コロナ 日本 人数

オープンデータ|厚生労働省


データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

日本における新型コロナウイルスの感染状況・グラフ*


1日当たりの新規感染者は1週間前と比べ約200人減少した。 7万人を超えたのは3月3日以来4カ月ぶり。 前週日曜日と比べ約1万1600人減少。 鳥取、島根、愛媛、大分で過去最多を更新した。 死亡者はは45人。

東京の新規感染 5327人、前週水曜日より1732人減少【都道府県別コロナ感染者数】9月28日夕更新


チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞" title="人数 コロナ 日本">
(2021年8月28日)• ファイザーの新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は、接種を受けた7人に心筋炎などの症状が確認されたと明らかにしました。 目次に戻る 日本国内の年代別のワクチン接種割合 新型コロナのワクチンを接種した人の割合を年代別にまとめたグラフです。 「1回目の接種を終えた人の割合」「2回目の接種も終えた人の割合」をそれぞれ表示しています。 78%が65歳以上の高齢者で、医療機関などからの報告では出血性の脳卒中や心不全などを起こしていたということです。 (2021年5月12日)• 厚生労働省によりますと、4月22日までに報告された接種後の症状のうち、国際的な評価指標でアナフィラキシーに該当したのは合わせて94件で、およそ2万6800回に1件の割合でした。

新型コロナ(感染状況) :日本経済新聞


このほかオーストラリアに9万3000人、タイに8万2000人、カナダに7万人、英国に6万3000人、ブラジルに4万8000人、ドイツに4万2000人、韓国に4万1000人、フランスに3万6000人が住んでいる。 バナー写真:PIXTA.。 両国で在留邦人の4割を占めている。 外務省がこのほど公表した海外在留邦人調査統計(2022年版)によると、2021年10月1日時点で海外に住む日本人(在留期間3カ月以上の長期滞在者と永住者)の数は134万4900人で、前年より1万2824人(約0. 9%)減少した。 10年前の11年と比べると、バンコクが2万人以上増加した一方、上海は1万9000人、ニューヨークは1万5000人もそれぞれ減少している。

コロナ全数把握の一律簡略化開始 届け出、高齢者らに限定|全国のニュース|Web東奥


。 。 。 。

 

代謝とは「糖、脂肪、アミノ酸などがどのように体内で変化するか」である。

 

キーワード:アセチルCoA

 

 ATP合成の流れ
アセチルCoAは主にグルコース、脂肪酸、グリセロール、アミノ酸から変換される。

 

 

 

脂肪酸は食物中の脂質または糖からのアセチルCoAによって合成される。つまり、脂肪酸からアセチルCoAが生成できる。

 

ATP合成は次の過程で合成される。
1.糖、脂肪酸、アミノ酸からアセチルCoAを生成。
2.アセチルCoAがクエン酸経路に入る。
3.アセチルCoAはクエン酸経路で酸化されH2O、CO2になり、NADH、FADH2、GTP(ATP)を生成する。
4.NADH、FADH2、GTP(ATP)は電子伝達系に入りATPを合成する。

 

糖or脂肪酸orグリセロールorアミノ酸 → アセチルCoA → クエン酸回路(TCA回路) → NADH、FADH2、GTP(ATP)→ 電子伝達系→ ATP合成 となり、この流れでATPが合成される。

 

 生体内のエネルギー配給

 

乾燥状態

湿潤状態

脂肪

9kcal/g

9kcal/g

タンパク質

4kcal/g

1~1.5kcal/g

4kcal/g

1~1.5kcal/g

 

これはそれぞれ1gの脂肪、タンパク質、糖を燃焼したときに発生するエネルギーである。しかし、乾燥状態と湿潤状態では発生するエネルギーが異なる。上の表を見て分かるように脂肪が一番発生エネルギーが高い。

 

また、私たちの体は湿潤状態である。そして脂肪は水をはじく。これらの理由で脂肪を蓄えるのが一番エネルギー配給の点で効率がよい。

 

 ATP合成
エネルギー産出の多くはミトコンドリアである。また、ミトコンドリアはグリセロリン脂質の二重膜から構成されている。

 

 

 

電子伝達系は「内膜とマトリックスの行き来」によってATPを合成する。内膜のクリステはダムのようなものである(電気化学的ポテンシャル)。このエネルギー差によりATPが合成される。

 

ATP(エネルギー)を効率よく産出するためには単純に面積を広くすればよい。そのため、ひだ状のクリステを形成する。このクリステと同じような構造は腸で見ることができる。

 

またアセチルCoAはミトコンドリア内に生成され、外へ遊離しない仕組みになっている。

 

 各経路
ミトコンドリア内… クエン酸回路、脂肪酸の分解、電子伝達系
細胞質… 解糖系、脂肪酸の合成
両方にまたがる経路 … 糖新生、尿素回路

 

 クエン酸経路(TCAサイクル)
この経路は触媒作用をするサイクルである。出発物質はアセチルCoAとオキサロ酢酸であり、これらの物質がクエン酸になる反応から開始される。

 

 

 

このサイクルの速度調節はクエン酸シンターゼイソクエン酸デヒドロゲナーゼによって行われる。クエン酸シンターゼはクエン酸、ATP、長鎖脂肪酸によって、イソクエン酸デヒドロゲナーゼはADPによってアロステリック調節を受けている。

 

オキサロコハク酸→α-ケトグルタル酸→スクシニルCoAと変化するときに酸化的脱炭素反応により2つのCO2が離れる。このとき、脱離する炭素原子は両方ともアセチルCoA由来でなく、オキサロ酢酸由来の炭素原子である。これにより新しい原子に変わる。

 

 

 

 α-ケトグルタル酸+NAD+CoA → スクシニル-CoA+CO2+NADH+H

 

この反応はα-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体によって触媒される。この反応はピルビン酸デヒドロゲナーゼと同じ補因子によって起こる。つまり、TDP(チアミン二リン酸)、リポ酸、NAD、FAD、CoAが存在するときにスクシニルCoAを形成する。

 

ATPの合成には電子伝達系と基質レベルのリン酸化によって作られる。基質レベルのリン酸化とは基質そのものの高いエネルギーを使用する。スクシニルCoAは基質のエネルギーが高いためATPを作りエネルギーを下げる。

 

クエン酸回路ではNADHの生成は3ヶ所、FADH2の生成は1ヶ所、基質レベルのリン酸化は1ヶ所で起こる。NADHからは3分子のATPを、FADH2からは2分子のATPを合成できる。つまり、クエン酸回路が1回転すると12分子のATPが生成される。

 

 クエン酸回路の両義的性質
・エネルギーの生産
一つは言うまでもなくATP、NADH、FADH2などを生成してエネルギーを得ることである。

 

・生体成分の原料の提供
例えば、グルタミン酸やアスパラギン酸が必要になるとする。グルタミン酸はα-ケトグルタル酸からアミノ基転移反応によって生成される。アスパラギン酸はオキサロ酢酸からアミノ基転移反応によって生成される。

 

つまり、クエン酸経路から引き抜くことにより生体成分の原料を提供している。

 

 電子伝達系、酸化的リン酸化
クエン酸経路によって産生されたNADHやFADH2のもつ電子(水素)は電子伝達系によって酸化される。このとき、酸化的リン酸化が起こる。酸化的リン酸化とは、ADPをリン酸化してATPを産生させることである。

 

 1分子のグルコースが分解された時のATPの総生産量
・解糖系
ATP 2  NADH 2個細胞質に残る

 

・ミトコンドリア内
ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体
NADH 2

 

クエン酸回路
(ATP 1  NADH 3  FADH2 1)×2

 

1分子のNADHからは3分子のATPを、1分子のFADH2からは2分子のATPを合成できるので、これを計算すると38ATPが生産されることになる。ただし、細胞質に残った2NADHを使って膜内のNAD をNADHに変えるときに、グリセロリン酸シャトルを使用するかリンゴ酸シャトルを使用するかで総ATP量が違ってくる。

 

グリセロリン酸シャトルでは1NADHから2ATPを生成し、リンゴ酸シャトルは1NADHから3ATPを生成する。よって、グリセロリン酸シャトルを使用するとATPの総生産量は36になる。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク