストを言葉に書いて覚えようとすると難しくなります。イメージ、そしてその方法が大切です。そうすれば簡単に覚えられます。 ここにイラストを覚える記憶法があるんです。 聞けば、こんな方法があったんだと驚かれます。 ●新年度もすべての問題とイラストに変更はありません。 ●イラストは全国同じです。 ●A、B、C、D4つのパターンのいずれかが出題されます。 お客様の声 ● 國呉さん(東京都の女性の方)100点 83歳の母から「免許の更新の試験がとても不安で仕方ない。覚えられるかしら…」との訴えがあり、今回テキストを購入しました。 2週間前よりパラパラと眺めておりましたが、5日前よりテキストに書かれている暗記の方法で本気で問題に取り組みました。(長い時間ではありません。本人の集中力が続く時間で無理なく) 初日こそ、なかなか覚えられず悪戦苦闘しておりましたが、日に日にみるみる上達しておりました。そして当日の結果は、見事100点満点!母も家族も皆大喜びでした。 テキストは大変分かりやすく、83歳の高齢の母でも無理なく勉強出来ました。大変満足しており感謝申し上げます。ありがとうございました。   ● 荒木さん(長野市の女性の方)100点 77歳、100点でした。やったー!ありがとうございました。本が、届いたのは、月曜日、検査日は、水曜日。短期決戦。要領どうり、文句なし。(・∀・)ニヤニヤ  ● 田口さん(大阪府の女性の方)100点 記憶力に自信がなく認知テストは凄く不安でしたが、この本に出会えてラッキーでした。こんな記憶法があるのか?・・・と思い説明通りに練習いたしました。なんとか合格点までとれれば良しと思って頑張ることにしました。気づいたのですが、この記憶法は応用がきき、イラストが変わっても記憶が残りました。合格点どころか満点がとれ自分でも驚いています。 ● 中山さん(秋田県の男性の方)100点 はじめまして、先般、貴社からテキストを購入した秋田県の中山と言います。このテキストに基づく記憶方法で2日ほど行い、昨日、認知機能検査を受講したところ、Dパターンであり、100点をとることが出来ました。お陰様で良好な結果通知書を頂くことが出来、本当に感謝申し上げます。有難うございました。 ● 名倉さん(群馬県の男性の方)98点 A、B、C、Dの全部のパターンを覚えて講習に行きました。自分では全部正解したつもりでしたが、結果は98点でした。 問題にはBパターンが出たのですが、かなづちのところをハンマーと答えたのがいけなかったのじゃないかと思っています。 ● 溝山さん(埼玉県の男性の方)100点 4月3日の認知検査楽しく受けることができました。結果もパーフェクトで自分の予想を完全にこえました。勉強を始めてから道路標識、信号、横断歩道、歩行者、自転車等々が今まで以上にしっかり見ることができるようになりました。うれしい結果 本当にありがとうございました。 ※ 以上の体験談は個人の体験であり、全ての人に同じような効果を保障するものではありません。 ※ 日曜、祝日はお休みです。高齢者講習 認知機能検査 高得点対策!! テスト 内容 問題集 イラストを覚える方法 75歳運転免許更新 高い得点をとるためには、イラストの覚え方が決め手 「手がかり再生」 完全攻略 実際に出るイラストの覚え方を分かりやすく紹介 高齢者講習の流れ、内容、問題を網羅 その場でイラストを覚える記憶法を紹介 営業日1~2日で発送いたします。 1