スクワット シューズ


到着して、毎日10分程度使用していますが、うっすらと汗をかき心地よい運動量になっていると思いますが、効果は果たして・・・1ヶ月後が楽しみに思っています。 2ヶ月程度経過したら10分前後で動かなくなったので、問い合わせした結果、8日以上経過しているため取り替えることができないと冷たく対応され、開発時等耐久試験の有無も聞いたが何も回答されず、最終的に点検するので商品を送付しました。 1ヶ月強回答が無いため問い合わせメールするも回答無く、その後音沙汰無く新たな商品が送られてきました。 点検結果は、オイル漏れを起こしていたためとのことでした。 新たな商品も同じような症状にならないか心配です。 同様の症状にならないことを報告文書で明言して頂きたかったです。 迷惑をかけたお客への報告文書とはほど遠いありきたりのものと思いました。 これまでの状況を鑑みると、不具合が発生した時点であれこれ言い張るのでは無く商品の交換をすれば長き迷惑をかけることなく解決したものと思います。 私はいろいろネット商品を購入していますが、他ショップ等は不備があった場合商品の取り替え等即応しています。 要らぬお世話かもしれませんが、今までのような対応をしていると信頼がなくなりそのうち・・・ 私はもうTBSショッピングはお薦めしません。 お客様サービス 対応 はメーカー含めて最低でした。


。 。 。 。 。


【特別価格】保阪尚希監修 美フォームスクワット" title="シューズ スクワット">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。

by user

on
Category: Documents

Comments

Transcript

薬物性味覚障害 - Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
重篤副作用疾患別対応マニュアル
薬物性味覚障害
平成23年3月
厚生労働省
本マニュアルの作成に当たっては、学術論文、各種ガイドライン、厚生労
働科学研究事業報告書、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事
業報告書等を参考に、厚生労働省の委託により、関係学会においてマニュア
ル作成委員会を組織し、社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作
成されたマニュアル案をもとに、重篤副作用総合対策検討会で検討され取り
まとめられたものである。
○日本口腔科学会マニュアル作成委員会
※天笠 光雄
東京医科歯科大学大学院顎顔面外科学分野
白砂 兼光
九州大学大学院歯学研究院名誉教授
金子 明寛
東海大学医学部外科学系口腔外科教授
北川 善政
北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔診断
内科学教室教授
草間 幹夫
自治医科大学医学部歯科口腔外科学講座教授
古郷 幹彦
大阪大学大学院歯学研究科顎口腔病因病態制御学講座
口腔外科学第一教室教授
古澤 清文
松本歯科大学口腔顎顔面外科学講座教授
※委員長(敬称略)
○社団法人日本病院薬剤師会
飯久保 尚
東邦大学医療センター大森病院薬剤部部長補佐
井尻 好雄
大阪薬科大学臨床薬剤学教室准教授
大嶋 繁
城西大学薬学部医薬品情報学講座准教授
小川 雅史
大阪大谷大学薬学部臨床薬学教育研修センター実践
医療薬学講座教授
大濵 修
福山大学薬学部医療薬学総合研究部門教授
笠原 英城
社会福祉法人恩賜財団済生会千葉県済生会習志野病
院副薬剤部長
小池 香代
名古屋市立大学病院薬剤部主幹
後藤 伸之
名城大学薬学部医薬品情報学研究室教授
小林 道也
北海道医療大学薬学部実務薬学教育研究講座准教授
鈴木 義彦
国立病院機構東京医療センター薬剤科長
高柳 和伸
財団法人倉敷中央病院薬剤部長
濱
敏弘
癌研究会有明病院薬剤部長
林
昌洋
国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部長
(敬称略)
1
○重篤副作用総合対策検討会
秋野 けい子
財団法人日本医薬情報センター理事
飯島 正文
昭和大学病院院長・皮膚科教授
池田 康夫
早稲田大学理工学術院先進理工学部生命医科学教授
市川 高義
日本製薬工業協会医薬品評価委員会 PMS 部会委員
犬伏 由利子
消費科学連合会副会長
岩田 誠
東京女子医科大学名誉教授
上田 志朗
千葉大学大学院薬学研究院医薬品情報学教授
笠原 忠
慶應義塾常任理事・薬学部教授
金澤 實
埼玉医科大学呼吸器内科教授
高杉 敬久
社団法人日本医師会常任理事
戸田 剛太郎
財団法人船員保険会せんぽ東京高輪病院名誉院長
林
昌洋
国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部長
※松本 和則
獨協医科大学特任教授
森田 寛
お茶の水女子大学保健管理センター所長
※座長 (敬称略)
2
本マニュアルについて
従来の安全対策は、個々の医薬品に着目し、医薬品毎に発生した副作用を収集・評
価し、臨床現場に添付文書の改訂等により注意喚起する「警報発信型」、
「事後対応型」
が中心である。しかしながら、
① 副作用は、原疾患とは異なる臓器で発現することがあり得ること
② 重篤な副作用は一般に発生頻度が低く、臨床現場において医療関係者が遭遇す
る機会が少ないものもあること
などから、場合によっては副作用の発見が遅れ、重篤化することがある。
厚生労働省では、従来の安全対策に加え、医薬品の使用により発生する副作用疾患
に着目した対策整備を行うとともに、副作用発生機序解明研究等を推進することによ
り、「予測・予防型」の安全対策への転換を図ることを目的として、平成 17 年度か
ら「重篤副作用総合対策事業」をスタートしたところである。
本マニュアルは、本事業の第一段階「早期発見・早期対応の整備」として、重篤度
等から判断して必要性の高いと考えられる副作用について、患者および臨床現場の医
師、薬剤師等が活用する治療法、判別法等を包括的にまとめたものである。
記載事項の説明
本マニュアルの基本的な項目の記載内容は以下のとおり。ただし、対象とする副作
用疾患に応じて、マニュアルの記載項目は異なることに留意すること。
患者の皆様
・ 患者さんや患者の家族の方に知っておいていただきたい副作用の概要、初期症状、
早期発見・早期対応のポイントをできるだけわかりやすい言葉で記載した。
医療関係者の皆様
【早期発見と早期対応のポイント】
・ 医師、薬剤師等の医療関係者による副作用の早期発見・早期対応に資するため、
ポイントになる初期症状や好発時期、医療関係者の対応等について記載した。
【副作用の概要】
・ 副作用の全体像について、症状、検査所見、病理組織所見、発生機序等の項目毎
に整理し記載した。
3
【副作用の判別基準(判別方法)】
・ 臨床現場で遭遇した症状が副作用かどうかを判別(鑑別)するための基準(方
法)を記載した。
【判別が必要な疾患と判別方法】
・ 当該副作用と類似の症状等を示す他の疾患や副作用の概要や判別(鑑別)方法
について記載した。
【治療法】
・ 副作用が発現した場合の対応として、主な治療方法を記載した。
ただし、本マニュアルの記載内容に限らず、服薬を中止すべきか継続すべきか
も含め治療法の選択については、個別事例において判断されるものである。
【典型的症例】
・ 本マニュアルで紹介する副作用は、発生頻度が低く、臨床現場において経験の
ある医師、薬剤師は少ないと考えられることから、典型的な症例について、可能
な限り時間経過がわかるように記載した。
【引用文献・参考資料】
・ 当該副作用に関連する情報をさらに収集する場合の参考として、本マニュアル
作成に用いた引用文献や当該副作用に関する参考文献を列記した。
※ 医薬品の販売名、添付文書の内容等を知りたい時は、独立行政法人医薬品医療機器
総合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページの「添付文書情報」から検索するこ
とが出来ます。
(http://www.info.pmda.go.jp/)
また、薬の副作用により被害を受けた方への救済制度については、独立行政法人医薬品医療機
器総合機構のホームページの「健康被害救済制度」に掲載されています。
(http://www.pmda.go.jp/)
4
やくぶつせい み か く しょうがい
薬物性味覚 障 害
英語名:drug-induced taste disturbance、drug-induced taste dysfunction
A.患者の皆様へ
ここで紹介している副作用は、まれなもので、必ず起こるというものではありません。
ただ、副作用は気づかずに放置していると重くなり健康に影響をおよぼすことがあるので、
早めに「気づいて」対処することが大切です。そこで、より安全な治療を行ううえでも、
本マニュアルを参考に、患者さんご自身、またはご家族に副作用の黄色信号として「副作
用の初期症状」があることを知っていただき、気づいたら医師あるいは薬剤師に連絡して
下さい。
「甘い」、
「塩からい」
、
「酸っぱい」、
「苦い」などの味がわから
ないことを味覚障害といいます。何らかの薬を飲んだことによっ
て味覚障害がおこることがあり、高齢者に多くみられ、薬物性味
覚障害とよばれます。
もし、お薬を飲んで次のような症状がでた場合は、医師あるい
は薬剤師に相談してください。
「味を感じにくい」、「嫌な味がする」、「食べ物の味が変わった」
「食事がおいしくなくなった」
5
1.味覚障害とは?
味覚はおもに舌で感じます。また、軟口蓋、咽頭の一部でも感じま
す。味覚障害の症状はさまざまで、部位的には舌の一部や片側が、
また舌全体が味覚を感じないことがあります。その程度も濃い味でな
いと感じないもの(味覚減退)や、全く味を感じないもの(味覚消失)が
あります。さらに、本来の味を異なった味に感じること(錯味)もありま
す。
薬を飲んだことによっておこる薬物性味覚障害では、全体的に味を
感じなくなる、あるいは一部の味が低下する症状がよく見られます。
原因となる薬には降圧薬、消化性潰瘍治療薬、抗うつ薬、抗菌薬、抗
がん薬などがあります。亜鉛キレート作用(亜鉛の吸収を抑制する作
用)のある薬や唾液分泌をおさえる薬に味覚障害が起こりやすいと考
えられています。
2.早期発見と早期対応のポイント
いろいろな薬剤を服用している高齢者では、発症に至る時間や症
状も様々で、初期の症状を捉えることは困難なことがあります。味覚
障害がみられる場合、薬を服用した後、多くは2~6週間で症状がで
ます。「味を感じにくい」、「嫌な味がする」、「食べ物の味が変わった」
などの症状がみられたら、医師又は薬剤師に相談して下さい。「口が
乾くあるいは、食事がおいしくなくなった」などの症状も味覚障害の前
ぶれかも知れません。
薬物性味覚障害では、発症後できるだけ早期に原因となる薬物を
中止または変更した方が、症状の改善が見られることが多いとされて
います。
6
※
医薬品の販売名、添付文書の内容等を知りたい時は、独立行政法人医薬品医療機器
総合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページの「添付文書情報」から検索するこ
とが出来ます。(http://www.info.pmda.go.jp/)
また、薬の副作用により被害を受けた方への救済制度については、独立行政法人医
薬品医療機器総合機構のホームページの「健康被害救済制度」に掲載されています。
(http://www.pmda.go.jp/ )
7
B.医療関係者の皆様へ
1.早期発見と早期対応のポイント
(1)早期に認められる症状
薬物性味覚障害は高齢者に多く、複数の薬剤を服用しており、また発症
までの時間や症状もまちまちで、初期の症状を捉えることは困難なことが
多い。初期症状を含め、よく訴える症状に以下のようなものがある。
① 味(甘、塩、酸、苦)が感じにくい
② 食事が美味しくない
③ 食べ物の好みが変わった
④ 金属味や渋味など、嫌な味がする
⑤ 味のしないところがある
⑥ 口が渇く
(2)副作用の好発時期
原因となりうる薬剤の服用後、直ぐに発症することもあるが、多くは約
2 週から 6 週間以内に味覚障害が起こる。服用中止後も長期にわたって症
状が継続し、緩解するまで数か月を要することもある。
(3)患者側のリスク因子
① 性:男女比は 2:3 の割合で,女性に多いとの報告1)があるが、その
理由は不明である。
② 年齢:1980 年代の我が国の報告では、味覚障害の好発年齢は 50~60
歳代にピークがあったが、最近では 60 歳以降の発症が多く、高齢者
に多い疾患であることが認識されつつある 2)。2003 年の調査によると、
我が国における味覚障害患者は年間 24 万人といわれ、その数は 1990
年の年間 14 万人から約 1.8 倍に増加している 1)。その理由の一つと
して、急激な高齢化社会を迎えていることが挙げられる。米国の調査
4)
でも味覚・嗅覚障害患者の約 40 %が 65 歳以上であり、同様の傾向
が指摘されている。
③ 誘因となる疾患:精神神経疾患、循環器疾患、高血圧症、胃疾患、
肝障害、腎障害、癌などの疾患を有する患者は薬物性味覚障害を生じ
やすい。
④ 薬剤の種類の数:薬剤の中には味覚障害を直接、あるいは間接的に
誘発するものも少なくない。多数の薬剤を服用している人は、よりリ
スクが高いといえる。
⑤ 薬剤の服用期間:発症リスクは薬剤の服用期間が長期にわたるほど、
8
服用量が増加するほど高くなる。
(4)推定原因医薬品(味覚障害を引き起こす可能性の高い薬剤)
薬物性味覚障害の中で、添付文書に口腔内苦味感が記されている薬剤を
表 1 に示した 5)。その中には催眠鎮静薬、精神神経用薬および循環器官用
薬が多い。味覚障害・味覚異常が報告されており、添付文書に記載されて
いる薬剤を表 2 に示した 5)。味覚障害を起こす薬剤は多品目あり、口腔内
苦味感が記されている薬剤と同様に循環器官用薬、催眠鎮静薬、精神神経
用薬が多い。
(5)医療関係者の対応のポイント
味覚障害と薬剤との関連を明らかにする。薬剤の副作用欄に味覚障害が
明記されている場合や、主訴や既往歴から原因薬剤の可能性が高い場合は
その薬剤の休薬を検討する。早期に休薬することで症状の改善、回復に至
ることが多い。原疾患治療のため、休薬が困難な場合は薬剤を変更する。
休薬や薬剤の変更によっても、症状の回復が見られない場合は口腔外科
や耳鼻咽喉科など味覚検査可能な専門医を紹介する。
2.副作用の概要
(1)自覚症状
味覚障害の症状はその多くが自覚症状である。その症状は以下のように
分類される。
① 味覚減退:
「味が薄くなった,味を感じにくい」
② 味覚消失・無味症:
「全く味がしない」
③ 解離性味覚障害:
「甘みだけがわからない」
④ 異味症・錯味症:
「しょう油が苦く感じる」
⑤ 悪味症:
「何を食べても嫌な味になる」
⑥ 味覚過敏:
「味が濃く感じる」
⑦ 自発性異常味覚:
「口の中に何もないのに苦みや渋みを感じる」
⑧ 片側性味覚障害:一側のみの味覚障害
薬物性味覚障害では、①味覚減退、④異味症・錯味症、⑦自発性異常味
覚(苦味や渋味)などが多く、進行すると②味覚消失・無味症に至ること
もある。
(2)他覚症状
薬物性味覚障害において,明確な他覚症状はない。味覚検査、血液検査
などによって、その症状を把握することはできるが、患者自身の主観的な
訴えによるところが大きい。
9
(3)臨床検査
① 血液検査:血液一般検査(貧血の有無)、微量元素(亜鉛、銅、鉄)、ビ
タミン B12 などの検査を行う。また、鑑別のために糖尿病、肝機能、腎
機能などの検査も行う。
② 味覚機能検査法:味覚機能検査により味覚障害の診断および程度を評
価するのに重要である。味覚機能検査には幾つかあるが、患者及び症
状により使い分ける。現在、広く用いられているのはろ紙ディスク検
査法および電気味覚検査法である。
・ろ紙ディスク法 (filter-paper disc method; FPD method):ろ紙
ディスク検査法は「甘味」、
「酸味」、「苦味」、
「塩味」の 4 つの基本
味を、具体的に蔗糖(甘味)、酒石酸(酸味)、塩酸キニーネ(苦味)、
食塩(塩味)を含んだ液を直径 5 mm のろ紙ディスクに含ませ、舌
表面に置き、味を判定させる。
・全口腔法:ろ紙ディスク法と同様に味液を口腔に垂らして、口腔内
全体で味覚の有無を測定する方法もある。高齢の方などには時間が
かからない利点があるが、領域ごとの味覚機能を判定することはで
きない。欧米では比較的汎用されている。
・電気味覚検査 (electrogustometry; EGM):電気味覚計を使用し、
陽極の直流電流で舌を刺激すると、鉄くぎをなめたような金属味や
酸味を感じることにより判定する(不関電極は被検者の頸部に装
着)。
・味覚の検査部位 6)
a) 舌前方(2/3):鼓索神経
b) 舌根部:舌咽神経
c) 軟口蓋:大錐体神経
図 味覚検査部位
10
③ 唾液分泌検査:ガムテスト(正常値:10 mL 以上/10 分)を行い、口
腔乾燥症の参考とする。
(4)発症機序
味覚の生理的観点から、三つの味覚異常発症機序が考えられる。
① 味物質の運搬:まず、味物質を含む食物が唾液と混じり合い溶液とな
って、味蕾の先端の味孔の微絨毛に到達することが重要である。微絨
毛に味覚受容体があり、ここで味物質が受容体と反応する。この段階
は唾液が必須である。唾液分泌低下は唾液の溶解作用、抗菌・殺菌作
用や保護作用も低下をきたすので、味孔内への細菌や食物残渣の侵入
がおこり、味物質の味覚受容器への拡散を阻害する。唾液分泌を低下
させる薬剤には、降圧薬、抗ヒスタミン薬、抗てんかん薬、抗パーキ
ンソン病薬、精神安定薬などが挙げられる。
② 味覚受容器への影響:味蕾の機能低下や異常によるもので、舌苔、舌
炎、放射線障害、薬剤の副作用、内分泌疾患、肝・腎障害などが関連
している。鉄欠乏性貧血による平滑舌、ビタミンB12 欠乏による Hunter
舌炎にみられる味覚障害はこれに含まれる。また、味覚障害の発症機
序に、副腎皮質ステロイド、金属などの微量元素などの関与が示唆さ
れ 7,8)、なかでも、必須微量元素の一つである亜鉛との関連性がよく検
討されている 9)。味覚障害をおこす可能性のある薬剤は 200 種類以上
とされる。その発現機序は、薬剤の亜鉛に対するキレート作用、これ
に続発する亜鉛欠乏による味細胞のターンオーバーへの影響などが原
因として指摘されている。
③ 神経伝達異常:味蕾から中枢への味覚伝達の異常で、ウイルス感染、
悪性腫瘍、頭部外傷、外科手術、脳梗塞などが関連している。また、
歯科での下顎孔の伝達麻酔による障害なども含まれる。
このなかで薬物性味覚障害は、①と② が圧倒的に多く、③は少ない。
3.副作用の判別基準(判別法)
すでに味覚障害の副作用が報告されている薬剤で味覚障害を生じた場
合は、その薬剤が原因と考え、可能であれば、服用の中止などの処置をと
るのが、常識的である。
薬物性味覚障害と診断するためには、原因となる薬剤と味覚障害の間に
明確な関係を示すことが必要である。発症が薬剤の使用を開始してからみ
られ、薬剤の中止によって症状が改善することが確認されて、初めて両者
の因果関係が証明できる。実際にはこれを証明するのは困難なことが多い。
11
4.判別が必要な疾患と判別法
味覚障害の原因別頻度については、薬物性味覚障害が最も多く
(21.7 %)
、ついで、特発性(15.0 %)
、亜鉛欠乏性(14.5 %)、心因性
(10.7 %)、さらに、嗅覚障害、全身疾患性、口腔疾患、末梢神経障害、
中枢性神経障害による味覚障害などが報告されている 2)。
以下、判別の必要な疾患について述べる。
① 特発性味覚障害:血清亜鉛値を含め諸検査が正常であり、原因や誘因
が不明な味覚障害である。その大部分は食事性潜在性亜鉛欠乏症とさ
れ、亜鉛製剤投与が有効な場合が多い。血清亜鉛値や各種の検査で味
覚障害の原因となるような異常が見つからない場合に特発性と診断す
る。
② 亜鉛欠乏性味覚障害:血清亜鉛値の低下が証明され、かつ、それ以外
に味覚障害の誘因や原因が明確でない症例である。味蕾には亜鉛が豊
富に含まれており、亜鉛が欠乏すると、味蕾の味細胞の分化が遅延し、
味覚受容体の感度の低下につながると考えられている。偏食、不規則
な食習慣、食品添加物(ポリリン酸、フィチン酸、EDTA 含有)などが
原因となり、亜鉛の吸収を妨げたり、体内の亜鉛が排泄されることに
よると考えられている。診断は一般的には、血清亜鉛値は 69 μg/dL
以下を低値とする。
③ 心因性味覚障害:軽度のうつ病、仮面うつ病、転換ヒステリー、神経
症、神経性食欲不振に伴い味覚障害を発症することがある。このよう
な患者は心療内科等にコンサルティングすることが望ましい。
④ 風味障害(嗅覚障害)
:味覚障害を訴えるが、実際は嗅覚障害である症
例がある。味覚機能に異常のない嗅覚・風味障害と味覚・嗅覚の両者
の障害が合併することがある。原因として感冒罹患が最多である。ウ
イルス感染により嗅覚や味覚を司る神経が障害を受けることによる。
感冒罹患後、直ちに味覚障害を自覚した場合にはこの可能性が極めて
高い。
⑤ 全身性味覚障害: 糖尿病、急性、慢性肝障害、腎不全、甲状腺機能低
下、胃・腸切除などの患者で味覚障害が生じやすい。
⑥ 口腔粘膜疾患:カンジダ感染症、舌炎、舌苔、口腔乾燥により、味蕾
の萎縮や味物質の味細胞への運搬が障害される。口腔粘膜疾患の診断
特殊な舌炎として鉄欠乏性貧血、Hunter 舌炎がある。
⑦ 末梢神経障害:舌・咽頭部の悪性腫瘍手術、中耳や扁桃の手術、外傷、
顔面神経麻痺(Bell 麻痺、Ramsay Hunt 症候群など)に伴い生ずる。
⑧ 中枢神経障害:脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、頭部外傷、多発性硬化症、
末梢神経障害などにより生ずる。
⑨ 放射線治療:放射線照射により味細胞障害、神経障害、唾液分泌障害、
12
循環不全が起こる。放射線照射 1~2 か月後がピークで、その後 1~2
年でかなり軽快する。
上記①、②、⑤において亜鉛欠乏が直接的、間接的に関与しており全体
の約 70%におよぶとされる。
5.治療方法
治療の基本は、原因薬剤を特定し早期に中止することである。既に述べ
られているが味覚障害を起こすと考えられる薬剤の数は多い。複数の薬剤
を投与されていることが多く、特定するのに困難を極めることもある。ま
た、循環器系薬剤などで中止が困難な場合もある。原疾患の専門医との連
携が大事である。
味覚異常は人の感覚による判断であるため症状の経緯がわかりにくい。
また、急激な改善も期待しにくい。このことから、治療当初から改善には
時間がかかることを説明しておく必要がある。さらに原因となる薬剤を投
与される原疾患の重要性から原因薬剤が中止できない場合もあることを
十分に説明しておかねばならない。
治療の要約
① 原因薬剤の中止・減量
② 亜鉛剤の補給(味蕾の再生促進を期待して補給)
処方例) ポラプレジンク 1.0 g/日 (保険適用外)
処方例) 硫酸亜鉛 ZnSO4・7H2O(試薬) 100 mg/回 1 日 3 回など
③ 口腔乾燥の治療・唾液流出の促進、口腔の湿潤を保ち、唾液分泌
を促進する。
処方例) 人工唾液
処方例) 麦門冬湯 9.0 g/日 など
④ 口腔清掃とケア、
含嗽、衛生不良な不適合な義歯などの修理または再制作
薬物性味覚障害の治療法としては、上記①、②の治療法の重要度が高い。
必要に応じて③、④を行う。さらに鉄剤、ビタミン剤、漢方薬なども有効
なことがある。なお、原疾患に注意しながら治療を行う。
13
6.典型的な症例概要
症例-1):50 歳代、女性
【家族歴・既往歴】特記事項無し
【現病歴】右下顎臼歯部のインプラント治療を受けていたときに、同部に触
れる舌縁部に口内炎が出現し、担当医からデキサメタゾン軟膏の処
方を受けた。軟膏塗布を開始したところ 2~3 日後より味覚障害が
出現し、甘いもの以外は感じなくなってしまった。口内炎が 1 週く
らいで軽快したので、軟膏塗布を中止ししたところ、5~10 日くら
いで徐々に味覚障害が軽快した。しかし、その後も、同様に口内炎
が出現し、同じデキサメタゾン軟膏を塗布したところ、再度味覚障
害が生じた。そのため歯科医に相談したところ、使用しないように
指示され、使用を中止したところ、味覚が回復した。
【臨床診断】デキサメタゾン軟膏による味覚障害
【経過】それ以降、口内炎が出現しても同軟膏の使用はやめ、アズレン軟膏
を使用しているが、味覚障害は出現しない。
症例-2):60 歳代、男性
【家族歴】特記事項無し
【既往歴】10 数年前に椎間板ヘルニアにて安静目的で 3 週間入院した。その
後、左側下肢のしびれが残ったが、水泳、ウォーキングにて 3 年後
には日常生活に支障のない程度に軽快した。春先に花粉症様の症状
が数年前からあったが、検査、治療を受けることはなかった。
【嗜好飲食物】喫煙歴無し、飲酒歴としてはおよそ 40 年間ほぼ毎日飲酒。
【現病歴】半年ほど前から白色の痰と咳に悩まされ続けていた。同様の症状
は数年来あり、通常は、夏になる頃には咳も痰も軽快していたが、
今回は夏になっても咳、痰は持続していた。患者は結核と肺がんを
心配し、呼吸器内科に受診した。CT 検査、結核菌検査、血液検査、
アレルギー検査、呼吸機能検査などを行い、肺結核と肺がんは否定
された。アレルギー検査では、スギ、ヒノキ、ガに陽性、カモガヤ、
ブタクサ、ヤケヒョウヒダニ(ダニ 1)、ハウスダストに偽陽性の反
応がでた。気管支喘息および花粉症と診断された。サルメテロール
キシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル(吸入剤)とモ
ンテルカストナトリウム錠 10 mg(内服)が処方された。2種の薬の
服用開始 3 日後頃より、徐々に口腔内に苦味感が出現し、さらに数
日後には、どの食事も苦味感を感じるようになり、食事が美味しく
なくなった。
【臨床診断】薬剤による味覚障害の疑い
【処置及び経過】担当の内科医に味覚異常を訴えたところ、サルメテロール
キシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル(吸入剤)を中
14
止し、シクレソニド吸入剤が処方された。モンテルカストナトリウ
ム錠 10 mg の服用は継続された。サルメテロールキシナホ酸塩・フ
ルチカゾンプロピオン酸エステル(吸入剤)中止後 4~5 日頃から
苦味感がやや減少し、7~10 日後には味覚異常をほとんど感じなく
なった。特にアレルギー検査を行わなかったが、上記症状および経
過からサルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エ
ステル(吸入剤)吸入による味覚障害と診断された。
7.引用文献・資料
1) 坂本平守, 藤崎昇, 岡田博文編:当科における味覚外来の現状.耳鼻臨 補 28:86,
1988.
2) Hamada N, Endo S, Tomita H:Characteristics of 2278 patients visiting the Nihon
University Hospital Taste Clinic over a 10-year period with special reference to
age and sex distribution. Acta Otolaryngol (Suppl) 546 : 7-15, 2002.
3) Ikeda M, Aiba T, Ikui A, Inokuchi A, Kurono Y, Sakagami M, Takeda N, Tomita H.: Taste
disorders ; A survey on examination methods, and treatments used in Japan. Acta
Otolaryngol (Stockh) 125 : 1203-10, 2005.
4) Hoffman H, Ishii EK, MacTurk RH : Age-related changes in the prevalence of
smell/taste problems among the United States adult population. Results of the
1994 Disability Supplement to the National Health Interview Survery (NHIS).
Ann N Y Acad Sci 855 : 716-22, 1988.
5) 日本医薬品集 DB 2011 年 1 月版,じほう.東京,2011.
6) 池田 稔:味覚障害診療の手引き.第2版、金原出版、東京、2008.
7) Henkin RI, Gill JR Jr, Bartter FC : Studies on taste thresholds in normal man
and in patients with adrenal cortical insufficiently : the role of adrenal cortical
steroids and of serum sodium concentration. J Clin Invest 42 : 727-35, 1963.
8) 生井明浩:微量元素の測定 -亜鉛,銅,鉄- 第 1 版 文光堂 106-9, 2003.
9) Henkin RI, Bradley DF : Hypogeusia corrected by Ni++ and Zn++. Life Sci 9, 701-9,
1970.
15
表1.添付文書に口腔内苦味の記載がある薬剤 5)
薬効分類
催眠鎮静剤・抗不安剤
睡眠剤
睡眠および麻酔導入剤
解熱鎮痛消炎剤
インドール酢酸系消炎鎮痛剤
オキシカム系消炎鎮痛剤
抗パーキンソン剤
ドパミン作動性パーキンソン病治療
剤レストレスレッグス症候群治療剤
精神神経用剤
うつ病・うつ状態治療剤
選択的セロトニン再取り込み阻害剤
(SSRI)
四環系抗うつ剤
その他の中枢神経系用剤
食欲抑制剤
鎮けい剤
筋緊張緩和剤
眼科用剤
ニューキノロン系抗菌剤
炭酸脱水酵素阻害剤
炭酸脱水酵素阻害剤β-遮断剤配合
剤 緑内障・高眼圧症治療剤
耳鼻科用剤
抗炎症・血管収縮剤
強心剤
ドパミンプロドラッグ
不整脈用剤
β遮断剤
不整脈治療剤
血圧降下剤
中枢性α2刺激剤
ACE阻害剤
血管拡張剤
心・腎疾患治療剤
高脂血症用剤
高コレステロール血症治療剤
気管支拡張剤
一般名
エスタゾラム
フルニトラゼパム
プログルメタシンマレイン酸塩
ロルノキシカム
プラミペキソール塩酸塩水和物
ドスレピン塩酸塩、ロフェプラミン塩酸塩
フルボキサミンマレイン酸塩
マプロチリン塩酸塩
マジンドール
チザニジン塩酸塩
ガチフロキサシン水和物(外用剤)
ドルゾラミド塩酸塩
ドルゾラミド塩酸塩・チモロールマレイン酸塩
塩酸テトラヒドロゾリン・プレドニゾロン
ドカルパミン
カルテオロール塩酸塩
ピルメノール塩酸塩水和物、フレカイニド酢酸塩
グアナベンズ酢酸塩
ペリンドプリルエルブミン
ジラゼプ塩酸塩水和物
コレスチミド
16
抗コリン性気管支収縮抑制剤
消化性潰瘍用剤
プロトンポンプインヒビター
甲状腺・副甲状腺ホルモン剤
抗甲状腺剤
その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
選択的α1遮断剤
化膿性疾患用剤
リンコマイシン系抗生物質
解毒剤
有機リン中毒解毒剤
他に分類されない代謝性医薬品
ヒトエリスロポエチン
オキシトロピウム臭化物
ラベプラゾールナトリウム
プロピルチオウラシル
シロドシン
クリンダマイシン(外用剤)
プラリドキシムヨウ化物
エポエチンアルファ(遺伝子組換え)、エポエチンベ
ータ(遺伝子組換え)
放射性医薬品
放射性医薬品
その他のアレルギー用剤
アレルギー性疾患治療剤
合成抗菌剤
抗菌性化学療法剤
ニューキノロン系抗菌剤
診断用医薬品
非イオン性尿路・血管造影剤
合成コルチコトロピン放出ホルモン(h
CRH)
成長ホルモン分泌不全症診断剤
他に分類されない治療を主目的としな
い医薬品
禁煙補助剤
ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テク
ネチウム(99mTc)、塩化タリウム(201Tl)注射液
アゼラスチン塩酸塩、エメダスチンフマル酸塩
ピロミド酸
モキシフロキサシン塩酸塩
イオプロミド
コルチコレリン(ヒト)
プラルモレリン塩酸塩
ニコチン
17
表2.添付文書に味覚障害・味覚異常記載がある薬剤 5)
薬効分類
催眠鎮静剤・抗不安剤
入眠剤
チエノトリアゾロジアゼピン系睡眠導
入剤
抗てんかん剤
向精神作用性てんかん・躁状態治
療剤
抗てんかん剤レボドパ賦活型パー
キンソン病治療薬
抗てんかん剤
解熱鎮痛消炎剤
疾患修飾性抗リウマチ薬(DMAR
D)
フェニルプロピオン酸系解熱消炎鎮
痛剤
インドール酢酸系消炎鎮痛剤
フェニル酢酸系消炎鎮痛剤
非ステロイド性消炎鎮痛剤
チオフェン酢酸系消炎鎮痛剤
イソキサゾール系消炎鎮痛剤
抗パーキンソン剤
末梢COMT阻害剤
抗パーキンソン剤
パーキンソニズム治療剤
精神神経用剤
三環系抗うつ剤
抗うつ剤・遺尿症治療剤
うつ病・遺尿症治療剤
チエピン系統合失調症治療剤
トリアゾロピリジン系抗うつ剤
抗うつ剤
三環系情動調整剤
選択的セロトニン再取り込み阻害剤
(SSRI)
四環系抗うつ剤
セロトニン・ノルアドレナリン再取り
込み阻害剤(SNRI)
一般名
ゾルピデム酒石酸塩
ブロチゾラム
カルバマゼピン
ゾニサミド
トピラマート
アクタリット
イブプロフェン
インドメタシン ファルネシル、エトドラク、プログルメタシンマ
レイン酸塩
ジクロフェナクナトリウム
スリンダク、セレコキシブ、メロキシカム
チアプロフェン酸
モフェゾラク
エンタカポン
セレギリン塩酸塩、ペルゴリドメシル酸塩、レボドパ
レボドパ・カルビドパ水和物
アミトリプチリン塩酸塩、アモキサピン
イミプラミン塩酸塩
クロミプラミン塩酸塩
ゾテピン
トラゾドン塩酸塩
トリミプラミンマレイン酸塩
ノルトリプチリン塩酸塩
フルボキサミンマレイン酸塩、塩酸セルトラリン
マプロチリン塩酸塩
ミルナシプラン塩酸塩、デュロキセチン塩酸塩
18
その他の中枢神経系用剤
末梢性神経障害性疼痛治療剤
筋萎縮性側索硬化症用剤
骨格筋弛緩剤
末梢性筋弛緩・悪性症候群治療剤
鎮けい剤
抗痙縮GABA誘導体
眼科用剤
緑内障治療剤,口腔乾燥症状改善
剤
耳鼻科用剤
イミダゾリン系血管収縮剤
不整脈用剤
不整脈治療剤
短時間作用型β1遮断剤
不整脈治療・糖尿病性神経障害治
療剤
利尿剤
炭酸脱水酵素抑制剤
ループ利尿剤
血圧降下剤
ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤
ACE阻害剤
長時間作用型アンジオテンシン-II
受容体拮抗剤
β遮断剤
アンジオテンシン-II受容体拮抗剤
持続性アンジオテンシンII受容体拮
抗薬持続性Ca拮抗薬配合剤
持続性アンジオテンシンII受容体拮
抗薬利尿薬配合剤
ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤
血管拡張性β1遮断薬
胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロ
ッカー持続性Ca拮抗薬合剤
選択的AT1受容体遮断剤
選択的AT1受容体ブロッカー持続
性Ca拮抗薬合剤
プレガバリン
リルゾール
ダントロレンナトリウム水和物
バクロフェン
ピロカルピン塩酸塩
トラマゾリン塩酸塩
アミオダロン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩
エスモロール塩酸塩
メキシレチン塩酸塩
アセタゾラミド
フロセミド
アムロジピンベシル酸塩
アラセプリル、イミダプリル塩酸塩、エナラプリルマレイン酸
塩、キナプリル塩酸塩、シラザプリル水和物、テモカプリル
塩酸塩、デラプリル塩酸塩、ベナゼプリル塩酸塩、ペリンド
プリルエルブミン、リシノプリル水和
イルベサルタン
カルテオロール塩酸塩、ニプラジロール
カンデサルタン シレキセチル
カンデサルタン シレキセチル・アムロジピンベシル酸塩
カンデサルタン シレキセチル・ヒドロクロロチアジド
シルニジピン
セリプロロール塩酸塩
テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩
バルサルタン
バルサルタン・アムロジピンベシル酸塩
19
選択的AT1受容体ブロッカー利尿
薬合剤
ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤
β1遮断剤
アンジオテンシン-II受容体拮抗剤
持続性ARB利尿薬合剤
血管収縮剤
5-HT1B1D受容体作動型片頭痛
治療剤
血管拡張剤
循環機能改善剤
高脂血症用剤
HMG-CoA還元酵素阻害剤
高脂血症治療剤
その他の循環器用剤
持続性Ca拮抗薬HMG-CoA還元
酵素阻害剤
ホスホジエステラーゼ阻害剤(気管
支喘息・脳血管障害改善・アレルギ
ー性結膜炎治療剤)
去たん剤
気道分泌細胞正常化剤
その他の呼吸器官用剤
長時間作動型気管支拡張β2刺激
剤吸入ステロイド配合剤
吸入ステロイド剤
副腎皮質ホルモン
消化性潰瘍用剤
プロトンポンプインヒビター
H2受容体拮抗剤
胃炎・胃潰瘍治療剤
その他の消化器官用剤
選択的NK1受容体拮抗型制吐剤
抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製
剤
口内用軟膏
口腔乾燥症状改善薬
消化管運動促進剤
バルサルタン・ヒドロクロロチアジド
マニジピン塩酸塩
メトプロロール酒石酸塩
ロサルタンカリウム
ロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジド
リザトリプタン安息香酸塩
トラピジル
アトルバスタチンカルシウム水和物、シンバスタチン、ピタ
バスタチンカルシウム、プラバスタチンナトリウム、フルバス
タチンナトリウム
フェノフィブラート、ベザフィブラート
アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム水和
物
イブジラスト
フドステイン
サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エ
ステル
シクレソニド
フルチカゾンプロピオン酸エステル
オメプラゾール、ラベプラゾールナトリウム、ランソプラゾー
ル
ファモチジン
レバミピド
アプレピタント
インフリキシマブ(遺伝子組換え)
クロルヘキシジン塩酸塩・ジフェンヒドラミン配合剤
セビメリン塩酸塩水和物
モサプリドクエン酸塩水和物
20
甲状腺・副甲状腺ホルモン剤
抗甲状腺剤
副腎ホルモン剤
副腎皮質ホルモン
副腎皮質ホルモン,眼科手術補助
剤
その他のホルモン剤
2型糖尿病治療剤
エチステロン誘導体
副腎皮質ホルモン合成阻害剤
LH-RH誘導体
Gn-RH誘導体・子宮内膜症治療剤
その他の泌尿生殖器官及び肛門用
薬
過活動膀胱治療剤
ホスホジエステラーゼ5阻害薬
α1遮断剤
排尿障害改善剤
尿失禁・頻尿治療剤
鎮痛・鎮痒・収斂・消炎剤(外用剤)
副腎皮質ホルモン
ビタミン A 及び D 剤
角化症治療芳香族テトラエン誘導体
止血剤
静脈瘤硬化剤
その他の血液・体液用剤
5-HT2ブロッカー
抗血小板剤
プロスタグランジンE1誘導体
肝臓疾患用剤
代謝改善解毒剤・シスチン尿症治療
剤
解毒剤
筋弛緩回復剤
抗葉酸代謝拮抗剤
イホスファミド・シクロホスファミド泌
尿器系障害発現抑制剤
活性型葉酸製剤
習慣性中毒用剤
チアマゾール、プロピルチオウラシル
デキサメタゾン
トリアムシノロンアセトニド
エキセナチド
ダナゾール
ミトタン
リュープロレリン酢酸塩
酢酸ナファレリン
イミダフェナシン、コハク酸ソリフェナシン
シルデナフィルクエン酸塩
タムスロシン塩酸塩
ナフトピジル
プロピベリン塩酸塩
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、モメタゾンフランカル
ボン酸エステル
エトレチナート
ポリドカノール
サルポグレラート塩酸塩
シロスタゾール、チクロピジン塩酸塩、硫酸クロピドグレル
リマプロスト アルファデクス
チオプロニン
スガマデクスナトリウム
ホリナートカルシウム
メスナ
レボホリナートカルシウム
21
酒量抑制剤
痛風治療剤
キサンチンオキシダーゼ阻害剤・高
尿酸血症治療剤
酵素製剤
α-ガラクトシダーゼ酵素製剤
糖尿病用剤
α-グルコシダーゼ阻害剤
速効型食後血糖降下剤
チアゾリジン系薬ビグアナイド系薬
配合剤 2型糖尿病治療剤
α-グルコシダーゼ阻害・食後過血
糖改善剤
糖尿病食後過血糖改善剤
ビグアナイド系血糖降下剤
他に分類されない代謝性医薬品
ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗
体
T細胞選択的共刺激調節剤
イソフラボン系骨粗鬆症治療剤
完全ヒト型可溶性TNFαLTαレセ
プター製剤
二次性副甲状腺機能亢進症治療剤
ビスホスホネート系骨吸収抑制剤
免疫抑制剤
抗線維化剤
核酸合成阻害イミダゾール系免疫
抑制剤
抗リウマチ剤
腫瘍用薬
前立腺癌治療剤
ナイトロジェンマスタード系抗悪性腫
瘍剤
抗悪性腫瘍剤
アルキル化剤
抗悪性腫瘍剤
代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍フルオロウラシルプロド
ラッグ
シアナミド
アロプリノール
アガルシダーゼアルファ(遺伝子組換え)
アカルボース
ナテグリニド
ピオグリタゾン塩酸塩・メトホルミン塩酸塩
ボグリボース
ミグリトール
メトホルミン塩酸塩
アダリムマブ(遺伝子組換え)
アバタセプト(遺伝子組換え)
イプリフラボン
エタネルセプト(遺伝子組換え)
シナカルセト塩酸塩
ゾレドロン酸水和物、リセドロン酸ナトリウム水和物
タクロリムス水和物
ピルフェニドン
ミゾリビン
レフルノミド
エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物
シクロホスファミド水和物
テモゾロミド、ベンダムスチン塩酸塩
ブスルファン
カペシタビン、テガフール、テガフール・ウラシル、テガフー
ル・ギメラシル・オテラシルカリウム、ネララビン、フルダラビ
ンリン酸エステル
ゲムシタビン塩酸塩
ドキシフルリジン
22
抗悪性腫瘍代謝拮抗剤
代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤
葉酸代謝拮抗剤・抗リウマチ剤
抗腫瘍性抗生物質
抗腫瘍性抗生物質結合抗CD33モ
ノクローナル抗体
アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍剤
I型DNAトポイソメラーゼ阻害型抗
悪性腫瘍剤
タキソイド系抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍剤
ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍vincaアルカロイド
抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍剤(チロシンキナーゼイ
ンヒビター)
アロマターゼ阻害・閉経後乳癌治療
剤
免疫抑制剤抗悪性腫瘍剤(mTOR
阻害剤)
抗悪性腫瘍・上皮増殖因子受容体
(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤
抗悪性腫瘍白金錯化合物
抗多発性骨髄腫剤
抗悪性腫瘍白金錯化合物
抗悪性腫瘍・キナーゼ阻害剤
抗悪性腫瘍剤(チロシンキナーゼイ
ンヒビター)
抗悪性腫瘍剤(mTOR阻害剤)
抗HER2ヒト化モノクローナル抗体
抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍白金錯化合物
抗悪性腫瘍剤・ヒト型抗EGFRモノ
クローナル抗体
非ステロイド性抗アンドロゲン剤
抗VEGFヒト化モノクローナル抗体
抗悪性腫瘍剤
アントラキノン系抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍剤チロシンキナーゼ阻
害剤
フルオロウラシル
ペメトレキセドナトリウム水和物
メトトレキサート
アムルビシン塩酸塩
ゲムツズマブオゾガマイシン(遺伝子組換え)
ドキソルビシン塩酸塩、塩酸ピラルビシン
エトポシド、ビンクリスチン硫酸塩、ビンデシン硫酸塩
イリノテカン塩酸塩水和物
ドセタキセル水和物
パクリタキセル
ビノレルビン酒石酸塩
ビンブラスチン硫酸塩
オキサリプラチン、ソブゾキサン、ボルテゾミブ
イマチニブメシル酸塩
エキセメスタン、レトロゾール
エベロリムス
エルロチニブ塩酸塩
カルボプラチン
サリドマイド
シスプラチン
スニチニブリンゴ酸塩、ソラフェニブトシル酸塩
ダサチニブ水和物
テムシロリムス
トラスツズマブ(遺伝子組換え)
ネダプラチン
パニツムマブ(遺伝子組換え)
フルタミド
ベバシズマブ(遺伝子組換え)
ミトキサントロン塩酸塩
ラパチニブトシル酸塩水和物
23
抗造血器悪性腫瘍剤
三酸化ヒ素製剤
放射性医薬品
放射性医薬品・心疾患診断薬
抗ヒスタミン剤
フェノチアジン系抗ヒスタミン剤
刺激療法剤
RA寛解導入剤
抗リウマチ剤
リウマチ・ウイルソン病治療・金属解
毒剤
その他のアレルギー用剤
アレルギー性疾患治療剤
トロンボキサンA2受容体拮抗剤
プロスタグランジンD2・トロンボキサ
ンA2受容体拮抗剤
ロイコトリエン受容体拮抗・気管支
喘息治療剤
ロイコトリエン受容体拮抗剤
持続性選択H1受容体拮抗・アレル
ギー疾患治療剤
持続性選択H1受容体拮抗・アレル
ギー性疾患治療剤
持続性選択H1受容体拮抗剤
抗生物質製剤
15員環マクロライド系抗生物質
カルバペネム系抗生物質
ケトライド系抗生物質
セファロスポリン系抗生物質
セフェム系抗生物質
テトラサイクリン系抗生物質
プロトンポンプインヒビター・合成ペ
ニシリン製剤・抗トリコモナス剤
ヘリコバクター・ピロリ除菌用組み合
わせ製剤
ポリエンマクロライド系真菌症治療
剤
レナリドミド水和物
三酸化ヒ素
15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸
(123I)注射液
メキタジン
オーラノフィン
ブシラミン
ペニシラミン
アゼラスチン塩酸塩、オロパタジン塩酸塩、ケトチフェンフ
マル酸塩、スプラタストトシル酸塩
セラトロダスト
ラマトロバン
ザフィルルカスト
プランルカスト水和物
ロラタジン
レボセチリジン塩酸塩
エバスチン、セチリジン塩酸塩
アジスロマイシン水和物
注射用イミペネム・シラスタチンナトリウム
テリスロマイシン
セフタジジム水和物
セフェピム塩酸塩水和物、セフォジジムナトリウム、セフピ
ロム硫酸塩
ミノサイクリン塩酸塩
ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール
ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシ
ン
アムホテリシンB
24
マクロライド系抗生物質
抗酸菌症治療薬
合成ペニシリン製剤
酸安定性マクロライド系抗生物質
深在性真菌症治療剤
サルファ剤・合成抗菌剤
潰瘍性大腸炎治療・抗リウマチ剤
ハンセン病治療剤
ニューキノロン系抗菌剤
クラリスロマイシン
リファブチン
アモキシシリン水和物
ロキシスロマイシン
ボリコナゾール
サラゾスルファピリジン
クロファジミン
オフロキサシン、シプロフロキサシン、トスフロキサシントシ
ル酸塩水和物、メシル酸ガレノキサシン水和物、モキシフロ
キサシン塩酸塩、レボフロキサシン水和物
抗ウイルス剤
抗ウイルス剤
アシクロビル、リバビリン
抗ウイルス化学療法剤(CCR5阻害
マラビロク
剤)
エトラビリン、エムトリシタビン・テノホビル ジソプロキシル
抗ウイルス化学療法剤
フマル酸塩、ネルフィナビルメシル酸塩、ロピナビル・リトナ
ビル
サニルブジン、ジダノシン、テノホビル ジソプロキシルフマ
抗ウイルス・HIV逆転写酵素阻害剤
ル酸塩
抗インフルエンザウイルス剤
ザナミビル水和物
HIVプロテアーゼ阻害剤
サキナビルメシル酸塩
その他の化学療法剤
トリアゾール系抗真菌剤
イトラコナゾール
アリルアミン系抗真菌剤
テルビナフィン塩酸塩
フェネチルイミダゾール系抗真菌剤 ミコナゾール
血液製剤類
遺伝子組換え血液凝固第IX因子製
ノナコグアルファ(遺伝子組換え)
剤
遺伝子組換え型血液凝固第VIII因
ルリオクトコグアルファ(遺伝子組換え)
子
その他の生物学的製剤
天然型インターフェロン
インターフェロンアルファ(BALL-1)
天然型インターフェロン-α製剤
インターフェロンアルファ(NAMALWA)
インターフェロンアルファ-2b(遺伝子組換え)、インターフェ
遺伝子組換え型インターフェロン
ロンアルファコン-1(遺伝子組換え)
天然型インターフェロン
インターフェロンベータ
ペグインターフェロンアルファ-2a製
ペグインターフェロンアルファ-2a(遺伝子組換え)
剤
ペグインターフェロンアルファ-2b製
ペグインターフェロンアルファ-2b(遺伝子組換え)
剤
25
抗原虫剤
カリニ肺炎治療剤
抗トリコモナス剤
診断用医薬品
非イオン性尿路・血管造影剤
MRI用造影剤
他に分類されない治療を主目的とし
ない医薬品
禁煙補助剤
α4β2ニコチン受容体部分作動薬
遺伝子組換え甲状腺癌診断補助剤
麻薬
癌疼痛治療剤
経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤
ピペリジン系鎮痛剤
ペンタミジンイセチオン酸塩
メトロニダゾール
イオプロミド
ガドテリドール、ガドテル酸メグルミン
ニコチン
バレニクリン酒石酸塩
ヒトチロトロピンアルファ(遺伝子組換え)
オキシコドン塩酸塩水和物
フェンタニル
フェンタニルクエン酸塩
26
参考1
薬事法第77条の4の2に基づく副作用報告件数(医薬品別)
○注意事項
1)薬事法第77条の4の2の規定に基づき報告があったもののうち、報告の多い推定原因医
薬品を列記したもの。
注)
「件数」とは、報告された副作用の延べ数を集計したもの。例えば、1 症例で肝障害及び肺障害が報告された場
合には、肝障害 1 件・肺障害 1 件として集計。
2)薬事法に基づく副作用報告は、医薬品の副作用によるものと疑われる症例を報告するもの
であるが、医薬品との因果関係が認められないものや情報不足等により評価できないものも
幅広く報告されている。
3)報告件数の順位については、各医薬品の販売量が異なること、また使用法、使用頻度、併
用医薬品、原疾患、合併症等が症例により異なるため、単純に比較できないことに留意する
こと。
4)副作用名は、用語の統一のため、ICH 国際医薬用語集日本語版(MedDRA/J)ver. 12.0 に
収載されている用語(Preferred Term:基本語)で表示している。
年度
平成 20 年度
副作用名
味覚異常
医薬品名
件数
塩酸テルビナフィン
2
塩酸エピルビシン
2
2
ベバシズマブ
2
カンデサルタンシレキセチル
2
塩酸エルロチニブ
リネゾリド
1
1
メチルドパ
1
ペグインターフェロン アルファ-2a
1
シクレソニド
1
ラベプラゾールナトリウム
シスプラチン
1
1
塩酸イミダプリル
1
シンバスタチン
キシナホ酸サルメテロール・プロピオン酸フル
1
チカゾン
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム
1
ラタノプロスト
1
ニコチン
1
リセドロン酸ナトリウム水和物
1
カルバマゼピン
1
リンゴ酸スニチニブ
1
アジスロマイシン水和物
1
ゲフィチニブ
1
ブリンゾラミド
1
パクリタキセル
1
BCG膀胱内用(コンノート株)
1
プラバスタチンナトリウム
1
合計
31
27
平成 20 年度
味覚消失
味覚異常
平成 21 年度
味覚消失
ブシラミン
1
1
クラリスロマイシン
合計
2
メシル酸イマチニブ
2
ダサチニブ水和物
2
塩酸アゼラスチン
1
バルサルタン
1
A型インフルエンザHAワクチン
1
キシナホ酸サルメテロール・プロピオン酸フル
1
チカゾン
ペメトレキセドナトリウム水和物
1
クラリスロマイシン
1
塩酸シプロフロキサシン
1
ザナミビル水和物
1
ネララビン
1
ゾピクロン
1
フルオロウラシル
1
ボリコナゾール
1
アロプリノール
1
アジスロマイシン水和物
1
リネゾリド
1
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム
1
塩酸エピルビシン
1
1
デュタステリド
塩酸テルビナフィン
1
トシル酸ソラフェニブ
1
トシル酸ラパチニブ水和物
1
合計
25
レボフロキサシン
1
塩酸オロパタジン
1
ロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジド
1
タクロリムス水和物
1
グリチルリチン・グリシン・システイン配合剤
1
マレイン酸クロルフェニラミン
1
合計
6
※ 医薬品の販売名、添付文書の内容等を知りたい時は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報
提供ホームページの「添付文書情報」から検索することができます。(http://www.info.pmda.go.jp/)
また、薬の副作用により被害を受けた方への救済制度については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホーム
ページの「健康被害救済制度」に掲載されています。
(http://www.pmda.go.jp/index.html)
28
参考2
ICH 国際医薬用語集日本語版(MedDRA/J)ver.14.1 における主な関連用語一覧
日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)において検討され、取りまとめられた「ICH 国際医
薬用語集(MedDRA)」は、医薬品規制等に使用される医学用語(副作用、効能・使用目的、医
学的状態等)についての標準化を図ることを目的としたものであり、平成16年3月25日付薬
食安発第0325001 号・薬食審査発第0325032 号厚生労働省医薬食品局安全対策課長・審査管理
課長通知「「ICH 国際医薬用語集日本語版(MedDRA/J)」の使用について」により、薬事法に
基づく副作用等報告において、その使用を推奨しているところである。
下記に「味覚障害」に関連するMedDRAのPT(基本語)とそれにリンクするLLT(下層語)を
示す。
また、MedDRAでコーディングされたデータを検索するために開発されたMedDRA標準検索式
(SMQ)には、「味覚および嗅覚障害(SMQ)」があり、これを利用すれば対象範囲は広くなる
が、MedDRAでコーディングされたデータから包括的な症例検索が実施することができる。
名称
英語名
○PT:基本語(Preferred Term)
味覚異常
Dysgeusia
○LLT:下層語(Lowest Level Term)
にんにく味
Taste garlic
異味感
Taste peculiar
塩味
Taste salty
甘味
Taste sweet
金属味
Taste metallic
苦味
Taste bitter
苦味塩味
Taste bitter-salty
後味
After taste
錯味
Parageusia
酸味
Taste sour
胆汁味
Bilious taste
味覚障害
Taste disturbance
味覚倒錯
Taste perversion
味覚変化
Taste alteration
○PT:基本語(Preferred Term)
味覚過敏
Hypergeusia
○PT:基本語(Preferred Term)
味覚検査異常
Gustometry abnormal
○PT:基本語(Preferred Term)
味覚減退
Hypogeusia
○LLT:下層語(Lowest Level Term)
味覚低下
Taste diminished
○PT:基本語(Preferred Term)
味覚消失
Ageusia
29
○LLT:下層語(Lowest Level Term)
味覚欠如
Taste absent
30
スキー ツアー 新幹線 レンタル 付き
こく りゅう さち
Fly UP