こども の 日 食べ物 ランキング

こどもの日(端午の節句)の食べ物って?食べる意味や由来も解説


(C)Shutterstock. com 関東の「柏餅」 関東では、こどもの日に「 柏餅」がよく食べられています。 柏餅は、うるち米を使用した「上新粉」を平たく丸めたものにあんこを入れて、柏の葉で巻いた甘いお餅です。 柏の葉は、新芽が立派に育つまで古い葉が落ちないことから、「 子孫繁栄」「 両親の健康」などの願いが込められています。 つまり「子どもが立派な大人になるまでは、両親や家族が生き続ける」という意味です。 ちなみに柏の葉は必ず食べるものではなく、残しても問題はありません。 関西の「ちまき」 関西でよく食べられている「 ちまき」は、もち米やうるち米に肉やタケノコなどを混ぜて、笹の葉や竹の皮で包んだ食べ物です。 もともとは中国から伝わったものだといわれています。 紀元前の中国の政治家であり詩人でもある「屈原(くつげん)」が、川へ飛び込んで自殺をした日が5月5日であり、その供養として葉で包んだもち米を川に投げるようになったのが、ちまきのルーツだといわれています。 その後、中国では「 無病息災」の縁起物としてちまきが食べられるようになり、日本にも伝わってきました。 その他、こどもの日に食べる縁起物 こどもの日には、柏餅やちまきの他に、どんな食べ物がよく食べられているのでしょうか?込められた意味も含めて解説します。 (C)Shutterstock. com 邪気を払うとされる「草餅」 草餅は、ヨモギをはじめとする草を混ぜた餅に、あんこを入れて丸めた和菓子。 ヨモギは、裏にある綿毛が餅とよく絡んで、もっちりとした弾力を出してくれるという長所を持っています。 ヨモギには 邪気や病魔を追い払う力があると信じられていたことから、縁起物として親しまれるようになりました。 奈良時代では、ヨモギを吊るした小屋に入って、身を清めてから田植えをする風習があったほどです。 現代はヨモギが主流の「草餅」ですが、昔はヨモギではなく母子草(ゴギョウ)が練り込まれており、現在でも別の草が材料に使われることがあります。 地域ならではの「お餅」や「ちまき」 これまでに紹介した縁起物以外に、地域ならではの食べ物もあります。 例えば、北海道では白と黒、もしくは白と茶色の二色が入り混じった「 べこ餅」、新潟にはヨモギ団子にあんこを詰めて笹の葉で巻いた「 笹団子」があります。 山形ではもち米を笹の葉で巻いて煮た「 笹巻き」、鹿児島では灰汁で炊いたもち米を竹の皮などに包んだ「 あくまき」と、ちまきによく似た食べ物が親しまれています。 「ブリ」や「カツオ」など縁起のよい魚 こどもの日は「 端午の節句」でもあり、男の子の健康や成長を願う日。 成長段階によって名前が変化する「出世魚」の ブリは、こどもの日の食べ物にふさわしいといえます。 ブリはスーパーなどで入手しやすく、切り身を買えば家庭でも調理しやすいというメリットがあります。 ブリを使った料理としては、ブリ大根やブリの照り焼きが定番です。 また「勝つ男」という意味で縁起のよい カツオも、こどもの日に人気の食べ物です。 カツオは、お刺身やタタキにして食べるのがおすすめ。 手軽ですし、きれいに盛り付ければ特別感も演出できます。 こどもの日の料理・スイーツのアイデア 「せっかくのこどもの日は、特別感のある料理やスイーツを用意したい!」という人も多いのではないでしょうか。 こどもの日にぴったりの料理やスイーツのアイデアを紹介します。 (C)Shutterstock. com 鯉のぼりのちらし寿司 ちらし寿司は、お祝い事にぴったりの料理です。 そこで、こどもの日ならではのアレンジを加えた、鯉のぼりの形のちらし寿司を作ってみては。 牛乳パックなどを使って鯉のぼりの形の仕切りを作り、そこに酢飯や具材を敷き詰めるだけで、きれいに仕上がります。 鯉のぼりの「うろこ部分」を表現するために、にんじん・きゅうり・アスパラガスなどの野菜をきれいに並べると、華やかになります。 炒った卵やイクラ、なども盛り付けて、さらに豪華に! 鯉の目をチーズと海苔で表現すると、かわいい印象になります。...

小学生が好きな食べ物ランキング発表!|株式会社ぐるなび


こどもの日の食べ物を用意するのが大変なときは? こどもの日の食べ物をそろえるのは、とても大変ですよね。 ところが、投げ入れたちまきは、川にいる龍にすべて食べられてしまいます。 こどもの日に魚を食べる意味とは 魚は、漢字を変えたときにおめでたい意味を持つことがあります。 このような特徴から、柏は「子孫繁栄」の縁起物として扱われているのです。 楚の時代、王に仕えていた屈原。

子供の日の食べ物人気ランキング!伝統的なちまきや柏餅の由来も紹介│SEKAIE


小学生が好きな食べ物ランキング発表!|株式会社ぐるなび" title="食べ物 ランキング の 日 こども">
山盛りの唐揚げを用意してあげると、こどももとっても喜んでくれると思いますよ! 食べ物ランキング 4位 ミートパイ ミートパイは、パイ生地に工夫をすることで、鯉のぼりの形にすることも簡単にできます。 ロールケーキの半分にカットしたイチゴを並べることで、ウロコを表現。 中にびっしり詰まったお肉に、こどもは大喜び。 こどもが喜ぶランキング入りもしているミートパイ。 ぜひ5位にランキング入りしたハンバーグ。

「こどもの日」にちまきやかしわ餅を食べる理由と子供が喜ぶお祝い料理レシピ|@DIME アットダイム


こどもの日の兜(かぶと)や鯉のぼりの意味 子どもの日は男の子の武運や成長を願う行事のため、「兜(かぶと)」が飾られます。 次の項目からは「子どもの日のおすすめ料理レシピ」をご紹介していきます。 おかずには、子どもの好きなからあげや、食べやすいミニサイズのハンバーグなどもよいですね。 子どもの日の食事会には、菖蒲の葉で箸置きを作ってみるのも素敵ですね。 その後、稲作の国だった日本では、田植え前の行事と混ざり合うようになりました。

子供の日の定番の料理は?おすすめ料理レシピまとめ【子供の日の由来や食べ物は?】


こどもの日に兜や鎧を飾るのは、男の子を災難から守ってくれるようにという願いが込められています。 。 伝統的なお菓子と現代風のお菓子、バランスよく取り入れて楽しく日本の伝統文化を伝えていきたいものです。 5位:赤飯 お祝い事の定番といえば、赤飯ですよね。

by user

on
Category: Documents

Comments

Transcript

周年放牧の確立と低コスト生産
岡山総畜セ研報 18: 24 ~ 34
周年放牧の確立と低コスト生産
-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
木曾田
繁・瀬尾聡一・笹尾浩史・小田
亘※・澤井
紀子※※
The establishment of year-round grazing and lower cost repuroduction
-The examination of use of Autumn Saved Pasture for winter-geazing Shigeru KISODA, Souichi SEO, Hirofumi SASAO,Wataru ODA and Noriko SAWAI
要
約
周年放牧技術の確立のため、秋季備蓄草地を活用した放牧期間の延長および冬期放牧
の可能性を検討した。
1 秋季備蓄草地は8月中旬から9月中旬までに備蓄開始することが望ましい。
2 冬期放牧牛の体重の大きな減少は無く、血液性状、健康面において問題は見られな
かった。
3 放牧牛の摂取 TDN から推定した備蓄草の利用率は 93.4 %と高かった。
4 備蓄草地の TDN 生産量と放牧牛の摂取 TDN の間には有意で高い相関が認められた。
5 備蓄草地の TDN 生産量を調べることで冬期放牧の可能頭数が予測可能であった。こ
れを用いる事で農家での冬期放牧の指標となる事が期待される。
キーワード: 周年放牧、冬期放牧、備蓄草地、牧養力、肉用牛
緒
言
和牛繁殖経営において子牛生産の低コスト化を
推進するため、電気牧柵を利用した遊休農地の放
牧活用が行われているが、春から秋までの放牧利
用が主体である。しかし、草地基盤の乏しい中山
間地域において周年放牧が可能となれば、より省
力化でき、一層の低コスト生産につながる。
そこで、中山間地における周年放牧の可能性と
して、秋季備蓄(ASP:Autumn Saved Pasture)を
活用した放牧期間の延長及び冬期放牧について検
討したので報告する。
③
①
②
育成施設
哺乳柵、増飼施設
材料及び方法
④
1 供試草地と供試牛
岡山県総合畜産センターは岡山県中北部の
山間部にあり、標高約 400 m、年間平均気温
12.6 ℃、平均降水量 1089.2mm、年間日照時間
2310.5 時間である。本試験は、総合畜産セン
ター内の第2放牧場の放牧草地 3.2ha を用い、
「周年放牧を活用した子牛の低コスト生産」
として平成 15 年から取り組んだ。供試草地
(図1)は電気牧柵を用い、1牧区から5牧
現
※
津山家畜保健衛生所
※※
美作県民局農林水産部畜産班
⑤
図1 供試草地
岡山県総合畜産センター研究報告
供試年
冬期放牧期間
H15
10/16
~
3/17
H16
11/17
~
3/16
H17
11/24
~
3/29
H18
12/6
~
3/28
第18号
表1 供試牛の概要
放牧日数 放牧牛 入牧時 産次 放牧時 分娩
年齢
体重(Kg) 月日
A
5.3
3
586
6/1
154
B
6.4
5
458
6/6
B
7.5
6
464
5/28
120
C
9.9
7
369
6/16
D
5.7
3
414
8/13
B
8.5
7
442
9/14
126
C
10.9
8
370
9/3
E
7.8
5
359
6/5
C
12.0
9
394
9/24
113
F
5.6
3
370
5/26
G
6.2
3
427
5/24
3 調査項目
成牛は、2週間毎に体重測定を実施し、体重
の推移を調査した。
栄養状態のチェックは、栄養度指数(体重/
体高)を用いた。
血液生化学分析としては、血糖(GLU)、総
コレステロール(TCHO)、尿素態窒素(BUN)、
総蛋白質(TP)、アルブミン(ALB)、ヘマトク
離乳
月日
10/2
10/2
9/22
10/21
12/1
12/9
12/9
9/28
1/31
9/27
9/27
リット値(Ht)を調べた。採血はヘパリン添加
10ml 真空採血管を用い、遠沈後、血清を富士
ドライケムおよびエルマ蛋白屈折計D型を用い
て分析した。
放牧地については、牧区移動にあわせ、入牧
時の植生調査及び生草量を坪刈りで行い、飼料
成分の分析は 60 ℃ 48 時間温風乾燥後、細断粉
砕し、水分、粗蛋白質、粗脂肪、可溶無窒素物、
粗繊維、粗灰分、OCW、Oa、Ob について分析し
た(H17 、 18 年)。また、乾物中の可消化養分
総量( TDN)については、日本草地協会の粗
飼料の品質評価ハンドブック1)により、イネ科
草およびそれを主体とする混播草の推定式
TDN = 0.674×(OOC+Oa)+ 0.217×Ob +
18.53 を用いて算出した。
区に区切り活用した。1牧区から3牧区および
5牧区は各 0.5ha の改良草地、4牧区は改良草
地 0.7ha および野草放牧地 0.5ha からなる。4
牧区および5牧区は冬期放牧用草地として、平
成 15 年は7月末から、平成 16 年は 10 月初旬
から、平成 17 年は9月中旬から平成 18 年は9
月末から利用を止め、秋季備蓄を行った。
供試牛(表1)は黒毛和種成雌牛を用い、放
牧経験を過去1回以上持つものとした。供試頭
数は、平成 15 年は2頭、平成 16 ~ 18 年は3
頭用いた。
2 放牧方法
供試牛の放牧は、周年放牧を実施した。こ
のうち、秋季備蓄草地(ASP)と野草地を
活用した冬期放牧を各年、表1に示す期間実
施した。
供試牛は、春から1~3牧区に放牧し、放
牧場内で自然分娩させ、夏季放牧に連続しA
SP草地へ移動した。各年の放牧期間、放牧
頭数、供試牛の最終分娩年月日及び離乳年月
日は表1に示すとおりである。また、供試牛
には補助飼料として、繁殖牛用飼料(TDN67.5
%,CP13.5 %)を1日1頭あたり2 kg 給与し、
積雪時のみトールフェスク乾草を1頭4~5
kg 給与した。飼料の給与および放牧牛の監視
は、午前9時頃1日1回のみ軽トラックに取
り付けたスピーカーから音楽を流し実施した。
25
4
牧養力の算定方法
牧養力は、通常、放牧実績を基に、放牧期
間、延べ放牧頭数、放牧牛平均体重(入牧時、
退牧時)を用い、次式で算出される。
牧養力 CD =(退牧時体重-入牧時体重)
/ 500kg ×延べ放牧頭数
この式では、補助飼料摂取量が考慮されな
いため、放牧期間中に供試牛に給与した補助
飼料のTDNをCD換算し、差し引いた残り
を備蓄草地の牧養力とした。(放牧実績からの
牧養力)
また、早坂ら 2) の行ったシバ草地における
雌牛の TDN 摂取量(kg/頭/日)の算出法を参
考に放牧牛の備蓄草地からの摂取エネルギー
等を基にした牧養力を求めた。
摂取 TDN =維持 TDN +体重増減 TDN
+妊娠末期 TDN +授乳 TDN -補給 TDN
26
木曾田・瀬尾・笹尾・小田亘・澤井:周年放牧の確立と低コスト生産-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
ら差し引いた。
これらから、牧養力を算出した。(放牧牛の
飼料のエネルギー代謝率(q)、成長、肥
摂取エネルギーからの牧養力)
育におけるMEの利用効率(kf)、増体に
1 CD = 3.27 × 1.3(放牧条件)× 1.4(寒冷
要するME量(MEG)は肉用種雌牛の肥育
条件)とし、
に要する養分量から、
10a あたりの CD(日・頭)
q= 0.5018 + 0.0956 ×DG
(7.9.2.3)
= 10a あたりの摂取 TDN / 5.95
kf= 0.78 ×q+ 0.006
(7.9.2.4)
で求めた。
MEG=NEG/kf
(7.9.2.5)
具体的に以下の計算および数値を使用した。
を用いた。
冬期放牧時のエネルギー要求量として、日
体重増減TDN及び維持TDNは、
本飼養標準肉用牛(2000 年版)3)から、放牧地
体重増減 TDN(kg/日)= MEG / 3.62
の条件は、平均斜度が約 10 度とやや起伏があ
維持 TDN(kg/日)= MEM / 3.62
るため、やや厳しい条件とし、舎飼い時の維
で求めた。
持エネルギー要求量に対する増加割合を 30 %
授乳中に維持に加える養分量(MEL)は、
とした。(4.11.1)、また、当センターの平均
MEL=(0.815 / 0.62)× MILK
(7.5.2.1)
気温が 12 月 3.8 ℃、1月 1.8 ℃、2月 2.1 ℃、
を用いた。
3月 5.4 ℃(岡山県総合畜産センター年報H
また、黒毛和種の哺乳量は
18)であり、一方、黒毛和種成雌牛の代謝量
Y= 7.64 - 0.17 X
(4.3.1)
の増加は、5 ~ 0 ℃では約 30 ~ 40 %熱生産量
Y:哺乳量(kg/日)、X:子牛週齢
が増加するとされている(4.12.2)ことから、
を用いた。
冬期放牧期間のエネルギー要求量の増加割合
を 40%とした。
したがって、成雌牛の冬期放牧時の維持の
結
果
ためのエネルギー要求量は、
MEM= 0.1119 ×W 0.75 × 1.3(放牧条件)
1 供試年の気象条件
× 1.4(寒冷条件)
(7.3.2.1)
供試年の気象状況について、当センター内の
とした。
気象観測システムが故障したため、近隣の岡山
また、冬期放牧期間の体重の増減に係る正
気象台津山測候所の気象観測値を用い、表2に
味エネルギー要求量(NEG)は、肉用種雌
示した。
牛の肥育に要する養分量から、
平成 15 年度の気温は平年よりやや高く推移
NEG= 0.0609 ×W 0.75 ×DG
(7.9.2.2)
し、7,8月は降水量が多く、日照が少ない状
とし、DGは入牧時および退牧時体重、放牧
況であったが9,10 月に回復した。通年では
日数から算出した。
降水量がやや多く、日照時間は平年並みであっ
妊娠末期に該当する場合は妊娠末期増体重
た。
を 0.5kg とし(早坂ら)、その期間のDGか
平成 16 年度は5月の降水量が多く、気温も
表2 供試年の気象状況
H15年度
H16年度
H17年度
月 気温 降水量 日照時間
気温 降水量 日照時間
気温 降水量 日照時間
(℃) (mm) (時間)
(℃) (mm) (時間)
(℃) (mm) (時間)
4 13.4 161.0
144.1
13.6
62.5
239.2
13.3
30.5
216.5
5 17.7 186.5
179.2
18.3 313.0
148.4
17.0
83.5
248.0
6 21.4 187.5
119.2
22.0 178.5
164.8
23.5
33.0
187.1
7 22.7 342.5
101.1
26.8
73.0
199.7
25.0 287.0
126.7
8 25.5 181.5
134.1
25.9 286.5
159.4
26.1
57.0
159.6
9 22.7 148.5
162.0
23.2 235.0
92.9
23.7 112.0
144.3
10 14.8
37.5
178.2
16.0 192.5
153.1
16.6
61.0
140.5
11 11.9 122.5
89.6
11.0
27.5
127.1
9.1
60.0
137.2
12 4.1
82.5
100.8
5.6 108.0
126.3
1.5
62.5
125.5
1 2.0
20.5
141.0
2.4
50.5
108.6
2.2
53.5
106.6
2 4.1
38.5
164.9
3.1
81.5
112.9
3.1
87.0
92.3
3 7.2
83.0
193.7
5.8
74.0
153.7
5.6
99.5
162.2
平均 14.0 1592.0
1707.9
14.5 1682.5
1786.1
13.9 1026.5
1846.5
注)平均気温、降水量、日照時間は岡山気象台津山測候所のデータを使用。
H18年度
気温 降水量 日照時間
(℃) (mm)
(時間)
10.8
143.0
125.2
17.5
118.5
163.1
21.7
220.5
165.2
24.5
246.0
66.6
27.2
67.0
195.3
21.4
148.5
174.4
17.3
44.0
172.2
10.5
77.5
124.2
5.1
42.0
105.2
3.5
22.5
121.6
5.2
83.5
141.1
6.9
56.0
155.3
14.3 1269.0
1709.4
岡山県総合畜産センター研究報告
第18号
27
ばつ傾向であった。降水量は、7月は平年並み
平年よりも高めとなった。7月は少雨で平年の
であったが、8月から 10 月も少雨がつづいた。
29%の降水量となり、日照時間が平年の 127 %、
また、12 月初旬に大雪となり、1月中旬まで
気温は平年よりも+2℃と少雨干ばつの傾向と
根雪となった。冬期間の気温も平年に比べ低く
なった。8月から 10 月にかけて度重なる台風
推移した。通年では降水量が平年の 69.3 %で
の影響もあり、降水量で8月が平年の 235 %、
あった。
10 月が平年の 213 %と多雨となり、9月は日
平成 18 年度は、8月から 10 月にかけ高温、
照時間が平年の 65.7 %と日照不足であった。
少雨となり、干ばつ気味に推移した。また、冬
通年でも高温、多雨の傾向になった。
期間の気温も高めで推移し、通年でも平均気温
平成 17 年度は4月から6月が少雨であり、
が平年値を1℃上回り、降水量は平年の 85.7%
特に6月は平年の 15.7 %と少なかった。また、
であった。
日照が多く、気温も高く推移したので、少雨干
表3 備蓄草地の生産量と優占草種
(kg/10a)
優占草種
調査年月日
牧区
備蓄開始 生草量
乾物量 TDN生産量
H15.10.15
4
7月末
1298.1
377.9
213.7
Tf
エノコログサ MK
H16.11.17
4
505.0
136.2
77.0
エノコログサ
Ir
Wc
10月初
H17.02.09
5
420.5
247.3
116.2
MK
Tf
H17.11.24
4
1363.7
295.8
173.3
Kb
Tf
Og
9月中旬
H18.02.24
5
575.2
170.5
92.4
Tf
KB
Og
H18.12.06
4
568.4
154.9
89.6
Tf
KB
Wc
9月末
H19.02.15
5
359.6
131.9
74.3
Tf
KB
Og
注)KB:ケンタッキーブルーグラス、Tf:トールフェスク、Og:オーチャードグラス、
Ir:イタリアンライグラス、Rt:レッドトップ、Wc:ホワイトクローバー、Pr:ペレニアルライグラス、MK:メリケンカルカヤ
TDN生産量のうち、H15年、H16年の4牧区は備蓄草地平均TDN56.54%/DMのあてはめ
面播種、鎮圧した。また、追肥については、放
牧場であるため、カリを中止し、尿素肥料単味
で 20kg/10a 追肥した。冬期放牧開始時の優占
草種は4牧区は TF,KB,Wc、5牧区は Tf,KB,Og
であった。
各年の備蓄草地全体の総乾物生産量および総
TDN 生 産 量 は 、 平 成 15 年 が 2645.3DMkg、
1495.9TDNkg、 平 成 16 年 度 が 1917.5DMkg、
1120TDNkg、 平 成 17 年 度 が 2923.1DMkg、
1675.1TDNkg、 平 成 18 年 度 が 1743.8DMkg、
998.7TDNkg であった。
また、平成 17 年度及び平成 18 年度の備蓄草
地の飼料成分の分析値について図2及び図3に
示した。
平成 17 年度の冬期放牧開始時の4牧区の備
蓄 草 の 乾 物 中 の TDN は 58.6 % 、 粗 蛋 白 質
(%)
70
60
50
40
30
20
10
H18.3.17
粗蛋白質
TDN
図2 備蓄草の乾物中栄養価の推移(H17)
H18.3.24
H18.3.13
乾物率
H18.3.3
H18.2.24
0
H17.11.24
2 秋季備蓄草地の生産性
供試草地の生産量と牧区ごとの優占草種を表
3に示した。
平成 15 年度の備蓄は4牧区で7月末から開
始した。無施肥、無追播とし、冬期放牧開始時
の優占草種はトールフェスク(Tf)、エノコロ
グサ、メリケンカルカヤ(MK)と、Tf を除き、
イネ科雑草が多かった。
平成 16 年度の備蓄は4,5牧区で 10 月初旬
に掃除刈りを実施し、撤去後、10 月7日に無
施肥でイタリアンライグラス(Ir)を1 kg/10a
追播した。しかし、4牧区の冬期放牧開始時の
優占草種は4牧区でエノコログサ、Ir、シロク
ローバー(Wc)であった。5牧区の放牧開始時
優占草種は MK、Tf と4牧区、5牧区とも雑草
に覆われた状態で、窒素不足の状態であった。
平成 17 年度の備蓄は4,5牧区で9月 15、
16 日に掃除刈りし、9月 16、20 日にオーチャ
ードグラス(Og)1.5kg/10a、Tf2.0kg/10a、ケ
ンタッキーブルーグラス(KB)0.5kg/10a を表
面播種、鎮圧し、あわせてNK化成肥料
(16-0-16)を 40kg/10a 追肥した。冬期放牧開始
時の優占草種は、4牧区では KB、Tf、Og、5
牧区では Tf、KB、Og となり、追播と追肥の効
果が現れた。
平成 18 年度の備蓄は4,5牧区で9月末に
掃除刈りし、10 月2日に平成 17 年度と同様に
Og1.5kg/10a、Tf2.0kg/10a、KB0.5kg/10a を表
年月日
28
木曾田・瀬尾・笹尾・小田亘・澤井:周年放牧の確立と低コスト生産-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
体重(kg)
550
(%)
70
60
500
50
40
450
30
20
400
10
乾物率
粗蛋白質
H19.3.22
H19.3.16
H19.3.7
H19.3.1
H19.2.22
H19.2.15
H19.1.4
H18.12.26
H18.12.21
H18.12.15
H18.12.6
0
350
年月日
300
10/15
11/14
1/13
H16
2/12
H17
3/14
月日
H18
図4 冬期放牧牛の体重推移
図3 備蓄草の乾物中栄養価の推移(H18)
(CP)は 19.4 %、5牧区は、TDN が 54.2%、
CP が 12.4%であった。平成 18 年度は、冬期放
牧開始時の4牧区は TDN57.8%、CP21.8%、5牧
区は TDN56.3%、CP14.2%であった。
12/14
H15
TDN
(体重/体高)
4.10
3.90
3.70
3.50
3.30
3.10
3 供試牛の体重変化および栄養度の推移
2.90
供試牛の体重の推移を図4に示した。
2.70
平成 15 年度は、供試牛2頭を 10 月 16 日か
2.50
ら備蓄した草地へ移動し冬期放牧を開始した。
10/15
11/14
12/14
1/13
2/12
3/14 月日
12 月中旬および1月中旬に積雪が見られ、積
H15
H16
H17
H18
図5 栄養度指数(体重/体高)の推移
雪時に草地からの草の採食が困難となり冬期放
牧開始時の体重(100%)に比べ、7%程度体重低
重/体高)で見てみると、平成 15 年度は 3.70
下が見られたが、冬期放牧終了時(3 月 17 日)
~ 4.02 と太り気味で推移した。16 年度は 3.18
には 99.8%と放牧開始時まで回復した。
~ 3.26、17 年度は 3.08 ~ 3.36、18 年度は
平成 16 年度は冬期放牧を 11 月 17 日から開
3.16 ~ 3.54 と標準の範囲内で推移した。
始した。草地の備蓄時期が 10 月上旬にずれ込
み、また、Ir の伸びも悪く、丈の短いエノコ
4 供試牛の血液成分
ログサが多かったため草量が少なかったが、供
冬期放牧牛の主な血液成分の推移を図6に、
試牛の体重の低下は比較的少なく、冬期放牧開
夏期放牧と冬期放牧の血液成分の比較を表4
始時の体重から 3.5%程度の減少にとどまった。
に示した。
その後回復傾向となり、終了時の3月 16 日は
平成 15 年度は、冬期放牧期間を通じて血液
99 %となった。
性状に異常は見られなかった。同一放牧牛の夏
平成 17 年度は冬期放牧は 11 月 24 日から開
期間の放牧時の血液成分値との比較では、TCHO
始したが、12 月6日に大雪となり、以後1月
の値が有意に高く、TP の値は有意に低くなっ
15 日まで根雪となったため、この期間は繁殖
た。
用飼料 2.5 ~ 3.0kg/1頭、フェスク乾草 4.0
平成 16 年度は、12 月中旬に ALB が若干低い
~ 5.0kg/1頭給与した。また、2月上旬にも
値を示したが、異常とは言えなかった。他の項
積雪が見られたため、同様に給与した。これら
目では正常値の範囲で推移した。夏期放牧との
の期間に体重の増加が見られた。その後3月に
比較では、GLU、TCHO、Ht の値が夏期放牧時に
なり、体重が増加傾向となり、3月 29 日の終
比べ有意に高くなった。
了時は 108 %となった。
平成 17 年度は、3月に ALB の値が若干低く
平成 18 年度は、冬期放牧を 12 月6日から開
なった。夏期放牧時との比較では、GLU が有意
始した。暖冬となり、積雪がほとんど無く推移
に高かった。
した。このため、冬期放牧開始時から供試牛の
平成 18 年度は冬期放牧期間を通じてほぼ正
体重は増加傾向となった。その後、春先の草の
常範囲内で推移した。夏期放牧時との比較では、
動きも早かったため、3月 28 日の終了時には、
GLU、ALB、Ht の値が有意に高く、TP の値が有
放牧開始時の 112%まで体重が増加した。
意に低くなった。
放牧牛の栄養状態について、栄養度指数(体
平成 15 ~ 18 年度を通じて、夏期放牧時と冬
岡山県総合畜産センター研究報告
g/dl
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
10/6
TP(基準値:6.0~8.0)
11/25
H15
mg/dl
1/14
H16
4/23 月日
4
3.5
3
2.5
2
1.5
1
0.5
0
10/6
H18
11/25
H15
BUN(基準値:6~23)
mg/dl
29
ALB(基準値:3.0~3.8)
g/dl
3/4
H17
第18号
1/14
H16
4/23 月日
3/4
H17
H18
TCHO(基準値:80~305)
180
25
160
140
20
120
15
100
80
10
60
40
5
20
0
10/6
月日
11/25
H15
1/14
H16
3/4
H17
4/23
0
10/6
11/25
H15
H18
1/14
H16
月日
4/23
3/4
H17
H18
図6 冬期放牧牛の血液成分値の推移
表4 夏期放牧と冬期放牧時の血液成分の比較及び有意差の検定
GLU
TCHO
TP
ALB
BUN
mg/dl
mg/dl
g/dl
g/dl
mg/dl
平均
64.13
126.75
7.98
3.27
11.93
夏期放牧 n=24
標準偏差
14.52
17.12
0.59
0.39
3.10
H15
平均
69.15
145.70
7.07
3.35
10.61
冬期放牧 n=20
標準偏差
9.08
12.82
0.77
0.22
2.96
夏期-冬期
NS
***
***
NS
NS
平均
57.12
123.17
7.44
3.14
14.33
夏期放牧 n=42
標準偏差
8.40
24.73
1.01
0.31
3.75
H16
平均
66.67
138.63
7.20
3.19
12.59
冬期放牧 n=24
標準偏差
9.71
20.46
0.62
0.32
3.34
夏期-冬期
***
*
NS
NS
NS
平均
59.20
102.78
7.48
3.15
13.05
夏期放牧 n=51
標準偏差
8.66
27.57
0.45
0.29
4.61
H17
平均
68.89
111.63
7.46
3.15
13.23
冬期放牧 n=27
標準偏差
10.35
33.87
0.60
0.29
5.06
夏期-冬期
***
NS
NS
NS
NS
平均
53.65
117.29
7.61
3.03
15.86
夏期放牧 n=48
標準偏差
7.12
19.09
0.38
0.22
4.63
H18
平均
59.78
111.33
7.39
3.21
15.11
冬期放牧 n=27
標準偏差
6.80
18.06
0.31
0.33
3.39
夏期-冬期
***
NS
*
*
NS
平均
57.67
114.94
7.59
3.13
13.96
夏期放牧 n=157
標準偏差
9.98
24.27
0.66
0.30
4.40
H15~H18
平均
65.29
125.17
7.29
3.21
12.98
冬期放牧 n=103
標準偏差
9.64
27.61
0.58
0.30
3.90
夏期-冬期
***
**
***
NS
NS
注)*:P<0.05、**:P<0.01、***:P<0.001、NS:P>0.05
期放牧時の血液成分を比較すると GLU,TCHO,Ht の
3項目について冬期放牧時の値が有意に高くなっ
Ht
%
40.48
4.02
42.28
3.79
NS
36.79
3.14
41.13
3.13
***
36.97
2.61
37.91
3.82
NS
35.05
2.38
36.46
2.10
*
36.81
3.38
39.09
3.93
***
た。また、TP は逆に有意に低い値となった。
その他の項目については有意な差はなく、健康
30
木曾田・瀬尾・笹尾・小田亘・澤井:周年放牧の確立と低コスト生産-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
面での問題も認められなかった。
5 備蓄草地の牧養力
供試草地への放牧実績に基づく牧養力を表5
に示した。
平成 15 年度の冬期放牧では、補助飼料の牧
養力を引き去った備蓄草地の牧養力は4牧区が
27.1CD/10a、野草地が 9.1CD/10a であった。
平成 16 年度は同様に、4牧区が 12.6CD/10a、
野草地が 12.4CD/10a、5牧区が 12.8CD/10a で
あった。
平成 17 年度は相次ぐ積雪のため、野草地の
倒伏が多く、採食困難であったことから、備蓄
草地の牧養力は4牧区が 13.4CD/10a、野草地
が 3.8CD/10a、5牧区が 10.8CD/10a と野草地
が特に少なくなった。
平成 18 年度の備蓄草地の牧養力は4牧区が
10.4CD/10a、野草地が 10.7CD/10a、5牧区が
16.4CD/10a であった。
これらの結果から、放牧実績に基づく備蓄草
地の平均牧養力は 14.8CD/10a であり、放牧牛
1頭を冬期間4ヶ月間(120 日間)放牧するの
に必要な面積は 81.2a /頭であった。同様に、
野草地を活用した場合では平均 9.0CD/10a であ
り、冬期間必要面積は 133.6a /頭必要であっ
た。
表5 冬期放牧時の放牧実績からの牧養力と備蓄草地の牧養力
放牧 放牧草地
放牧 放牧頭数 放牧牛体重(平均) 牧養力 補助飼料 備蓄草地 500kgCD
放牧期間
年度 (面積ha) 入牧月日
退牧月日 日数 (延べ) 入牧時 退牧時 増減 (CD) の牧養力 の牧養力 /10a
H15
4 (0.7) H15.10.16 ~ H16.2.18 126
252
522
514 -8
261
71
190
27.1
56
514
521 7
58
13
45
9.1
H15 4 野草地(0.5) H16.2.19 ~ H16.3.17 28
計
1.2
154
308
522
521 -1
319
235
H16
4 (0.7) H16.11.17 ~
H17.1.4 49
147
416
411 -5
122
33
88
12.6
H17.1.5 ~
H17.2.8 35
105
411
406 -5
86
24
62
12.4
H16 4 野草地(0.5)
H16
5 (0.5)
H17.2.9 ~ H17.3.16 36
108
406
412 6
88
24
64
12.8
計
1.7
120
360
416
412 -4
296
214
H17
4 (0.7) H17.11.24 ~ H18.2.15 84
252
390
407 17
201
107
94
13.4
36
407
407 0
29
10
19
3.8
H17 4 野草地(0.5) H18.2.16 ~ H18.2.27 12
H17
5 (0.5)
H18.2.28 ~ H18.3.29 30
90
407
418 11
74
20
54
10.8
計
1.7
126
378
390
418 28
304
167
H18
4 (0.7)
H18.12.6 ~ H19.1.16 42
126
397
408 11
101
29
73
10.4
87
408
432 24
73
20
53
10.7
H18 4 野草地(0.5) H19.1.17 ~ H19.2.14 29
H18
5 (0.5)
H19.2.15 ~ H19.3.28 42
126
432
446 14
111
29
82
16.4
計
1.7
113
339
397
446 49
286
208
次に、放牧牛の摂取エネルギー等を基に算
出した牧養力を表6に示した。
平成 15 年度は、授乳期、妊娠末期の牛がい
なかったため、放牧牛の維持の TDN から補給
飼料の TDN を除き、体重増減 TDN を加えた値
となり、4牧区備蓄草地からの摂取 TDN は、
4.14kg/頭/日、牧養力は 25.1CD/10a であった。
野草地からの摂取 TDN は 5.92kg/頭/日で、牧
養力は 11.1CD/10a、冬期放牧期間を通じた 1
頭当たりの摂取 TDN は 687.68kg であった。
平成 16 年度は授乳末期の牛が 1 頭含まれて
おり、授乳のための TDN を計算に加えた。摂
取 TDN、 牧 養 力 は 4 牧 区 は 3.52kg/頭 /日、
12.4CD/10a、 野 草 地 は 3.43kg/頭 /日、
12.1CD/10a、 5 牧 区 は 4.11kg/頭 /日、
14.9CD/10a、冬期放牧期間の 1 頭当たり摂取
TDN は 440.71kg であった。
平成 17 年度は、授乳末期の牛2頭が含まれ
て お り 、 同 様 に 、 4 牧 区 は 3.43kg/頭 /日、
20.8CD/10a、 野 草 地 は 3.07kg/頭 /日、
3.7CD/10a、 5 牧 区 は 5.36kg/頭 /日、
16.2CD/10a、冬期放牧期間の 1 頭当たり摂取
表6 冬期放牧時の放牧期間及び放牧牛から推定した備蓄草地牧養力
放牧 放牧草地 放牧 放牧 維持 補給 増体 授乳・妊娠 摂取
草地 摂取TDN 500kg 備蓄草地 500kgCD
年度 (面積ha) 日数 頭数 TDN TDN TDN 末期TDN TDN 摂取TDN
/10a 維持TDN の牧養力
/10a
H15
4 (0.7)
126
2 6.14 1.68 -0.31
0.00 4.14 1043.66
149.09
5.95
175.4
25.1
H15 4 野草地(0.5)
28
2 6.06 1.35
1.21
0.00 5.92
331.70
66.34
5.95
55.7
11.1
計
1.2
154
231.1
H16
4 (0.7)
49
3 5.15 1.35 -0.45
0.17 3.52
517.95
73.99
5.95
87.0
12.4
H16 4 野草地(0.5)
35
3 5.14 1.35 -0.36
0.00 3.43
360.04
72.01
5.95
60.5
12.1
H16
5 (0.5)
36
3 5.11 1.35
0.36
0.00 4.11
444.13
88.83
5.95
74.6
14.9
計
1.7
120
222.2
H17
4 (0.7)
84
3 4.98 2.53
0.74
0.25 3.43
865.32
123.62
5.95
145.4
20.8
H17 4 野草地(0.5)
12
3 5.09 1.35 -0.68
0.00 3.07
110.40
22.08
5.95
18.6
3.7
H17
5 (0.5)
30
3 5.09 1.35 1.62
0.00 5.36
482.20
96.44
5.95
81.0
16.2
計
1.7
126
245.0
H18
4 (0.7)
42
3 5.00 1.35 0.80
0.66 5.11
643.28
91.90
5.95
108.1
15.4
H18 4 野草地(0.5)
29
3 5.14 1.35 2.14
0.28 6.21
540.10
108.02
5.95
90.8
18.2
H18
5 (0.5)
42
3 5.27 1.35 0.20
0.19 4.31
542.85
108.57
5.95
91.2
18.2
計
1.7
113
290.1
岡山県総合畜産センター研究報告
TDN は 485.97kg であった。
平成 18 年度は授乳中の牛1頭、妊娠末期の牛
1頭が含まれており、4牧区は 5.11kg/頭/日、
15.4CD/10a、 野 草 地 は 6.21kg/頭 /日、
18.2CD/10a、 5 牧 区 は 4.31kg/頭 /日、
18.2CD/10a、冬期放牧期間の 1 頭当たり摂取
TDN は 575.41kg であった。
この結果から放牧牛の摂取エネルギー等を
基に算出した牧養力に基づくと、改良草地の
牧養力は、平均 17.6CD/10a、冬期間4ヶ月間
(120 日間)の放牧に必要な面積は 68.2a、野
草地の平均牧養力は 11.3CD/10a、冬期間の放
牧に必要な面積は 106.2a と推定された。
考
31
生産量
1800.0
1600.0
1400.0
1200.0
y = -0.7265x2 + 57659x - 1E+09
1000.0
800.0
600.0
400.0
200.0
y = -0.1038x2 + 8232.4x - 2E+08
0.0
7/11
7/31
8/20
生草量
9/9
乾物量
9/29
10/19
備蓄開始時期
図7 備蓄開始時期と生産量
時期は8月中旬~9月中旬頃に開始することが
望ましいと思われた。
察
1 備蓄開始時期と草地生産性
供試草地の備蓄開始時期と備蓄草地の生産性
について、図7に示す。
過去4年間に備蓄開始時期をずらしながら行
ったが、各年の気象条件は大きく異なるため、
参考程度であるが、生草量、乾物量ともに8月
中~下旬をピークとして、備蓄草量が減少する
傾向が見られた。これらの結果から、備蓄開始
第18号
2
冬期放牧牛の健康状態
供試牛の健康状態については、図4~6で示
したが、放牧期間中で積雪時に体重の減少が見
られたが、3月には回復し、血液性状の面から
も異常は認められなかった。また、臨床的にも
異常は認められなかった。これらから、冬期間
の放牧は可能と考えられた。
表7 放牧牛の摂取TDNから推定した備蓄草の利用率
放牧
放牧草地 摂取TDN
推定採食量 摂取TDN 推定採食量 牧区乾物
利用率
/10a 生産量/10a
年度
(面積ha) (kg/頭/日) DMkg/頭/日
kg/10a (DMkg/10a)
(DMkg)
(%)
H15
4 (0.7)
4.1
7.3
149.1
263.7
377.9
69.8
H16
4 (0.7)
3.5
6.2
74.0
130.9
136.2
96.1
H16
5 (0.5)
4.1
7.3
88.8
157.1
247.3
63.5
H17
4 (0.7)
3.4
6.1
123.6
218.6
295.8
73.9
H17
5 (0.5)
5.4
9.5
96.4
170.6
170.5 100.0
H18
4 (0.7)
5.1
9.0
91.9
162.5
154.9 104.9
H18
5 (0.5)
4.3
7.6
108.6
192.0
131.9 145.5
平均
4.3
7.6
104.6
185.1
216.4
93.4
備蓄草のTDN 平均
56.54%
3 摂取 TDN から推定した備蓄草地の利用率
放牧牛摂取エネルギー等から算出した備蓄草
地から摂取した TDN を表6に示したが、これを
基に冬期放牧期間中の備蓄草地の利用率を算出
し、表7に示した。備蓄草の TDN 含量は、図2
及び図3に示した H17、18 年度における備蓄草
の TDN 含量の平均値、56.54%を用い、備蓄草地
10a あたりの推定 TDN 摂取量から逆算して求め
た。
各年の備蓄草の利用率は、H15 年度の4牧区
が 69.8%と少なかった。放牧牛が2頭で、優占
草種にメリケンカルカヤが含まれており、放牧
牛が穂に綿毛のついた、立ち枯れしたメリケン
カルカヤを食べ残すことが多く見られたことが
原因と考えられた。H16 年度は4牧区が 96.1%、
5牧区が 63.5%であった。5牧区の利用率は、
H15 年度の4牧区と同様に優占草種としてメリ
ケンカルカヤが最も多くあったことが原因と思
われた。H17 年度は、4牧区が 73.9%、5牧が
100.0%であった。4牧区は期間中の積雪による
倒伏と踏みつけによる利用率の低下と考えられ
る 。 H18 年 度 は 4 牧 区 104.9%、 5 牧 区 が
145.5%と備蓄草地の放牧開始時の乾物生産量を
超える利用率となった。暖冬で 12 月中旬で約
2℃、2月中旬から3月上旬が2~3℃平年よ
りも暖かく、早期に牧草が芽吹いたことによる
と考えられた。試験期間を通じてみると平均利
32
木曾田・瀬尾・笹尾・小田亘・澤井:周年放牧の確立と低コスト生産-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
間に有意な相関は認められなかった。
5
冬期放牧草地と放牧牛
用率は 93.4%と高く、冬期放牧では写真に示す
ように、備蓄草を地際まで採食し、また、糞の
間近まで採食するため利用率が高いことが示さ
れた。
4 備蓄草地の乾物収量と牧養力
放牧牛の TDN 摂取量から算出した牧養力と備
蓄草地の乾物生産量の関係を図8に示す。
放牧牛の体重の増減及び放牧牛の授乳や妊娠末
期のエネルギー要求量をを考慮した牧養力は草
地の乾物生産性との間で有意な正の相関が認め
られた(P=0.026)。
藤田ら 4 ) は、12 月の備蓄開始時の草量を
360DMkg/10a 程度に高めることで1頭あたり約
45a の面積で黒毛和種成雌牛を 12 月~3月の
冬期間補助飼料無給与で放牧できるとしている。
本試験の結果から求めた回帰式
y= 0.0366x + 9.6761
にあてはめると、22.8CD/10a となり、同じく
120 日間の放牧に必要な面積は 52.5a となり、
やや多くの面積を要する結果となった。
放牧実績から算出した牧養力では、実際の草
地の生産性と関連が薄く、延べ放牧頭数に大き
く左右されるため、備蓄草地の乾物生産性との
160
140
放牧牛摂取TDN(kg/10a)
写真
備蓄草地のTDN生産量と牧養力
備蓄草地 TDN 生産量と放牧牛の TDN 摂取量の
関係を図9に示す。
図8の乾物生産量と牧養力の関係と同様に有
意な相関が認められた(P=0.012)。
備蓄草地 TDN 生産量と放牧牛が摂取した TDN
の間に有意な相関が認められたことから、
回帰式 y = 0.4052 x+ 56.222
を用い、備蓄草地の TDN 生産量から冬期放牧の
放牧可能頭数の推定を行った(図 10)。これ
により、放牧牛の体重を目安に備蓄草地への冬
期放牧頭数の推定が可能になると考えられる。
実際の冬期放牧の際の指標とするため、放牧
牛の体重を 400kg、500kg、600kg とし計算を行
った。
図 10 は、維持期の牛、補助飼料無給与を前
提として計算したが、備蓄草地の TDN 生産量が
95kg/10a 以下の場合、放牧牛の摂取 TDN 量予
測値が備蓄草地の TDN 生産量を上回り、実際の
放牧開始前から利用率 100%以上は設定できな
い こ と か ら 、 備 蓄 草 地 の TDN 生 産 量 が
120
100
80
y = 0.4052x + 56.222
r = 0.8664
60
40
P<0.05で有意な相関あり
20
0
0.0
50.0
100.0
150.0
200.0
250.0
備蓄草地生産TDN(kg/10a)
図9 備蓄草地生産TDNと放牧牛摂取TDN
60.0
30.0
50.0
25.0
牧養力(CD)
牧養力(500kgCD)
40.0
20.0
15.0
30.0
20.0
10.0
y = 0.0366x + 9.6761
r = 0.8139
5.0
線形 (400kgCD) y = 0.0807x + 11.192
線形 (500kgCD) y = 0.0681x + 9.4469
線形 (600kgCD) y = 0.0594x + 8.2377
10.0
P<0.05で有意な相関あり
0.0
0.0
100.0
200.0
300.0
乾物重(kg/10a)
図8 備蓄草地乾物収量と放牧牛から推定した牧養力
400.0
0.0
0
100
200
300
400
備蓄草地生産TDN(kg)
500
図10 備蓄草地生産TDNと放牧牛の体重による牧養力
600
岡山県総合畜産センター研究報告
95kg/10a 以上で適応する。備蓄草量の TDN 生
産量が 95kg/10a 以上では、生産量が増加する
に連れ、利用率は減少する。また、草地 TDN 生
産量が 95kg/10a 未満では草地の利用率が高く、
40.0
35.0
牧養力(CD)
30.0
25.0
20.0
15.0
10.0
線形 (400kgCD)
線形 (500kgCD)
線形 (600kgCD)
5.0
0.0
0
50
100
150
200
250
備蓄草地生産TDN(kg)
300
図11 備蓄草地生産TDNと放牧牛の体重による牧養力
350
第18号
33
TDN 生産量に応じた頭数放牧が必要となる(図
11)。
次に、補助飼料給与時の放牧可能頭数を表8
に示す。
草地 TDN 生産量が 200kg/10a の場合、維持期
の補助飼料無給与時は、10a あたりの放牧可日
数は体重 400kg の牛では 27.3 日となり、冬期
放牧 120 日間では必要面積は 0.44ha/頭となる。
3頭放牧では、1.32ha の備蓄草地面積が必要
となる。同様に、補助飼料として和牛繁殖用飼
料原物 2.0kg/日(TDN 換算 1.35kg/日)給与の
場合、体重 500kg の牛では、10a あたり 29.8
日の放牧が可能であり、冬期放牧必要面積は
0.40ha/頭となった。3頭放牧すると 1.20ha の
備蓄草地が必要となる。目安としての活用が期
待できる。
妊娠末期、授乳期の放牧牛についても同様に
放牧が可能である。
表8 補助飼料給与時の放牧可能頭数
維持期
授乳期
妊娠末期
草地TDN
補助飼料
放牧可能頭数(頭/10a)
放牧可能頭数(頭/10a)
放牧可能頭数(頭/10a)
生産量
補給量
(kg/10a)
TDNkg/日
400kg
500kg
600kg
400kg
500kg
600kg
400kg
500kg
600kg
50
76.5
10.0
8.4
7.3
8.5
7.4
6.5
7.1
6.3
5.7
100
96.7
19.3
16.3
14.2
16.5
14.3
12.6
12.1
10.7
9.6
0
200
137.3
27.3
23.1
20.1
23.5
20.2
17.9
17.0
15.0
13.5
300
177.8
35.4
29.9
26.0
30.4
26.2
23.2
19.6
17.3
15.6
50
76.5
11.5
9.5
8.1
9.7
8.2
7.2
7.9
6.9
6.1
100
96.7
22.2
18.3
15.7
18.7
15.8
13.9
15.2
13.3
11.9
0.675
200
137.3
31.6
26.0
22.3
26.5
22.5
19.7
21.6
18.9
16.8
300
177.8
40.9
33.7
28.9
34.3
29.1
25.5
28.0
24.4
21.8
50
76.5
13.6
10.9
9.1
11.1
9.2
7.9
8.8
7.6
6.7
100
96.7
26.3
21.0
17.7
21.5
17.8
15.3
17.1
14.7
12.9
1.35
200
137.3
37.4
29.8
25.1
30.5
25.3
21.8
24.2
20.8
18.4
300
177.8
48.4
38.6
32.5
39.5
32.7
28.2
31.3
26.9
23.8
50
76.5
17.7
13.3
10.8
13.7
10.9
9.2
10.4
8.7
7.6
100
96.7
34.3
25.8
20.9
26.5
21.1
17.8
20.1
16.8
14.6
2.205
200
137.3
48.7
36.6
29.7
37.6
30.0
25.2
28.5
23.9
20.7
300
177.8
63.1
47.5
38.5
48.7
38.8
32.6
36.9
30.9
26.9
注 1) 補助飼料は、和牛繁殖牛用飼料(TDN67.5%)とした。原物3kgまでで算出
注 2) 妊娠末期のTDN要求量は、400kgで5.85kg、500kgで6.78kg、600kgで7.66kgとした。
注 3) 授乳期のTDN要求量は泌乳量により差があるため、ここでは平均の5.5kgとし、維持の要求量+2.00kgとした。
草の牧養力 17.6CD/10a の 78.4%となり、また、
7 野草地の牧養力
乾物摂取量も 167.9DMkg/10a で、改良草地の
表 10 に野草地からの放牧牛の採食量と牧養
90.7%に達した。冬期放牧に必要な面積は、87a
力を示した。野草地については、植生調査等未
/頭であり、耕作放棄地をはじめとする荒廃地
実施のため、参考として考察する。
や原野が有効な備蓄草地として活用ができると
野草地からの採食量は、H17 年度は積雪のた
思われた。
め、極端に悪く、除外して考えると、野草地の
牧養力は 13.8CD/10a となり、改良草地の備蓄
表10 放牧牛の摂取TDNから推定した野草地からの採食量
放牧
放牧草地 摂取TDN
推定採食量 摂取TDN 推定採食量 野草地の 500kgCD
年度
(面積ha) (kg/頭/日) DMkg/頭/日
kg/10a (DMkg/10a) 牧養力CD /10a
H15
野草地(0.5)
5.9
10.5
66.3
135.7
55.7
11.1
H16
野草地(0.5)
3.4
6.1
72.0
147.3
60.5
12.1
H17
野草地(0.5)
3.1
5.4
22.1
45.2
18.6
3.7
H18
野草地(0.5)
6.2
11.0
108.0
220.9
90.8
18.2
平均
5.2
9.2
82.1
167.9
69.0
13.8
注) 野草(原野)のTDN/DMは、日本標準飼料成分表(1995年版)から、48.9%とした。
注) H17年度は積雪により極端に劣るため、平均から除外した。
34
木曾田・瀬尾・笹尾・小田亘・澤井:周年放牧の確立と低コスト生産-備蓄草地を活用した冬期放牧の検討-
8 まとめ
岡山県における備蓄草地を活用した黒毛和種
の周年放牧体系の確立に向け、秋季備蓄草地を
活用した放牧延長および冬期放牧技術に取り組
んだ。
秋季備蓄草地の備蓄開始時期は8月中旬から
9月末までの開始が望ましく、冬期放牧の間、
放牧牛は体重の大きな減少も無く、また、栄養
状態として、栄養度指数(体重/体高)、血液
生化学検査にも異常は見られなかった。このこ
とから、冬期放牧は可能と考えられた。また、
冬期放牧の際、目安として備蓄草地の乾物収量、
TDN 収量で指標を作成するための検討を行った
が、放牧実績からの牧養力は、有意な相関が見
られなかったため、放牧牛の体重の推移、繁殖
ステージ(分娩末期、授乳期、維持期)を加味
した早坂らの方法を参考とし、放牧牛から推定
した草地からの TDN 摂取量を基に牧養力、乾物
摂取量を求めた。
実際の備蓄草地の放牧開始時の乾物収量と放
牧牛の推定乾物採食量から、冬期放牧時の備蓄
草地利用率が平均で 93.4%と非常に高くなり、
地際まで採食し、糞の間近まで採食することに
よる草地利用性の向上が確認できた。
これまで、冬期放牧の可能性を冬期放牧草地
の造成からの検討が主に成されており、実証試
験として冬期放牧が可能であるかどうかの検証
は多く成されている。放牧牛から備蓄草地を検
証し、冬期放牧の指標とするため、今回、放牧
牛からの摂取 TDN で備蓄草地の乾物収量、TDN
生産量を牧養力の推定の形で求めた。
放牧牛の摂取 TDN と備蓄草地乾物収量との間
にも有意な相関が認められたが、備蓄草地 TDN
生産量との間の相関も有意であり、かつより高
い相関を示した。放牧牛摂取 TDN から放牧牛か
らの牧養力が求められるため、回帰式を活用し、
牛の体重を区分とし、400kg、500kg、600kg の
場合での備蓄草地 TDN 生産量からの放牧可能頭
数を求めた。これは、今後、畜産農家が冬期放
牧を取り入れた周年放牧に取り組む時の放牧頭
数、放牧期間の目安としての活用が期待できる。
また、野草地については、今回収量調査を実
施しなかったため、指標の形では示されなかっ
たが、改良草地を活用した備蓄草地の代替とし
て活用が可能であると思われる。また、備蓄草
地の確保が困難な場合、これらの耕作放棄地や
原野を活用する、改良草地と組み合わせる方法
も有効であると考える。
引用文献
1)自給飼料品質評価研究会編(1994):粗飼料の
品質評価ガイドブック.日本草地協会,1-195
2)早坂貴代史、西口康彦、安藤貞(2005):無施
肥のシバ優占草地放牧の黒毛和種繁殖成雌牛に
おける放牧密度別の生産性と栄養管理.近畿中
国四国農業研究センター研究報告第4号,2005,
69-107
3)農林水産技術会議事務局編(2000):日本飼養
標準 肉用牛.中央畜産会,1-221
4)藤田和男、石黒潔(1994):肉用牛の放牧改善
技術(10)ウインターコントロールグレイジング
(冬期制限放牧)技術の確立.大分県畜産試験
成績報告書第 28 号,1-6
5)農林水産技術会議事務局編(1995):日本標準
飼料成分表.中央畜産会,1-293
じっと く ほう
シャル キュ トリー テール
Fly UP